電話して相談する

水のコラム

水栓を交換する方法はどうするの?取り換え法を解説!

2018年10月29日  水漏れトラブル

水栓を交換する方法はどうするの?取り換え法を解説!

水栓から水漏れが発生すると、水道代が高くなることに繋がります。そのため、早めに交換するようにしましょう。また耐用年数は10年が目安であるため、寿命が近づいてきたのであれば、交換することを検討してみてください。

水栓はご自身で交換することもできます。どのように交換するのか、取り換え法を紹介していきます。

準備するもの

水栓を取り換えるためにいくつか準備しておくものがあります。まずは新しい蛇口を購入しておいてください。蛇口の修理は現在取り付けてある蛇口と、同じ種類の蛇口を選択しましょう。次に水漏れが発生しないように付けるシールテープです。新しい蛇口に取り付けます。

他にもスパナやタオル、手を洗うためのバケツに水を汲んでおくことも忘れずに準備しておきましょう。

止水栓を締める

水栓を交換する前に行っておく大切なことが、作業途中に水が噴き出してしまわないように、止水栓を締めて、水の流れを止めておくことです。止水栓は、蛇口の下に設置されていることが多いので、よく確認しておいてください。

止水栓で水を止めるためには、時計回りに回します。回すねじはマイナスドライバーに対応している物が多いので、事前に準備しておくといいかもしれません。

水栓の交換が完了した後は、反時計回りに止水栓を回して水を流していきます。

止水栓を締めたのに水が止まらない場合は、締めた止水栓が違う可能性があるので、チェックしてみてください。また止水栓が締めきれていない可能性もあります。

古い蛇口を取る

止水栓を締めて水が出なくなった後は、古い蛇口を取り外していきます。水栓の根本をしっかり持って、反時計回りにゆっくり回していきましょう。力加減を間違えると折れてしまう可能性もあるため、慎重に力を入れるようにしてください。

蛇口が古く、年数が経っていると硬くなっている恐れがあります。その場合は、力強く回す必要がありますが、回り過ぎないように慎重に回していきましょう。

古い蛇口を取り外すと、配管が見えてきます。配管のねじ山部分に異物やサビが付着していると、新しい蛇口を取り付けても水漏れが発生する可能性があるので注意しましょう。

歯ブラシなどで汚れを除去してから、新しい蛇口を取り付けるようにしてください。

蛇口にシールテープを付ける

新しい蛇口を取り付ける前に、水漏れを防ぐためにシールテープを巻き付けていきましょう。やり方は左手でシールテープの端を押さえて、時計回りの向きでシールテープの真ん中の穴に手を入れながら一回転させてください。巻き付ける時に、シールテープの向きを間違えないように注意しましょう。

シールテープを巻き付ける時のポイントとして、ねじ山の先端は一つ残すようにしてください。そうしないと、蛇口を上手く取り付けることができない可能性があります。

シールテープを巻く時は、均等に力を加えていき、ちぎれない程度に力を加減していきましょう。回転させる量は、5回~8回が理想です。

シールテープを回し終えたら、シールテープを引きちぎって指で押さえて完了になります。

新しい蛇口を付ける

シールテープを巻き終えたのであれば、新しい蛇口を取り付けていきます。古い蛇口を外す時に回した回転数を覚えておき、同じ回転数になるように、時計回りにゆっくり回してください。

回し過ぎた場合は、戻ることができないため、回転数は間違えないように慎重に回転させていきましょう。

回転している際に、一度でも戻してしまった場合は、シールテープが歪んでしまい、水漏れが発生するきっかけを作ります。そのため、シールテープの巻き直しが必要になるため、慎重に回転させていくようにしましょう。

新しい蛇口の取り付けが完了した後は、止水栓を反時計回りに回して、水を流していきます。この時に、いきなり止水栓を回すのではなく、ゆっくり回すようにしていきましょう。

水漏れが発生している場合は、もう一度同じ工程を行ってください。

水栓を交換することはご自身でも可能ですが、紹介した通り、手間がかかるのが難点です。水道職人であれば水栓の取り付けも対応しています。お困りの場合はお電話で気軽に相談ください。すぐに駆け付けて、交換対応させて頂きます。

まとめ

水栓の取り付けは、他の蛇口よりも比較的簡単な工程であるため、ご自身で新しい蛇口に交換することができます。

ただ止水栓を締めることやシールテープの巻き方など、注意しないといけない点があるので気を付けましょう。

新しい蛇口を取り付けても水漏れが発生した場合は、一からやり直しなので、蛇口交換のやり方は事前に把握しておくことが重要です。

水栓は比較的取付が簡単でも、綺麗に取りつけるのは難しいのが特徴になります。手間もかかるので、ご自身で取り付けるのが難しい場合は、業者に連絡して水栓を交換してもらいましょう。無理に取り付けると、水漏れの被害が拡大するので、早めに依頼することをおすすめします。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315