電話して相談する

水のコラム

トイレの床が水浸しに!水漏れ原因は?濡れた床はどうする?

2020年02月28日  水漏れトラブル

使用後でもないのにトイレの床が濡れている・・・こんなときはトイレ内のどこかにトラブルが生じて水漏れを起こしていると考えられます。今回は、トイレの床を水浸しにする水漏れ原因とその対処方法をお伝えするとともに、床リフォームの方法と注意点をご説明します。

トイレの床から水漏れする原因と対策

トイレの床が濡れていると、床下から水漏れが起きていると思われるかもしれません。しかし、トイレ水漏れの原因はさまざまです。タンクの故障やウォシュレットの不具合なども考えられます。

・トイレの設置不良
まず考えられるのが、トイレの設置不良。便器の設置工事の失敗に気づかず、そのまま使用を続けて水漏れが発生するケースもあります。工事を担当した会社やトイレ修理業者への相談が望まれます。

専門業者が来るまで、止水栓を閉めて水の流出を止めます。念のため電源プラグも抜いておきましょう。電化タイプのトイレならなおさら専門知識と技術が必要となるため、それ以上の措置は業者に任せましょう。

・ウォシュレットの接続不良
ウォシュレットと給水管の接続が甘いと、間から水が漏れ、床下を濡らすことになります。また、給水ホースの劣化で亀裂が入り、そこから水がしみ出ることもあります。

ウォシュレットと給水管の再接続や部品交換などが解決策となりますが、これも電化製品という性質を考えた場合、専門業者に頼むのが無難です。

・トイレタンク内の部品故障
トイレタンクにはさまざまなパーツが装着されています。これらのうちひとつでも不具合や故障、接続不良などが起きると、タンク内の水量調節が正しく維持されず、水漏れを招くことがあります。

まず、タンク内の水位と動作確認のためにタンクを開けましょう。標準水位を見るには、オーバーフロー管(水面から出た管)に刻印された「-WL-」の位置を確認します。これより水位が上の場合、タンク内の水量が多いことが考えられます。浮き球を持ち上げて水位を調節してください。浮き球を持ち上げても水量が増え続ける場合は、ボールタップの不具合が考えられるため、同部品の交換が必要です。

また、タンク内の水が標準水位に達していない場合、レバーハンドルを回して水位を調節します。この操作でも水位が戻らない場合は、レバーハンドルもしくはゴムフロート管の不具合が考えられます。

水漏れ修理に要する費用

水漏れ修理を水道修理業者にお願いする場合、修理費用が発生します。費用は症状の度合いや修理方法、交換部品の種類によってさまざまです。

・トイレタンク内部品やフラッシュバルブの交換費用
トイレタンク内の部品交換費用の目安は、1,000~2,000円程度です。また、フラッシュバルブに原因があり同部品の交換が必要な場合、安く見積もっても8,000円程度かかります。業者への依頼では、部品代や作業コストのほか、出張料金が含まれる点を留意してください。

参考までに、あいち水道職人のトイレ水漏れ修理費用を記します。

 

施工内容 施工料金
フロートバルブ交換 1,000円~
ボールタップ部品交換 3,000円~
止水栓からの水漏れ 2,000円~
給水管交換 5,000円~
タンクレバー交換 6,000円~

※出張料:3,000円

トイレ床リフォームの方法と注意点

トイレ床下からの水漏れで床リフォームが必要な場合、どんな点に注意すればよいのでしょうか? ここでは床材選びのポイントや費用相場をご説明します。

・床材の特徴を知ったうえでベストなものを選ぼう
トイレの雰囲気は、床材で決まるといっても過言ではありません。また、足元の感触やお手入れの方法にも影響を与えるため、床材の特徴を知ったうえでもっとも合うタイプを選ぶことが重要です。

代表的な床材の特徴をまとめてみますので参考にしてください。

 タイル:磁器タイルは吸水性の低さが特徴。汚れにくい点もセールスポイント
 クッションフロア:撥水性が高く、水気にさらされても簡単に拭き取れてお手入れが楽。ただし耐久性に難あり
 フローリング:木材ならではの温もりと上質感。デメリットは水汚れに弱い点。使い方に注意しつつ、念入りなお手入れが求められる。

・トイレ床リフォームの費用相場
床リフォームの費用は、床材を何にするかで決まります。また、同じ種類の床材でも製法や注文方法で幅が出る点に注意が必要です。なかでも比較的高価なタイルは、安いもので4~5万円程度、高いものだと10万円を超えます。フローリングは3~6万円程度、クッションフロアは2~4万円程度といったところです。コストパフォーマンスのよさ、豊富なデザインバリエーションを理由にクッションフロアを選ぶ人は多いようです。

まとめ

トイレの床下を襲う水漏れ。便器の設置不良が原因のときもあれば、タンク内の部品に劣化や不具合があって水漏れを起こすケースもあります。ここでご紹介した対処方法を参考に、水漏れの芽を摘み取ってください。ご自身での対処が難しいときは迷わず修理業者に相談しましょう。あいち水道職人は、日進市、田原市、愛西市など愛知県全エリアをカバーして水回りトラブルのスピード解決にあたらせていただきます。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315