電話して相談する

水のコラム

洗面ボウルの選び方とお手入れのススメ

2020年07月29日  洗面所

洗面所のデザイン性や清潔さを決める重要な要素のひとつが、「洗面ボウル」です。リフォームや住宅の購入を機に選ぶ機会も多いですが、どんな素材や種類が良いのか迷ってしまうことも珍しくありません。今回は、洗面ボウルの選び方やお手入れの方法をご紹介します。

洗面ボウルとは?

洗面ボウルとは、洗面所の蛇口の下に設置された容器で、手洗いや洗顔をする際に使用します。地域によっては、「洗面器」と呼ぶこともあるようです。

・洗面ボウルでよく使われる素材
洗面ボウルには、陶器・樹脂・ホーローの3つの素材がよく使われます。それぞれのメリットやデメリットについて、下記の表にまとめました。

素材 メリット デメリット
陶器 ・頑丈で傷がつきにくく、掃除がしやすい
・デザイン性の高い洗面ボウルも多い
・主流の素材であるため、多くのメーカーが販売しており、選択肢が幅広い
・焼き物のため、強い衝撃が加わると割れることがある
・重量がある分、しっかりとした土台が必要
樹脂 ・プラスチック素材のため、割れることがない
・成形しやすく、カウンターとの間に継ぎ目のない一体型を実現しやすい
・掃除の手間が省ける
・硬度が低く、傷がつきやすい
・見た目が安っぽいと感じることも
ホーロー ・施工性が良く、デザインのバリエーションが豊富
・耐火性に優れており、傷がつきにくい
・におい成分が付着しにくいため、水回りの設備に適している
・加工が甘いと錆が発生する可能性がある
・物を落とすと表面のホーローが欠けることがある
・提供しているメーカーが少ない

それぞれ異なる特徴をもっているため、使い心地や掃除のしやすさなど、多角的な視点から比較することが大切です。

洗面ボウルの種類と特徴

家庭用の洗面ボウルは、置き型・埋め込み型・半埋め込み型・壁付け型の4種類が主流です。こちらでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

・置き型
洗面カウンターやキャビネットの上に置いて使用するタイプの洗面ボウルです。ベッセル式と呼ばれることもあり、洗面ボウルのデザイン性を際立たせたいときに採用される傾向にあります。

天板部分に水が跳ねにくく、普段のお手入れが比較的ラクになります。ただ、サイズの大きなものは少なく、一度に複数人で使用したい洗面所には適していません。

・埋め込み型
洗面カウンターに埋め込んで使用するタイプの洗面ボウルで、天板部分を広く使えるのが特徴です。カウンターの下に直接取り付けるタイプや、カウンターのフレームに引っかけるものなど、さまざまな種類があります。

・半埋め込み型
洗面ボウルの下半分をカウンターなどに埋め込んで設置するタイプです。置き型と埋め込み型の中間に位置するタイプと理解しましょう。置き型と比べて天板の高さを出すことができ、埋め込み型と比較してカウンター下の収納空間を広く確保できます。

・壁付け型
壁に直接取り付けるタイプの洗面ボウルで、省スペースの空間にも設置しやすいのが特徴です。小型サイズのものが多いため、ひとり暮らし用のアパートなどで採用される傾向にあります。

洗面ボウルのお手入れ方法

洗面ボウルは、使用頻度が高い分汚れが付着しやすい場所のひとつです。汚れの目立ちにくい素材で作られたものを選んでも、定期的なお手入れが不要になるわけではありません。こちらでは、洗面ボウルのお手入れ方法をご紹介します。

・洗面ボウルの汚れの原因は?
洗面ボウルの汚れは、基本的に水垢・手垢・カビ・黒ずみの4種類に大別されます。4つの汚れを同時に解消できるアイテムがあればよいのですが、現状ひとつですべての汚れを落とすことはできません。汚れの種類に応じて、洗剤や掃除道具を使い分ける必要があります。

・洗面ボウルは重曹とクエン酸を活用してお手入れをしよう!
洗面ボウルのお手入れには、重曹とクエン酸が活躍します。とくに、水垢と黒ずみにはクエン酸、手垢とカビには重曹が効果的です。それぞれスプレー状にしておくと、掃除がラクになります。

クエン酸スプレーは、水200mlに対してクエン酸小さじ1杯をスプレーボトルに入れましょう。重曹スプレーは、水200mlに対して重曹を小さじ2杯スプレーボトルに入れてください。使用する際は、汚れにスプレーを噴射し、乾いた布巾などでふき取りましょう。どのアイテムもホームセンターやスーパーで販売されていますので、ぜひそろえてみてください。

・洗面ボウルの近くにマイクロファイバークロスを常備しておくと便利!
クエン酸や重曹スプレーは効果的ですが、掃除のたびに用意するとなると大変に感じる方も多いでしょう。そこで、日ごろのお手入れにはマイクロファイバークロスを使用するのがおすすめです。洗面ボウルに付着した多少の汚れであれば、洗剤をつけることなくマイクロファイバークロスでふき取れます。衛生面も考慮して、複数枚用意しておくと良いでしょう。

まとめ

洗面ボウルは洗面所をおしゃれに彩ってくれますが、選ぶ際はデザイン性だけでなくお手入れのしやすさも考える必要があります。メーカーのショールームなどを訪れ、好みのものを探しましょう。

洗面所での水漏れやつまりなどのトラブルは、あいち水道職人にお任せください。安城市や刈谷市などで、24時間年中無休で対応いたします。お電話からお見積もりまで無料で行っていますので、まずは一度ご相談ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315