電話して相談する

水のコラム

止水栓から水漏れするのはなぜ? 予防と対策

2019年09月30日  水のトラブル


水回り設備の水漏れトラブルは、蛇口や配水管にとどまらず止水栓でも起こります。原因はひとつでなく、いろいろなケースが考えられます。いざというとき焦らないためには、どんな原因で止水栓から水漏れするか理解しておく必要があるでしょう。そこで今回は止水栓水漏れの主だった原因、予防につながるパッキン交換の方法、自分で解決できないときの対策をご紹介します。

止水栓水漏れの原因

止水栓で水漏れする原因の多くは、パッキンの劣化です。水をせき止める部品の摩耗や止水栓そのものの破損により、トラブルが生じることもあります。

・パッキンの劣化
止水栓のなかに入っているパッキンは、時間とともに機能が低下する消耗品です。耐用年数は、およそ10年といわれています。ゴム製のため長く使っていると経年劣化により硬化が進み、弾力も失われ水漏れを防げなくなります。

・止水栓が動きにくい
パッキンの劣化ですぐ水漏れが起こるとは限りません。止水栓を長く操作していない場合、硬くなったパッキンに動きが妨げられスムーズに回せなくなります。無理に止水栓を動かすと、その操作でパッキンの劣化が加速され水漏れを招く可能性があります。

・水をせき止める部品の摩耗
パッキンに問題がないとき、水漏れの原因として疑われるのが水をせき止める部品の摩耗です。この場合、止水栓をしっかり閉めても水の流れは止まりません。パッキンが正常に機能していても、水漏れが続きます。

・止水栓そのものが破損
止水栓が大きく破損すれば、きちんと水を止められません。止水栓本体の構成部品は金属製が中心とはいえ、何かの拍子に傷むことはあります。金具の部品でも、キズがつくと水漏れの原因になります。

・止水栓のネジがゆるい
止水栓の水漏れは、部品の劣化、摩耗、破損ばかりが原因ではありません。止水栓と水回り設備をつなぐネジがゆるんでいるだけでも、水漏れは発生します。各部品に異常が見られないときは、ネジの状態をチェックしてみてください。

必要に応じてパッキン交換を

まだ水漏れが起きていなくても、すでに何年も古いパッキンを使用している場合は必要に応じて新しいものに交換しましょう。

・寿命を考慮して定期的に交換
止水栓のパッキンは寿命が10年ほどといわれ、使用年数が一定期間を経過したら部品交換が望まれます。定期的に交換作業を済ませておくと、水漏れのリスクを減らせるのでおすすめです。

すでに使いはじめてから10年を過ぎていたら、はやめに交換してください。20年以上にわたり使い続けても水漏れしなくても、たまたまの可能性もあります。いつ水漏れしても不思議ではないので、そのまま放置はできません。

・パッキンの交換方法
パッキンの交換だけなら、作業は比較的に簡単です。事前に、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーを用意しておきましょう。

通常、止水栓に使われているパッキンの種類はコマのような形のコマパッキンです。水道の元栓を閉め、給水が止まったのを確認したら止水栓のナットをモンキーレンチで外しコマパッキンを取り出します。三角ハンドルの場合、カラービスをウォーターポンププライヤーで外してからハンドルを引き抜いてください。さらにパッキン押さえの金具を取り除くと、コマパッキンがあります。

いずれも新しいパッキンを正しい位置にはめ込み、止水栓を元に戻します。元栓を開いて水漏れしなければ、作業完了です。ナットの汚れも水漏れにつながるので、交換時に掃除しておきましょう。

止水栓の水漏れは、修理業者が対処してくれる

止水栓から水漏れする原因は、パッキンの劣化ばかりではありません。止水栓そのものを交換するケースもあるので、状況によっては修理業者に連絡してください。

・とりあえず止水栓か元栓を閉める
止水栓から水漏れがありうまく対処できなければ、とりあえず止水栓か元栓を閉めてください。慌てるあまり応急処置を怠ると、その間は水が流れ水道メーターも止まりません。原因が分かるまで長い時間をかけて調べていても、余計な水道料金が加算されます。

いきなり元栓を閉めると、家全体で水を出せなくなります。最初は問題の起きている止水栓だけ閉め、水漏れが止まらない場合は元栓まで閉めましょう。止水栓は水道設備ごとに装備されていますので、設置場所を覚えておくと万一のとき慌てなくて済みます。

・応急処置が済んだら業者に連絡
応急処置が済んだら、専門業者に連絡してください。水漏れの原因が不明でも、とくに問題ありません。現場でトラブルの状況を確認し、適切に対処します。

あいち水道職人は年中無休であり、365日24時間いつでも受付可能です。地元密着型のため、地元に常駐するスタッフが親切丁寧に対応します。各スタッフは地域事情に通じており、30分~1時間程度でご自宅に伺えます。

日頃からサービスの品質向上に余念がなく、充実した教育制度により知識や技術を磨いています。作業前には必ず無料でお見積りしますので、安心して業務をお任せください。

まとめ

止水栓からは、パッキンの劣化をはじめとして各種部品の不具合で水漏れします。パッキンには寿命があるため、約10年を目安に交換を心がけてください。原因不明などで対処が難しければ無理する必要はありませんが、止水栓か元栓はしっかり閉めてから業者に連絡しましょう。あいち水道職人は常に迅速対応できますので、何かお困りのときは遠慮なくご相談ください。

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315