電話して相談する

水のコラム

水漏れで交換が必要なケースとは?蛇口や配管の交換方法!

2018年09月12日  水漏れトラブル

水漏れで交換が必要なケースとは?蛇口や配管の交換方法!
水漏れが発生してしまった場合、状態によっては一部のパーツを交換したり、全て新しい物に交換しないといけないケースがあります。

水漏れで交換が必要なケースとは、どんな時なのか、蛇口や配管の交換方法も踏まえて解説していくので、参考にしてみてください。

蛇口から水漏れが発生している場合はパッキンを交換する

蛇口から水漏れが発生している場合は、内部パーツやパッキンが劣化・破損している可能性があります。

確認する場所としてまずは、吐水口、レバー(ハンドル)、スパウト(胴体)の部品をチェックしてみてください。

・レバーやハンドルのケレップ
・バルブカートリッジのパッキン
・胴体内部のUパッキン

この3つの部品が劣化・破損していることで水漏れが発生している可能性があるので、分解して部品の確認を行ってみてください。破損した場合は、新しい物と交換してみましょう。

また付け根部分の部品が劣化・破損することでも、水漏れが発生する可能性があるので、チェックしてみましょう。

・付け根部分のパッキン
・バルブカートリッジ下のゴムパッキンとスプリング

この二つの部品が劣化・破損していた場合は、新しい物に交換してください。

配管が老朽化している場合は新しい物に交換する必要がある

家庭の中にある配管は、つまりや老朽化による腐食、部品の劣化などが原因で水漏れを引き起こす可能性が高いと言われています。

一度劣化・破損してしまった配管は、修理をすることが難しく、一時的に修理したとしても、再度水漏れが発生する可能性が高いため、配管が老朽化してしまった場合は、新しい物に交換する必要があるでしょう。

特に配管から水漏れが発生すると、床板が腐食してしまい、家の木材が全体的に腐食するきっかけになってしまう恐れがあります。そうなった場合、被害が大規模であれば、リフォームを検討しないといけないほど、甚大なダメージを家に与えることになってしまうのです。

また配管から水漏れが発生している限り、水道代が多くかかってしまうので、経済的にも大きな被害が出てしまいます。

配管の水漏れを早急に解決するためにも、早めに水道職人にご連絡ください。新しい配管の取り付け工事を早急に進めていくので、電話で気軽に相談してみましょう。

蛇口の水漏れはパーツ交換すればほとんど直る

蛇口から水漏れが発生している場合、業者に連絡して直してもらう方が多いですが、蛇口の水漏れの場合はパーツの劣化や破損が原因であるため、分解して新しいパーツを取り換えれば、ほとんど直る可能性が高いのです。

そのため、業者に依頼して費用をかけるよりも、自分でホームセンターなどで新しいパーツを購入して、該当する劣化・破損したパーツを交換してみてください。

きっと考えているよりも、簡単に蛇口を直すことができるので、自分で直せそうな時は実践してみてください。

ただ蛇口にひびが入っている場合は、蛇口本体を取り換える必要があります。蛇口本体を取り換える場合や自分で直すのに自信がない方は、水道職人にご連絡ください。

すぐに新しい蛇口に取り換えさせて頂きます。

解決できない水漏れの修理はプロに依頼

蛇口の水漏れは内部パーツの交換で直すことができるため、自分で修理することは可能ですが、配管の水漏れは一般の方では直すことが難しいので、自分で解決できない場合は、水道職人を頼ってください。

確かな知識と正確な技術で、水漏れの原因を特定して、速やかに修理を進めていきます。簡単な作業であれば、1~2時間ほどで解決することができるので、水漏れの原因がわからないという方は、気軽にお電話ください。

蛇口の交換も自分で行う方法もいいですが、1~3万円ほどで蛇口交換を行うので、それほど費用もかからないのが特徴です。面倒な作業をしたくない方も、一度お電話頂き、修理のご相談をしてみてください。

配管の作業の場合は、状況によっては時間がかかってしまう可能性があります。特に床下の配管が劣化・破損してしまった場合は、完全に直すまでは数日かかってしまうこともあるでしょう。

大規模な工事を行うほど、修理時間がかかるので、配管を修理する場合はある程度、時間と費用がかかることを覚悟しておいてください。

まとめ

水漏れが発生した場合、基本的には蛇口も配管も新しい物に取り換えることで、水漏れを改善することができます。

特に蛇口は、内部パーツを新しい物に交換するだけで直ることが多いので、自分で修理を行うことが可能です。

配管の場合は、専門的な知識や技術が必要になってくるので、水道職人に連絡頂き、修理を依頼してください。

配管を修理する場合は、被害状況を確認してからでないと、どこまで交換が必要なのか、わからないことがあります。周りの被害状況によっては、ほとんどのパーツを交換するのか、家自体をリフォームしないといけないのか対応が変わってくるので、リフォームする必要がないように、水漏れを発見したのであれば早めに連絡を対処するようにしてください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315