電話して相談する

水のコラム

トイレつまりが発生する前兆はある?

2020年07月29日  トイレのつまり

トイレつまりが発生すると、タイミングによっては1日以上使用できず、不便な思いをするかもしれません。つまりの前兆を感じ取ることができれば、被害を最小限に抑えられます。
今回は、トイレの水が流れる仕組みやつまりの前兆についてご紹介します。

トイレの水が流れる仕組み

トイレを使用する際、レバーをひねると当たり前のように水が流れますが、仕組みを理解しておくと異変に気づきやすくなるでしょう。トイレのレバーをひねると、タンクの中では各機構が以下のように連動して水が流れています。

1.レバーをひねると鎖が持ち上がり、フロートバルブが上がる。
2.すき間から水が便器に流れる
3.タンク内の水位が下がるとともに浮き球も下がり、ボールタップが開いて給水が始まる
4.フロートバルブが閉まると徐々に水位が上がり、浮き球も上昇することでボールタップが閉じ、給水も止まる

タンク内のパーツひとつに異常が発生し機構がうまく働かなくなると、つまりの原因となります。

トイレつまりの原因

トイレつまりには、上記以外にもさまざまな原因が考えられます。こちらでは、代表的なものを2つご紹介します。

・水の勢いが弱い
トイレは、レバーをひねったときに流れる水の勢いで便器内の排せつ物を流しています。そのため、水の勢いが弱くなれば排せつ物を流すことができず、つまりの原因となります。水の勢いが弱くなる原因は、主に以下の2つが考えられるでしょう。

●タンク内の水量が少ない
●「小」のレバーを使用している

タンク内の水量の減少は、ボールタップやフロートバルブの故障が原因かもしれません。レバーをひねった際に流れる水量が少ないなど、少しでも異変を感じたら専門業者へ相談するのがおすすめです。

また、トイレットペーパーを多く使用した際にレバーの「小」を使用していると、水量が足りずつまりの原因となる可能性があります。節水の意識をもつことは大切ですが、必要に応じてレバーの「大」「小」を使い分けましょう。

・異物を流した
トイレは、水に溶けない異物を流してつまりが発生することも珍しくありません。棚に置いてあるものやメガネ、スマートフォン、子どものおもちゃなど、さまざまなものがつまりの原因となります。とくに、おむつやお尻ふきなどの赤ちゃんに関するアイテム、生理用品などを流してしまうケースが多い傾向にあります。

トイレには、基本的にトイレットペーパー以外のものを流してはいけません。「トイレに流しても大丈夫」と記載のある商品でも、大量に流すと水に溶けず、つまりの原因となる可能性があるため注意してください。万が一トイレットペーパー以外のものを流してしまった場合は、すぐに取り除くか、水道修理業者へ連絡しましょう。

トイレつまりに前兆はある?

トイレつまりが突然発生すると、場合によっては1日以上トイレが使用できず、不便な思いをするかもしれません。症状の前兆を感じ取ることができれば、トイレつまりを未然に防ぎ、被害を最小限に抑えられます。こちらでは、トイレつまりの前兆といわれる4つのケースについて解説します。

・水を流した直後、水位が高くなり徐々に下がる
水を流した後に便器内の水位が高くなり、時間の経過で徐々に下がる場合、便器の奥や排水管の中で異物がつまっている可能性があります。完全にはつまっていないため、時間の経過で水位は元に戻りますが、放置していると完全に水が流れなくなってしまうかもしれません。

完全につまってしまうと、トイレが使用できないだけでなく、便器から水があふれ床材などへ浸水する可能性もあります。水を流した直後の水位に異変がある場合は、なるべく早く対応しましょう。

・タンクから水は出ているものの、便器の流れが悪い
タンクから水は出ているものの、その流れがいつもより悪い場合、排水管の内部でつまりが発生している可能性があります。「水位の急激な変化はないが、流れが遅い気がする」といったケースがあてはまります。

先ほど紹介した水位の異常と比べて症状は軽微と考えられますが、このまま放置していると水位の変化、最終的にはつまりに発展するかもしれません。

・タンクから水がほとんど出ない
常にレバーの「小」を使用したときのような水量でしか流れない場合、タンク内の部品が不具合を起こしている可能性があります。そのままにしておくと、排せつ物がしっかりと流れず、便器の奥や排水管のつまりにつながります。

タンク内の修理を自分で行うのは難しいため、修理業者へ連絡するのが安心です。

・水を流した後に「ゴボゴボゴボ」と音がする
水を流した後に便器内から「ゴボゴボゴボ」と音がする場合、つまりが発生しかけているかもしれません。水が流れている分症状は軽微であり、水道修理業者の高圧洗浄で解消可能です。「ゴボゴボゴボ」音に気づいたら、修理業者へ連絡しましょう。

まとめ

トイレつまりには、前兆といわれる症状が確認できるケースがほとんどです。少しでも異変を感じたら水道修理業者へ連絡しましょう。

弊社では、トイレつまりも迅速な対応を心がけています。トイレを使用できず不便な思いをすることのないよう、豊橋市や田原市などにお住まいの場合は、あいち水道職人までお問い合わせください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315