電話して相談する

水のコラム

【場所別】水圧が弱いときの対処方法

2020年04月28日  水のトラブル


トイレやキッチン、お風呂場など水回りの設備は水圧が重要です。水回りの水圧に関するトラブルは、水道修理業者にもよく寄せられます。水圧の問題は、症状によっては自分で対応できることもあるため、原因の特定が欠かせません。今回は、場所別に水圧が弱いときの原因と対処方法をご紹介します。

キッチンの水圧が弱い場合の調整方法

キッチンの水圧が弱いと、洗い物や水を注ぐ際に時間がかかるなど使いづらさにつながります。こちらでは、キッチンの水圧が弱くなる原因と、水圧の調整方法をご紹介します。

・キッチンの水圧が弱くなる3つの原因と対処方法
キッチンの水圧が弱くなった場合、原因は3つほど考えられます。まずは建物の立地に特徴があるケースです。高台に建っている、住宅が密集している、飲食店などの店舗が多い地域は、比較的水圧が弱くなる傾向にあります。水道工事で改善する可能性もあるため、水圧が弱く生活に支障をきたす場合は、住んでいる地域の水道局に問い合わせてみましょう。

次は、給湯器の容量不足です。水であれば問題なく、お湯を使用すると水圧が弱くなる場合は給湯器が原因かもしれません。現在使用している給湯器の号数を調べ、容量の大きいものへ交換すると解決するでしょう。ひとり暮らしであれば16号、家族で使用する場合は24号が適しています。

最後は、浄水器の設置が原因のケースです。基本的に、浄水器を設置しても水圧が変化することはありません。ただし、設置方法が間違っていたり、浄水器本体に異常があったりすると水圧が弱くなる可能性があります。取付状態を確認し、特に問題ないにもかかわらず水圧が弱くなる場合は、水道修理業者に点検してもらうのがおすすめです。

・キッチンの水圧の調整方法
キッチンの水圧は、自力で調整することもできます。混合水栓であれば、付け根部分にある溝にマイナスドライバーをあて、ゆっくりと回すことで水圧の調整が可能です。時計回りに回すと水圧が弱くなり、反時計回りに回すと強くなります。

溝がない場合は、シンク下に水圧調整用の蛇口が設置されています。上記と同様にゆっくりと回し、水圧を調整しましょう。

シャワーの水圧が弱くなる原因と対処方法

シャワーの水圧が弱いと、毎日のお風呂でストレスが溜まります。こちらでは、シャワーの水圧が弱くなる原因と対処方法をご紹介します。

・シャワーの水圧が弱くなる3つの原因
シャワーの水圧が弱くなる場合、3つの原因が考えられます。まずは、シャワーのフィルターが目詰まりしているケースです。シャワーには、ヘッドとホースの間にストレーナーと呼ばれるフィルターがセットされています。外部からのごみや汚れなどを取り除くためのものですが、長年の使用で目詰まりすると、水の流れが悪くなってしまいます。

次は、止水栓が閉まりすぎているケースです。本来、水量をコントロールするための止水栓ですが、閉まりすぎていると水の流れを妨げてしまい、水圧が弱くなる原因となります。最後は、給湯器の容量不足です。キッチンと同様、お湯を使用する場合のみ水圧が弱くなるのであれば、給湯器の容量不足を疑いましょう。

・弱くなったシャワーの水圧を改善する方法
シャワーの水圧が弱くなった原因が判明したら、早急に対処しましょう。フィルターの目詰まりは、使い古しの歯ブラシで掃除すれば解消されます。シャワーヘッドを取り外す際は、取扱説明書を参照してください。

止水栓が閉まりすぎている場合は、取扱説明書で止水栓の場所を確認し、マイナスドライバーで適宜開閉しましょう。時計回りに回すと水圧が弱くなり、反時計回りに回すと強くなります。
給湯器の容量不足が原因であれば、交換がおすすめです。号数は、ひとり暮らしであれば16号、家族で使用する場合は24号がよいでしょう。

トイレの水の流れが悪い場合の対処方法

トイレの水圧が弱いと、何度も水を流し水道代がかかる、排せつ物が流れにくいといったデメリットにつながります。こちらでは、トイレの水圧が弱い、水の流れが悪い場合の原因と対処方法をご紹介します。

・トイレの水圧が弱くなる2つの原因
トイレの水圧が弱い場合、2つの原因が考えられます。まずは、タンク内の水量が少ないケースです。タンク内の水量が減ると、便器内に流れる水が少なくなり、水圧が弱くなったと感じます。トイレタンクの水量が少なくなるのは、フロートバルブやボールタップの浮き玉に何かしらの異常があるのかもしれません。

もうひとつは、便器の奥で詰まりが発生しているケースです。詰まりによって水の勢いが失われた結果、水圧の弱さにつながります。

・トイレの水圧を改善する方法
トイレタンクの水量が減っている場合は、フロートバルブやボールタップの浮き玉の修理や交換が必要です。取扱説明書に従って取り外し、故障部分の修理を行いましょう。ホームセンターで新品を購入すれば、自力での交換も可能です。

トイレの奥が詰まっているのであれば、ラバーカップやパイプクリーナーを使用して詰まりを解消しましょう。トイレットペーパー以外のものを流さない、大量に流さないことを日ごろから意識するのが大切です。

まとめ

水回りの水圧が弱いと、生活の利便性が下がります。原因を特定し、早めに対処する必要があるでしょう。自力での原因の究明や修理、交換が難しいと感じたら、水道修理業者に連絡しましょう。みよし市やあま市、長久手市など愛知県全域で水道修理を行っているあいち水道職人は、トラブルの発生した場所や症状ごとに適切な処理を行います。お困りの際は、ぜひご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315