電話して相談する

水のコラム

トイレの水漏れは発生箇所別に異なる対処が必要!

2021年03月14日  トイレのトラブル

トイレの水漏れは、タンクや便器、ウォシュレットなどさまざまな場所で発生する可能性があります。発生箇所に応じて原因や対処方法が異なる点が厄介です。今回は、トイレで水漏れが発生する可能性のある箇所を一覧でお伝えし、各家庭で修理できるものについてはその方法もご紹介します。

トイレの水漏れ箇所一覧と主な原因

トイレにはタンクやウォシュレットなどさまざまなパーツがあり、どこから水漏れが発生してもおかしくありません。以下の表では、トイレで水漏れが発生する可能性がある箇所と、考えられる原因をまとめました。水漏れの状況と照らし合わせて確認してみてください。

水漏れ箇所 考えられる原因
トイレタンク ・ボールタップの不具合、故障
・浮き玉の位置ずれ
給水管・止水栓 ・パッキンの劣化、破損
・ナットの緩み
温水洗浄便座
(ウォシュレット)
・フィルターのつまり
・ノズルの不具合
・操作パネルの故障
・パッキンの劣化、破損
・ナットの緩み
便器と床のすき ・本体の設置不良
・床下で発生した結露
・本体と排水管の間のフランジパテの劣化、破損
便器本体 ・本体のひび割れ

 

トイレの水漏れは自分で修理できるものもある

トイレで水漏れが発生した場合、費用面や緊急性を考慮して、自分で修理したいと考える方もいるでしょう。上記表の5つの発生箇所について、DIYでの修理が比較的容易なのは、以下の2つです。

●トイレタンク
●給水管・止水栓

こちらの2つは、水漏れの原因がわかりやすく、必要な道具や作業手順を理解していれば対処できるでしょう。しかし、残りの3つについては、自分での対処を基本的におすすめしません。原因がわかりづらかったり、修理工程が複雑だったりするためです。水回りの作業に慣れている方以外は、自分で作業することなく、水道修理業者に連絡するのが安心です。

こちらでは、トイレタンクや給水管・止水栓で水漏れが発生した場合の対処方法をご紹介します。

・ボールタップの交換方法
レバーを回していないにもかかわらず、便器内に水が漏れ出している場合は、タンク内のボールタップや浮き球が原因と考えられます。タンクの水面にある浮き球を持ち上げ、水漏れが止まるようであれば、浮き球の位置ずれが原因です。浮き玉の位置を元に戻しましょう。水漏れが止まらない場合は、ボールタップが原因です。以下の手順で交換を試みましょう。

1.作業前にマイナスドライバーで止水栓を閉める
2.レバーを回してタンク内のすべて流す
3.ナットを緩めて止水栓につながれた給水管を取り外す
4.ボールタップを交換する(パッキンも交換しておくのがおすすめ)
5.反対の手順でパーツを元に戻し、止水栓を開いて水漏れがないか確認する

ボールタップはホームセンターなどで販売されているため、比較的簡単に交換できるのも魅力です。バケツや雑巾も準備しておき、給水管を取り外す際に下に設置しておきましょう。給水管内部に残った水が漏れ出す可能性があるためです。
 
 
・給水管や止水栓はパッキンを交換して対処しよう
給水管や止水栓から水漏れしている場合は、内部のパッキンの劣化や破損、ナットの緩みが原因です。ナットの緩みについては、モンキーレンチを使って確認しましょう。締め直すだけで水漏れが解消する場合は、とくに問題ありません。

ナットが緩んでいない場合は、給水管や止水栓のパッキンを交換しましょう。以下では、止水栓のパッキン交換を例に、作業の流れをご紹介します。

1.作業前に元栓を閉める
2.止水栓を固定しているナットをウォーターポンプフライヤーで取り外す
3.止水栓内部のパッキンを新しいものへ交換する(奥のスピンドルも交換しておくのがおすすめ)
4.反対の手順でパーツを戻し、水漏れがないか確認する

止水栓のパッキンも、ボールタップと同様ホームセンターなどで販売されています。サイズさえ間違えなければ、比較的簡単に交換できます。
 
 
・便器本体から水漏れしている場合の応急処置
便器にひびが入って水漏れが発生している場合は、本体を交換する必要があるため、水道修理業者に任せるのが基本です。しかし、被害を最小限に抑えるためには、応急処置を行い、漏れ出す水の量をできるだけ少なくすることが大切です。

ここで役立つアイテムが防水パテや防水テープ。ひび割れ部分に使用することで、水漏れを防ぎ、水道修理業者が到着するまでの時間稼ぎができます。現在自宅にない場合は、万が一のトラブルに備えて準備しておきましょう。

作業が難しいと感じたら水道修理業者に連絡しよう

トイレタンクや給水管・止水栓以外の場所が原因で水漏れしている場合や、修理作業が少しでも難しいと感じたら、水道修理業者に連絡して対応してもらいましょう。無理に作業を行うと、別の場所で水漏れが発生し床や家財へ浸水するなど、二次的なトラブルに発展する可能性があります。

水道修理業者に依頼する際は、トイレの止水栓や家全体の水の流れを止める元栓を閉めておくのがおすすめです。水漏れの被害を最小限に抑えることができます。

まとめ

弊社では、豊田市や一宮市、稲沢市など、愛知県内で発生したトイレの水漏れを解消しています。自分では手に負えないと感じたトラブルは、すぐにご相談ください。お電話一本で現場まで駆けつけます。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315