電話して相談する

水のコラム

頑固なお風呂場のカビの対処方法

2020年07月29日  お風呂のトラブル

一度発生してしまうと、スポンジでゴシゴシこすってもなかなか落ちないのが、お風呂場のカビです。対処できたと思っても、根まで処理できていないとすぐに復活してしまいます。とくに、梅雨の時期は悩みが深くなるでしょう。
今回は、頑固なお風呂場のカビを取り除く方法をご紹介します。

カビの種類と特徴

ひと言でカビといっても、その種類はひとつではありません。お風呂場の様子を確認すると、2種類のカビがあることに気づくでしょう。こちらでは、お風呂場でよく見られる代表的な2種類のカビの特徴をご紹介します。

・赤カビ
お風呂場にピンク色のヌメリが広がっている場合、それは「赤カビ」と呼ばれるカビの一種です。赤カビの特徴を以下の表でご紹介します。

赤カビの種類 ・原因はロドトルラという酵母菌
・増殖スピードが速く、発生すると表面がヌメヌメした手触りになる
・石鹸カスを栄養に繁殖する
・根をはることがない
・基本的に人体に悪影響はないが、黒カビのエサにもなるため早い対処が必要

赤カビの最大の特徴は、繁殖スピードの速さにあります。わずかな赤カビであっても、1週間で数十億個になることもあり、早めの対処が欠かせません。根をはることがないため、早期であれば対処は比較的容易です。

・黒カビ
お風呂場だけでなく、エアコンの内部やサッシなど水気の多い場所で発生するのが「黒カビ」です。黒カビの特徴を以下の表でご紹介します。

黒カビの特徴 ・原因は好湿性真菌(クラドスポリウム)の一種
・錦糸が奥に入り込むことで繁殖するため、表面のカビを取り除いても再び発生する
・金属の色を変えてしまうこともある
・多湿な場所を好む
・喘息やアレルギーの原因となることもある

黒カビの最大の特徴は、赤カビと異なり根をはるため、完全な除去が難しい点にあります。表面のカビを取り除いた場合でも、根が残っていると再び繁殖してしまいます。赤カビとは異なる対策が欠かせません。

お風呂のカビを撃退する方法

上述の通り、お風呂場に発生する赤カビと黒カビは、異なる対策が必要です。こちらでは、それぞれのカビの撃退方法をご紹介します。

・赤カビの撃退方法
赤カビは、繁殖能力が高く、根をはらないカビです。そのため、お風呂掃除用のスポンジやブラシ、マイクロファイバークロスなどでふき取ると比較的簡単に除去できます。ただ、原因であるロドトルラという酵母菌が残っていると、同じ場所に発生を繰り返す可能性があります。定期的に除菌成分の入ったスプレーを噴射するなどして、原因菌を死滅させることが大切です。

赤カビは、放置していると黒カビのエサになることもあるため、見かけたら早めの対処を心がけましょう。

・黒カビの撃退方法
一度発生すると、奥深くに根をはり除去が難しいのが黒カビです。塩素剤や乳酸の入った薬剤を使用し、奥深くに侵食した黒カビの根を破壊しましょう。その後、スポンジやマイクロファイバークロスなどでふき取ります。黒カビが除去しきれない場合は、研磨剤入りのブラシなどでこすり落とすのもおすすめです。

黒カビの発生や繁殖を防ぐには、週に1回、最低でも月に1回程度のお手入れが欠かせません。ただし、黒カビ用の薬剤は強力な商品が多いため、用法用量を守って使用しましょう。

お風呂場のカビの予防方法

お風呂場のカビを取り除けたら、次は予防を意識しましょう。こちらでは、カビの発生を防ぐ予防方法を4つご紹介します。

・石鹸カスを残さない
前述の通り、赤カビは石鹸カスを栄養源にして繁殖します。とくに、お風呂上り石鹸カスをそのままにしている場合は注意が必要です。お風呂から上がる際は、壁や床に付着した泡や石鹸カスを洗い流すようにしましょう。

・高温のお湯でお風呂場を洗う
カビは気温20~30℃、湿度70%の場所を好みます。そのため、週に1回程度高温のお湯で壁や床を洗い流すだけでも、カビを死滅させられます。50℃以上のお湯でケアするのがおすすめです。

・浴室乾燥機を使用する
カビがお風呂場を好むのは、家の中でもとくに湿度の高い場所であるためです。そこで、浴室乾燥機や窓を開けるなどして換気をすると、お風呂場の湿度が下がりカビが繁殖しにくくなります。

・天井まで掃除をする
カビの繁殖場所として、見落とされがちなのがお風呂場の天井です。蒸気が水滴に変わり、それを栄養源としてカビが繁殖しているケースが見られます。掃除を行う際は、壁や床だけでなく天井まで入念に行いましょう。

頑固なカビ汚れは専門業者に依頼しよう

カビを長期間放置してしまった場合など、市販のカビ取り剤では対応できないケースもあるでしょう。研磨剤入りのブラシなどできれいにできることもありますが、あまり使用し過ぎると浴槽を傷つける可能性もあります。

自分では対応できない頑固なカビ汚れが発生した場合は、専門業者へ連絡するのがおすすめです。ホームセンターなどでは購入できない、より強力な薬剤でカビを完全に取り除くことができます。

まとめ

あいち水道職人では、愛西市や稲沢市などでお風呂場の水道トラブルに対応しています。もちろん、カビに関するご相談も受け付けていますので、お困りの際は当社までお問い合わせください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315