電話して相談する

水のコラム

洗面所の蛇口の種類と水漏れの原因を知ろう

2021年08月16日  洗面所のトラブル

蛇口から水が止まらない、そんな時に備えて

1日に洗面所の蛇口は何回使われているでしょうか。朝起きて顔を洗う時、歯を磨く時、メイクをする時、手を洗う時、その度に洗面所の蛇口はハンドルを回され、あるいはレバーを押されて水を流しています。多く使われることはその度に力が加えられることであり、どれだけ丈夫に作られた蛇口でも少しずつ疲労が蓄積していきます。

そしてその疲労が一定に達した時、蛇口は壊れ、どれだけハンドルを回しても水を流し続けるようになってしまいます。洗面ボウルから外部に水が溢れると床は水浸しになり、建材の腐食や床下の浸水といった大きなトラブルを引き起こすのです。そうでなくとも、常に水が流れ続ける状態では水道料金にも無視できない差が生じ、水音がストレスの原因となるケースも存在します。

そのような事態を避けるためにも、蛇口のメンテナンスを定期的に行う習慣をつけ、水漏れが発生した場合にもすぐに対処できる準備をしておくことが重要です。洗面所の蛇口の仕組みと水漏れが起こる原因、そしてその対処法を学んでおきましょう。

洗面所の蛇口の種類

洗面所に使われる蛇口にはいくつかの種類があり、それぞれ水が流す仕組みが異なります。使われている部品や水漏れの原因も異なるので、順番に確認していきましょう。

・単水栓
単水栓とは一つの蛇口から水かお湯のどちらかが出るタイプの蛇口です。単水栓は設置する場所の構造や用途によってさまざまな形状が存在します。壁から取水するタイプのもの、下から取水するタイプのもの、吐水口の先にパイプ(スパウト)が接続しているものなどがありますが、大まかな構造は共通しているのです。屋外や水のみが必要とされる場所で多く使われますが、水用とお湯用をそれぞれ設置することで洗面所での利用も見られます。

・2ハンドル混合栓
2ハンドル混合栓はお湯用と水用の2つの給水管とそれぞれの水量を調節するためのハンドルを備えた蛇口です。こちらも壁から給水するタイプと下から給水するタイプがあり、シャワーと切り替えレバーが付いたタイプの製品も存在します。

・シングルレバー混合水栓
シングルレバー混合水栓は一つのレバーで水量と温度を調節できるタイプの蛇口です。片手で操作が可能なので、洗面所や台所などに多く設置されています。

・サーモスタット混合水栓
サーモスタット混合水栓は、形状記憶合金のバネを利用し温度を適切に調節する機能がついた蛇口です。このタイプの蛇口は温度調節用のハンドルと水量調節用のハンドルが個別に存在し、主にお風呂場で使用されています。

水が漏れる場所ごとの原因と対処法

蛇口はいくつもの部品で構成されており、水漏れがどこから発生しているかによってその原因と対処法は異なります。自身で修理を行う際は必ず止水栓を止めてから修理を行いましょう。なお、部品どうしの接続部分から水が漏れている場合は、ナットの締め直しで問題が解決する可能性があります。

・取水口からの水漏れ
壁に取り付けられている蛇口で壁との接続部から水漏れが発生しているような場合は、シールテープの劣化が水漏れの原因です。この場合は蛇口を壁から取り外し修理を行います。蛇口を取り外した後は配管部を掃除し、接続部にシールテープを巻き付けて、改めて蛇口を設置し直します。

この際、テープの巻き付けが弱く、設置時の回転方向を間違えると再度水漏れが起こる可能性があるのです。混合水栓の場合は2箇所を同時に外すことになるので、もし作業が不安であれば専門業者に依頼を行いましょう。

・ハンドル部分からの水漏れ(単水栓・2ハンドル混合水栓)
ハンドルの上部や隙間から水が漏れているケースでは、主な原因はハンドル内にあるパッキンの劣化です。ハンドル上部のビスを外してからハンドルを取り外し、内部のパッキンを交換しましょう。

・クランクからの水漏れ(単水栓以外)
壁の取水口とハンドルやレバーの間にある接続部(クランク)から水漏れが発生している場合は、クランクパッキンに劣化が生じています。ハンドルやレバーから先の部品を取り外し、パッキンを交換しましょう。

・パイプ接続部からの水漏れ
ハンドルやレバー部分と長いパイプ(スパウト)のつなぎ目から水が漏れている場合はパイプパッキンと呼ばれる部品が劣化しています。パイプを取り外しただけでは内部にパッキンが残っているケースも見られるので、しっかり内部から取り出し新品と交換を行いましょう。このパッキンは可動部にあるので劣化がしやすいため、注意が必要です。

・吐水口からの水漏れ
ハンドルを閉めているのにも関わらず蛇口の先端の吐水口から水が漏れる場合、単水栓や2ハンドル混合栓ではケレップか固定コマパッキンの劣化が原因だと考えられます。どちらが使われているかは蛇口の構造により異なるので、蛇口の型番を調べてみましょう。ハンドルと内部のスピンドルという部品を取り外し、その下の該当部品を交換しましょう。

シングルレバー混合水栓の場合はレバーを取り外し、内部にあるカートリッジというパーツの交換を行います。レバーを取り外す際は精密ドライバーなどの道具が必要なこともあり他の修理とは少し勝手が違います。型番に合ったカートリッジを用意し、その取り付け方をよく確認した上で交換を行いましょう。

サーモスタット混合水栓の場合は、内部に存在する開閉バルブの劣化が主な原因です。しかし切替弁など他の部品に劣化が生じている可能性もあるので、原因が特定できない場合は専門業者に調査を依頼しましょう。

洗面所のシャワーからの水漏れ

ここまで蛇口の種類と水漏れの原因について確認してきましたが、近年は洗面所の蛇口がシャワーになっているものも多く見られます。蛇口についているシャワーから水が漏れていた場合、主な原因はシャワーヘッドやパッキン、あるいはホースの劣化です。

シャワーヘッドやパッキンが劣化している場合は洗面台の上で分解と交換が可能ですが、ホースの交換は少し手順が変わってきます。洗面台の下のジョイント部を外してホースを洗面台の上から引き抜き、新しいものと交換を行いましょう。ホースを取り外す際には水が漏れるので、バケツやタオルの準備が必要です。

また洗面台の下に水漏れ用のタンクがある場合はそれも外す必要があるので、水が溢れないように注意して作業を行いましょう。

洗面所の水漏れでお困りならあいち水道職人に連絡を

洗面所の水漏れでお悩みの際はぜひあいち水道職人にご連絡ください。あいち水道職人は豊田市、岡崎市、一宮市、豊橋市、西尾市、刈谷市、小牧市など愛知県全域で水回りのトラブルを解決しているプロフェッショナルです。洗面所の水漏れや悪臭など水回りのトラブルでお悩みの際はあいち水道職人にお電話ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315