電話して相談する

水のコラム

天井から水漏れが…。原因と対策

2019年06月27日  水漏れトラブル


天井からポタポタと水が落ちてくる場合、もしかしたら建物に何らかのトラブルが発生しているかもしれません。築年数の長いマンションや一戸建て住宅にお住まいの方は、こちらでご紹介する水漏れの原因を確認してみましょう。ここでは、天井からの水漏れの原因と対策方法をお伝えします。

雨漏りの可能性

一戸建ての天井に水漏れが発生しているのであれば、雨漏りが原因である可能性が考えられます。応急処置をして被害を抑えるとともに、外壁塗装業者に修理を依頼しましょう。

・雨漏りが発生する原因
天井に雨漏りが発生するのは、天井の防水が弱くなったことや、屋根が老朽化したことなどが原因として挙げられます。特に、築年数が10年を超えている建物は雨漏りが起こりやすくなるため、該当する場合には雨漏りを疑ってみましょう。

雨漏りの原因は、目視で確認できることがあります。たとえば、ストレートや瓦の屋根は、ひび割れやズレが原因で雨漏りすることが多いようです。ほかにも、コーキングに剥がれがあったり、トタン屋根にサビがあったりするケースも、雨漏りにつながることがあります。

このとき、自分で屋根に登って状態を確認することは危険がともないます。登らずに確認できる1階部分をチェックするのみに留めて、確認が難しい場合には外壁塗装業者などの専門業者に調査を依頼したほうが安心です。

・雨漏りの対策方法
天井に雨漏りが生じたときは、室内への被害を抑えるために、応急処置を行いましょう。まずは水が落ちてくる部分の床にビニールシートを敷き、バケツを設置してください。周囲に水分が飛び散るのを防ぐために、バケツの中にタオルや雑巾を入れておきましょう。

雨漏りの応急処置として、市販の防水テープやコーキング剤を使用して、隙間を塞ぐ方法があります。ただし、屋根の上に登るのは危険がともなうだけでなく、ほかの箇所に損傷を与えるおそれがあるため、専門業者に依頼したほうが無難でしょう。

水回りトラブルの可能性

マンションなどの集合住宅の天井から水漏れしている場合は、上階の水回りにトラブルが発生していることがあります。まずは管理会社に連絡を入れましょう。

・水回りトラブルが発生する原因
風呂やトイレといった住宅の水場にトラブルが発生しているケースでは、天候に関係なく天井からの水漏れが発生するという特徴があります。水場のパッキンや排水管の接続部分が、劣化したり強い刺激により破損したりして、水漏れが生じているのです。

特に、築年数の古い建物では設備に劣化が起こりやすくなります。また、まれに配管工事の不備が原因で水漏れすることもあるようです。ほかにも、風呂場の水を溢れさせたり、トイレを詰まらせたりと、人為的なミスにより水漏れが起こるケースも珍しくありません。

・水回りトラブルの対策方法
集合住宅の水回りトラブルは、自宅以外に原因があると考えられるため、管理会社や管理組合を通して原因の調査を行います。水漏れの発生源が共用部分の場合、管理組合に責任があると考えます。専有部分の場合、居住者に責任があると考えることが多いようです。

一戸建ての2階に風呂やトイレなどの水回り設備がある場合には、専門業者に調査を依頼して原因を調査しましょう。水回りトラブルによる水漏れは、排水によるニオイが発生することがあるため、異変に気づいたらすみやかに対処することが大切です。

水道官破裂の可能性

天井に水道管が通るタイプの住宅では、水道管が破裂することで天井から水漏れすることがあります。被害が大きくなりやすいため、迅速に水道修理の専門業者に依頼しましょう。

・水道管破裂の原因
水道管破裂とは、何らかの原因によって水道管が破裂してしまうことです。よくあるのが経年劣化で、ある時期から突然に水道料金が高額になったことで、漏水の被害に気づくことがあります。心当たりがある場合は調査することをおすすめします。

また、冷え込みが激しい地域では、冬場の凍結により水道管が破裂してしまうことがよくあります。大きな地震による衝撃で水道管が破裂してしまうこともあり得ます。大量の水漏れにつながる例もあるため、すみやかに対策をしましょう。

・水道管破裂の対策方法
水道管破裂に気づいたときは、水道メーター付近に設置されている「止水栓」を回して、住宅の水の流れを元から止めましょう。その後、すみやかに水道修理の専門業者に連絡を入れて、対応してもらうことになります。

大量の水漏れの場合は、止水栓を閉めるのが有効です。ただし、止水栓から水を止めると、建物のすべての水道が使えなくなります。水漏れの程度によっては、該当箇所を布やテープで補修して応急処置を施し、専門業者が来るまで待つという方法もあります。

まとめ

天井からの水漏れの原因として考えられる、雨漏り・水回りトラブル・水道管破裂についてお伝えしました。水漏れの被害が拡大しないうちに、はやめに専門業者に相談することをおすすめします。また、専門業者が修理に駆けつけるまでは、被害を最小限に食い止めるために、応急処置を行うことが大切です。慌てずに落ち着いて対処しましょう。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315