電話して相談する

水のコラム

ラバーカップの正しい使い方

2019年06月27日  つまりのトラブル


ラバーカップは、トイレや洗面台のつまり解消に使える便利アイテム。それでも、使い方を間違えるとトラブル拡大につながります。そんな事態に見舞われないためには、正しい使い方を覚えておきたいところです。

そこで今回は、ラバーカップの適切な使用方法や使用上の注意点をご説明します。

ラバーカップの特徴・種類

基本的にラバーカップの種類は、一般的な排水口用、洋式トイレ用、節水型便器用の3タイプです。

・一般的な排水口用
一般的な排水口用のラバーカップは、カップ部分がお椀をひっくり返したような形状になっています。カップの縁全体が平坦であり、出っ張りはありません。キッチン、お風呂、洗面台、和式トイレをはじめとして排水口の周りが平らな場所で使うのに適しています。排水口の大きさは異なるため、それに合わせてカップのサイズも選択可能です。購入の際は、排水口の寸法を確認しておくとよいでしょう。

・洋式トイレ用
洋式トイレ用は、カップの先に出っ張りのあるタイプです。通常、洋式トイレの排水口周辺は和式トイレと違って傾斜しています。カップの縁が平坦なタイプを使っても便器にうまく密着せず、あまり吸引力を発揮できません。先端が出っ張るタイプは洋式トイレの排水口をしっかり封鎖できるため、強い吸引力を保てます。出っ張りを出し入れできるタイプであれば、収納した状態で和式トイレにも使えます。

・節水型便器用
節水型便器用は、カップの周りにツバがついたタイプです。節水型便器は排水口の形状が複雑であり、上記の2タイプでは十分に対応できません。ツバつきタイプは、カップの横に広がるツバが便器との間のすき間を埋めて排水口にしっかりフィットするので、高い吸引効果を見込めます。このタイプを使えば、節水型便器の複雑な排気口でも大きく空気が漏れる心配はありません。

トイレの詰まりをラバーカップで直す方法

本来、ラバーカップには正しい使い方があります。使い方のコツを押さえると、トイレつまりをうまく解消できる可能性が高まります。

・作業前の準備
ラバーカップでトイレのつまりを直すとき、止水栓は事前に閉めておきましょう。水の供給が止まっていれば、誤って便器に流れ込む心配はありません。便器には、カップ全体が埋まるくらいまで水をためてください。このひと手間で、カップと排水口とのすき間から空気が出入りするのを防ぎやすくなります。

トイレの水が流れず便器内にあふれている場合は、必要量だけ残して汲み出しておきましょう。作業中は水が周りに飛び散ることもあるので、トイレの設備、床、壁が汚れるのを防ぐためビニールシート、新聞紙、雑巾などで一通り養生しておくと安心です。

・効果を高める使い方のコツ
ラバーカップの効果を高めるコツは、カップを水平にセットすることです。この点を注意すれば、カップと排水口との密着性は増します。カップを動かすときのポイントは、「押し込みは静かに」「引くのは力強く」です。ゆっくり押し込まないと、トイレつまりの原因がさらに奥へ進んでしまう恐れがあります。
とはいえ少ししか押さなければ引く力も大きくならないので、カップ内の空気をすべて押し出すイメージが大切です。カップを引っ張るときは、しっかり勢いをつけましょう。ただし、動作があまり大きいと、それだけ水もはね返るので注意してください。

ラバーカップを使える場所・使ってはいけないケース

ラバーカップは、トイレに限らずいろいろな場所のつまり解消に重宝します。それでも、すべてのケースに適しているわけではなく注意が必要です。

・ラバーカップが使える場所
トイレ以外にラバーカップが使える場所の代表例としては、キッチン、お風呂、洗面台が挙げられます。キッチンでは、食材カスや油汚れがよく排水管をつまらせます。お風呂や洗面所の場合、髪の毛、皮脂汚れ、石鹸カスによって排水口・排水管がつまるトラブルは少なくありません。

トラブルの症状が重くなると、多くの場合に液体パイプクリーナーだけでは対処が難しくなります。そんなとき、高い効果を期待できるアイテムのひとつがラバーカップです。使い方を間違わなければ、さまざまな場所でトラブルを引き起こしている異物の除去に役立ちます。

・ラバーカップを使ってはいけないケース
つまりの原因によっては、ラバーカップの使用を控えたほうがよい場合もあります。トイレであれば、固形物や水に溶けないものが原因になっているケースです。ラバーカップを使って水が流れるようになっても、これらの異物が水の勢いに押されて排水管の奥に移動すると問題の肥大化を招きます。

基本的にトイレでラバーカップが使えるのは、大量のトイレットペーパー、排泄物、ティッシュペーパー、流せるお掃除シートなどと考えておいたほうが無難です。お風呂も、洗い場に水をためられない構造であればラバーカップが十分に性能を発揮できないため、使用には不向きといわれています。

ラバーカップは、水回りのつまり解消にとても効果的な道具です。正しく使えば、高い吸引力で排水口や排水管の異物を取り除いてくれます。ただし水回りはラバーカップの使用に適した場所ばかりでなく、つまりの原因によっては使用を避ける必要もあります。ラバーカップを使うときは、使い方だけでなく使う場所も正しく理解しておきましょう。
水道職人ではさまざまな水回りトラブルに対応しております。トイレの水漏れからつまりまで、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させていただきます。水トラブルにお困りの際は、お気軽にご相談ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315