電話して相談する

水のコラム

お風呂の排水口の流れが悪い?解決方法をとことん紹介します!

2022年03月30日  お風呂のつまり


浴室の排水口の流れが悪くなってしまい、不便な思いをしたことがある方もいるのではないでしょうか。原因は、つまりかもしれません。

軽度の詰まりであれば自分で直すことが可能なケースもあります。お風呂の排水口が詰まってしまう原因は、シャンプーで抜け落ちた髪の毛や石鹸カス、皮脂汚れなどです。

これらが蓄積することでヌメリが発生し、詰まりになってしまいます。
こまめに掃除ができていれば詰まりが発生することは少ないものの、日々忙しく過ごしている人はそうはいかないでしょう。

本記事では、浴室の排水口の流れが悪い時にチェックするポイントや自力で直す方法、自力で直せない時の対処法などを解説します。

お風呂の排水口の流れが悪い時にチェックするポイント

浴室の排水口の流れが悪いとき、原因の多くが「詰まり」です。

排水口が詰まってしまうと、浴槽や床の水が溢れ出てしまいます。浴室ですから水が床に浸みてしまうことはありませんが、不快なうえ、放っておくとつまりが悪化してしまうこともあります。

ここで、浴室の排水口の流れが悪いときにチェックするポイントは排水口ゴミキャッチャーと排水管の奥です。

まず排水口のゴミキャッチャーですが、こちらは溜まった汚れをそのままにしていると雑菌の繁殖によりヌメリが発生し、ごみが溜まりやすくなります。放っておけば詰まりがどんどんひどくなるため、ゴミキャッチャーと排水トラップを外してしっかりと掃除しましょう。

ゴミキャッチャーや排水トラップを外しても水が流れない場合は、排水管の奥に原因があると考えられます。この場合の対処法はワイヤー式ブラシやラバーカップ、真空パイプクリーナーや液体クリーナーを使って排水口の詰まりを解決することができます。

これらの作業はすべて自力で対処できますが「失敗したら嫌だな」「汚れを見るのが嫌」といった場合には、業者に依頼するのがおすすめです。また、上記の方法を行っても詰まりが直らない場合は、排水桝近辺の詰まりや排水管勾配の変化が原因になっていることが考えられます。この場合は自分で直すことは難しいので、専門業者に作業を依頼することになります。

お風呂の排水口の流れは自分で解決できる?

浴室の排水口の流れが悪いとき、軽度のトラブルであれば自力で解決できます。排水口は排水口カバー、ゴミキャッチャー、排水トラップの3つの部品で成り立っています。

これらを分解して掃除をすることで、排水トラップ内の詰まりは改善することができます。排水カバーを持ち上げて外し、ゴミキャッチャーと排水トラップは反時計回りで回して外します。

部品ごとに汚れを落として、元に戻します。この方法でも解決しなければ、以下のアイテムを使った方法を試してみてください。

・ラバーカップ
・真空パイプクリーナー
・ワイヤー式ブラシ
・重曹と酢とお湯
・液体パイプクリーナー

まず「ラバーカップ」を使用する方法です。

ラバーカップは主にトイレに使いますが、浴室の詰まりにも使えます。カップのゴムの部分の大きさが排水口のサイズに合うかどうか確認しましょう。

ラバーカップを使って排水口の詰まりを対処手順は、次のとおりです。

1. 排水口にカップを隙間が出来ないように密着させます。
2. カップを排水口に強く押し付けた後、一気に引き上げます。
3. 詰まりの原因になっているものを引っ張り上げられると、水の流れが解決されます。

次に「真空パイプクリーナー」です。真空パイプクリーナーはラバーカップよりも強力な吸引力があります。ホームセンターやネットで2,000円~3,000円で購入できます。使用方法は次のとおりです。

1. 排水口にゴムカップの部分を密着させます
2. 持ち手部分のレバーを奥まで押してから引っ張ります
3. 一度で詰まりが解決しなければ何度か繰り返します

そして「ワイヤー式ブラシ」です。排水管の奥で詰まりがある場合には、ワイヤー式ブラシを使います。ワイヤー式ブラシは3~5m程度の細長いワイヤーの先にブラシが付いていて、排水管の奥など狭い場所の掃除に使われます。ワイヤー式ブラシの使用方法は以下のとおりです。

1. 排水管の中にワイヤー式ブラシを入れます
2. 詰まりの部分に当たったら柄を回しながら詰まりを削り取ります
3. 詰まりを削り取ることで穴が開き、水が流れます

詰まりを直接取り除くのには良いですが、詰まりの大きさや固さによっては取り除けないものもあります。その場合は業者に依頼して高速洗浄してもらうことをおすすめします。

「重曹と酢とお湯」で排水口のヌメリや汚れによる詰まりを溶かすこともできます。重曹と酢とお湯を使った対処法は以下のとおりです。

1. 重曹1カップ、酢2カップを用意します
2. 排水口に重曹をまんべんなく振りかけ、その上に酢を回しかけると発泡します
3. 1時間くらい置いて、お湯で泡と浮いたつまりや汚れを洗い流します

最後に「液体パイプクリーナー」です。

液体パイプクリーナーは簡単に汚れや詰まりを溶かす効果があります。詰まりの原因が髪の毛であれば、次亜塩素酸ナトリウムや水酸化ナトリウムなどの成分が髪の毛のタンパク質に効果的です。使用方法は以下のとおりです。

1. 排水口カバーとゴミキャッチャー、排水トラップを取り外します。
2. 排水管の内側に液体パイプクリーナーを流し入れ、ラベルに記載された時間通り置きます。
3. 水かお湯で溶かした汚れを洗い流します。

自分で直せない時はどうする?

詰まりの原因や場所によっては、自力での修理が難しいものもあります。

その場合は専門業者に依頼しましょう。浴室の排水口の流れが悪いとき、原因が詰まりであれば、掃除することで解決します。

しかし、かなり頑固な汚れが詰まりを引き起こしていたり、排水桝で詰まりが発生していたりする場合は業者に依頼しなくてはいけません。

排水桝は建物の排水管と下水管のつなぎ目に設置されています。排水桝で詰まりがあるときは、排水桝を洗浄することで詰まりを解決します。排水桝の汚れが蓄積することで詰まりが発生し、排水が逆流して排水口へ溢れてくると考えられます。

業者が業務用の高圧洗浄機を使うことで、自力では清掃できない部分の詰まりやごみも取り除くことができます。また排水口の中に固形物を落としてしまい、自分では回収できない場合にも業者に依頼しましょう。

排水管は排水口に逆流しないように、傾斜をつけて設置されています。しかし地震や地盤沈下によって変化し、上手く流れず詰まってしまうことも考えられます。この場合は排水管自体の敷直しが必要になりますので、業者への工事の依頼が必要です。

お風呂の排水口は普段から掃除しておこう!

排水口の水が流れなくなるトラブルを防ぐには、こまめな掃除を心掛けることです。

定期的に液体パイプクリーナーで洗浄することで、排水管の髪の毛や皮脂のヌメリによる詰まりを防げます。また排水口シートをゴミキャッチャーに貼りつけると、排水口にごみが溜まるのを防げます。

ごみが集まりやすい形状のゴミキャッチャーに取り換えるのも効果的です。その場合は購入間違いを防ぐために、前もって浴室排水口のサイズやメーカーなどを調べ、取り付け可能なタイプかどうか確認しておきましょう。

まとめ

浴室の排水口の詰まりは、こまめに掃除することで未然に防ぐことが出来ます。

地震や地盤沈下による排水桝の詰まりはどうにもできませんが、業者に作業を依頼すると作業内容によっては、思いがけない出費になってしまいます。そうならないためにも、定期的に液体パイプクリーナーを使用して詰まりを未然に防ぐよう努めましょう。

詰まりの原因となるものの蓄積を防げます。ゴミキャッチャーにごみ取りシートやごみ取りネットなどを使用するのも有効です。

日々の疲れを癒す浴室環境を快適に維持していきましょう。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315