電話して相談する

水のコラム

システムキッチンを修理するか交換するか判断する基準とは?

2022年01月26日  キッチンのメンテナンス


「キッチンをもっと便利に交換したい」「汚れてきたから、新しいものにしたい」と思ったとき、修理と交換で迷ってしまうことは多々あるでしょう。

そこで今回は、システムキッチンを修理するか交換するか判断するポイントと交換にかかる費用、さらに交換する際の選び方や流れについてまとめました。

システムキッチンの交換を考えている方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

システムキッチンを修理するか交換するか判断する基準とは?

システムキッチンの交換にはやはりある程度のお金が必要となるため、修理と交換で迷ってしまう人は多いかと思います。

交換の判断基準として、15年以上同じキッチンを使っているかどうかがあります。やはりある程度長く使っていると、頑固な油汚れやカビが取れにくくなったり排水口が詰まりやすくなったりと、使っていくうえで不具合が起きることも多くなってきます。

もちろん、普段どのくらいの頻度でキッチンを使うのか、どういった使い方をしているのかによっても、交換すべきタイミングは違ってきます。

たとえ15年以内であっても、こういった異臭やキッチントラブルがよく発生するのであれば、思い切ってシステムキッチンを交換した方がいい場合もあります。

システムキッチンの交換にかかる費用相場

システムキッチン交換の基本費用は、グレードや形によってももちろん変動しますが、おおよそ60万円からとなっています。

具体的な費用の内訳としては、システムキッチン本体の商品代と施工費といった「基本費用」と、IHクッキングヒーターといった「オプション費用」などから成り、本体の価格は大きさやスペック、グレードなどによっては200万円以上するものもあります。

また、IHクッキングヒーターや食洗器、乾燥機などを付けたいと考えている方は、オプション費用が別途必要となり、こちらも何を取り付けるかによって費用が違ってきます。

たとえば、IHクッキングヒーターであれば15~20万円、食洗器であれば10万円程度、収納棚を付けるのであれば約3~10万円ほどはかかるといわれています。

もし、少しでも交換費用をおさえたいのであれば、メーカー・ブランドにこだわらないように選ぶことで、通常よりもコストカットを目指せます。

実際にどのくらい費用を下げられるかによっては、交換を依頼するリフォーム会社によって異なるので、同じ条件やグレードでいくつかのメーカーに見積もりを出してもらえば、その差ははっきりと見えてくるでしょう。

見積もりだけなら無料でやってくれる業者も存在するため、コストダウンを目指す方にとっておすすめの方法です。

システムキッチンはどう選ぶ?

システムキッチンはグレードの違いによって、価格が大きく変動します。

しかし価格だけで選んでしまうと、後になって「やっぱりもっと機能的なキッチンにしておけばよかった」と後悔する可能性もあります。

そこで、グレードの選び方を把握しておきましょう。

■こだわりがないなら標準・シンプルグレードがおすすめ
グレードはデザイン性や素材、使い勝手などによって異なり、グレードが高いものであればあるほどデザインには高級感があります。

もし、とくにデザインにこだわりがなく、ある程度の使い勝手があればいいという人は、低価格のシンプルグレードを選びましょう。

より使いやすさを追求したいのであれば「食器洗い乾燥機」や「IHクッキングヒーター」をオプションとして付けるのも一つの方法です。

「食器洗い乾燥機」は洗う手間や時間を減らせるだけでなく、衛生面もキープできます。キッチンができてから設置するとなると外につける形になるので、交換の際につけてもらったほうがスペース内に収められます。

また「IHクッキングヒーター」は火を使わないので安全ですし、油汚れも拭き取るだけできれいになって掃除も楽になるので、オプションとしてつける方も比較的多い印象です。

標準(ミドル)グレードは、シンプルグレードと見た目には大差ありませんが、使いやすさはやはりよくなります。

■見た目の美しさにもこだわりたいならハイグレードがおすすめ
「使い勝手だけでなく、見た目の雰囲気も重視したい」と考える方は、さらにグレードを上げた「ハイグレード」がおすすめです。

ハイグレードは、多くのメーカーでワークトップにセラミックを選べる、木目調や石調など高級感のあるデザインが可能となるなど、メーカーによって内容は異なるものの、メーカーの最新技術とこだわりが詰まった作りとなっています。
自分がどの程度の使い勝手を望むのか、デザインにこだわりがあるのかどうか、そしてどのくらいの予算をかけられるのかによって、グレード選択の幅は広がっていきます。

メーカーによっては、機能は最低限のシンプルグレードで、そこからつけたいものをオプションとして付けられる可能性もあるので、ぜひリフォーム会社とよく相談してから納得のいくキッチンを作ってくださいね。

システムキッチンを交換するまでの流れ

システムキッチンを交換するまでの流れについてお話します。

交換にはまず、現在使っているキッチンの状態を見るために現地調査を行います。どのように交換するのか見積もりを出し、さまざまな比較や検討をしてから契約に進んで施工を開始します。

施工期間はキッチンの交換のみであれば、2日程度で済む場合もありますが、床やクロスまで交換するとなれば2週間以上かかることも珍しくありません。

リフォームを考えた時点から、施工完了まではおおよそ2カ月程度と考えておくとよいでしょう。「いつまでにはキッチン交換を完了させたい」といった要望があれば、余裕を持ったスケジュールを立てるようにしましょう。

どの段階においても即日契約、施工するなど急な対応は難しく、一つ一つリフォーム会社や業者とのスケジュールのすり合わせが必要になります。費用のかかることですから、施工を依頼する側としても慎重に進めたいと思うことがあるでしょう。

もちろん、施工の内容やキッチンの輸入などがともなえば、より工事期間が延びたりすることも充分考えられます。

まとめ

今回は、システムキッチンを交換するか修理するかの判断ポイントや交換にかかる費用の相場、システムキッチンの選び方と交換までの流れについてご紹介してきました。

システムキッチンの耐用年数は10~15年といわれています。15年以上使用している家庭や、汚れやカビ、臭いなどが気になり始めたら、交換や修理を検討してみましょう。

「グレードを上げたい」「費用は安くしたい」といった要望があれば、リフォーム会社との相性や業者選びが重要となります。できるだけ複数の会社で見積もりをとって、条件のマッチする会社を選ぶようにしましょう。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315