電話して相談する

水のコラム

シンク下の水漏れは早めの修理を!

2018年09月26日  水漏れトラブル

シンク下の水漏れは早めの修理を!
キッチンの排水が行われているシンク下の水漏れは、気付いた時に水浸しになっていたというほど、水漏れが発生するまで原因がわからないということがあります。
早めに対処しないと排水の悪臭で室内に臭いが漂うので、すぐに対応するようにしていきましょう。
今回は、そんなシンク下の水漏れの原因や業者に修理を依頼した時のかかる日数など、詳しい内容を解説していきますので、参考にしてみてください。

シンク下の水漏れの原因とは?

シンク下にある排水パイプから発生する水漏れには、いくつか原因が考えられます。どんな水漏れ原因があるのか、詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

・排水口のパッキンが劣化
シンクの下にある排水溝の接続部分に入っている内部パーツのパッキンは、時間が経つごとに劣化していき、破損することで排水口から水漏れが発生することがあります。
ポタポタと水が漏れているような形になるので、対策としては早めに新しいパッキンに交換すれば改善することができます。
・排水溝や排水管の接続部分の緩み
シンク下の排水溝と排水管を繋ぐ接続部分は、ナットやボルトで固定されているのですが、使用期間が長いことや、微振動によって徐々に緩みが発生することが考えられます。
放っておくと水漏れが発生するので、緩みに気付いた時点で締め直すようにしましょう。

・排水溝や排水管の接続部分にあるゴムパッキンの劣化
排水口のパッキンと同様に、排水溝と排水管の接続部分には、ゴムパッキンが挟まっています。経年劣化によって摩耗して破損すれば、水漏れが発生します。これらは交換することで改善することができます。

・排水管や排水ホースに穴が開いている
経年劣化により排水管や排水ホースに穴が開いて、そこから水漏れが発生するケースがあります。水漏れ補修のテープで応急処置を行うことができるので、水漏れをすぐに防ぎたい場合は、補修テープを使用しましょう。

・排水管の付け根から水が逆流
排水管の付け根から水が逆流している場合、排水管の中でつまりが発生していることで、水漏れが生じている可能性があります。
改善するためには、パイプクリーナーや重曹を使って、つまりを分解する方法がおすすめです。

最も多い原因はパッキンの劣化

シンク下の水漏れで多い原因なのがパッキンの劣化によるものです。パッキンの寿命は10年前後であるため、使用期間が長いほど、水漏れが発生する可能性が高いのが特徴になります。
劣化では、さびついたり、ゴムが潰れることで、ポタポタと水漏れが発生することがあります。そのため、水漏れが発生する前に10年周期で新しいパッキンに交換することで、水漏れを予防することができます。
また接続部分の緩みも水漏れの原因として多いので、接続部分のナットが緩んでいないか定期的に確認しておくようにしましょう。

パッキンの交換方法

シンク下の水漏れ原因として多いパッキンの劣化ですが、新しい物に交換する方法は意外にも簡単です。自分で解決することも可能なので、一度実践してみてください。
まず新しいパッキンを準備した後は、シンク下の排水溝の留め具を外して、排水口を取り外しましょう。その後、新しいパッキンを取り付けることで、パッキンの交換は完了です。

難しい手順もないので、一度覚えてしまうと次から簡単に出来るようになります。
ただ分解してから組み立てする必要があるので、部品の付け違いをしないように十分注意しましょう。

またパッキンのサイズも間違えないように、しっかり寸法を確認してから新しいパッキンを購入する必要があります。

業者に依頼する際にかかる日数は?

シンク下の水漏れはパッキンの劣化が一番多い原因といっても、他に問題がある可能性があります。そんな時は自分で修理するのではなく、頼れる専門業者に依頼するようにしましょう。

ここでは水道職人にシンク下の修理を依頼した場合、かかる日数はどれくらいなのか、解説していきます。

まずはご依頼のお電話をいただき、専門のスタッフが実際に現場へお伺いさせて頂きます。状況を確認後、無料でお見積もりをお出しさせて頂きます。そこで金額的に問題ないと感じて契約が進んだ場合、即日修理を行うことができます。修理時間は状況によって大きく異なりますが、基本的には当日に終わることがほとんどです。
契約するか悩んでいる場合は、見積もりだけ伝えた後に、後からご連絡頂ければ問題ありません。気付くのが遅れてしまうシンク下の水漏れは、ほとんどの場合パッキンの劣化によるものであると言われています。
その場合、自分で新しいパッキンに交換することで完了しますが、他にも水漏れ原因はあるので、まずは原因を特定することが先決です。
原因を特定した結果、自分で修理するのが難しいと感じた場合は、水道職人にご連絡ください。シンク下の水漏れに関しても、修理実績が多数あるので、安心して修理をご依頼ください。

排水の水漏れは放置すると、臭いが漂って室内の空気が悪くなってしまいます。そのためには早めの修理が必要不可欠です。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315