電話して相談する

水のコラム

トイレのアンモニア臭に困ったらここをチェック!

2021年09月14日  トイレのお掃除

トイレのツンとした嫌なアンモニア臭に悩まされている方も多いでしょう。アンモニア臭の原因は尿による汚れです。排泄直後の尿はあまり臭いはありませんが、時間が経過すると細菌により尿素が分解されアンモニアが発生します。

また、用を足す際に、気づかないうちにさまざまな場所に飛び散り臭いを発生させてしまいます。ここでは、トイレのアンモニア臭が気になった時に確かめてほしい場所と、臭い消しの方法を紹介します。

便器の溝や便座のフチ裏には尿石がつきやすい

便器の溝や便座のフチ裏には固まった尿石が溜まりやすくなります。尿石は悪臭の原因になりますが、ブラシでこまめにこすっておくことで防ぐことができます。

ただ、尿石がこびり付いてしまったら、トイレ用洗剤で掃除しても簡単には取り除けなくなります。酸性の洗剤を染み込ませたトイレットペーパーで湿布のように尿石に貼り付けたり、ジェルタイプの尿石除去剤で密着させたりする方法が効果的です。

便器の表面にできた傷から臭いが発生することも

便器の表面には細かい傷が付いており、そこに溜まった汚れが臭いの原因となっていることもあります。表面の傷を修復するには、「光沢復元剤」が配合されたトイレ用洗剤で掃除すると良いです。

便器の傷を防ぐには、「フッ素」も役立ちます。フッ素というと歯磨き粉に使われているイメージがありますが、便器の表面をコーティングしてきれいな状態を保つためにも最適です。特におすすめなのは、フッ素加工が施されたトイレブラシです。

普通に便器をブラシで磨くたびにフッ素でコーティングでき、汚れを付きにくくすることができます。光沢復元剤で傷を修復し、さらにフッ素加工することで嫌な臭いも見苦しい汚れも取り除くことができます。

トイレブラシの保管ケースには汚水が溜まている

「便器はもちろん、壁や床まできれいに掃除しているのにアンモニア臭がする」という場合は、トイレブラシの保管ケースが原因かもしれません。トイレブラシを使って掃除をした後に、水を十分に切ってからケースに入れていないと、ケースの底に汚れの付いた水が溜まり、臭いの原因になってしまいます

トイレブラシを使って掃除する人でも、毎回トイレブラシの水を切り、保管ケースに溜まった水を取り除くことまで意識して行っている人は少ないようです。保管ケースの汚れや臭いを防ぐには、ケースの底を毎回きれいに拭き取るか、100均のケースを使い捨て間隔で定期的に買い替えると良いでしょう。

また、トイレブラシを買う時は、ブラシの長さに気をつけましょう。ケースに保管する時にブラシが底につくと、底に溜まった汚水に常にブラシが触れている状態になり、菌の繁殖につながります。ブラシをフックで吊るして保管できるものも販売されているのでおすすめです。

こんなところにも尿ハネが!

尿は思ってもいないとこまで飛び散り、気づかないうちに汚れや臭いの原因になります。忘れずにチェックしてほしい場所と対処法を紹介します。

・壁
便器周辺はいつもしっかりと掃除しても、壁はほとんど掃除したことがないという人もいるでしょう。男性が立って用を足したり、水を流す時に便器のフタを開けたまま流したりすると、便器や床だけでなく壁にも尿や排泄物が飛び散って、悪臭が発生する原因になります。

トイレ用お掃除シートを用意しておくと、いつでもサッと拭き取るだけなので、壁の掃除も手間なく簡単にできて便利です。膝から下の部分は特に汚れやすいので入念に拭き取りましょう。

・便器と床のつなぎ目
便器と床のつなぎ目から臭いが発生している場合もあります。あまり気にしたことのない人も多いかもしれませんが、この部分は汚れが溜まりやすく臭いも発生しやすくなります。つなぎ目にトイレ用洗剤をかけて使い古しの歯ブラシを使って汚れをかき出しましょう。

クエン酸と水を混ぜ合わせてスプレーボトルに入れたクエン酸水スプレーを使っても効果的です。また、クエン酸は水垢や黄ばみなどトイレで発生しやすい汚れに有効なので、クエン酸水スプレーを作って常備しておくと良いでしょう。

・ウォッシュレット
ウォッシュレットを使用していると便器との間に汚れが蓄積して臭いの原因になります。定期的にウォッシュレットの便座をずらして裏側に付着した汚れを拭き掃除しましょう。トイレ用のお掃除シートを使っても良いですが、クエン酸やお酢でも汚れをきれいに落とすことができます。

臭いが改善しない場合は水道修理業者に連絡しましょう

今回は、トレイからアンモニア臭がしたらチェックしてほしい場所と臭いを消す方法を紹介しました。アンモニア臭の原因は尿ハネなので、できるだけ尿が飛び散らないように気をつけることで掃除の手間が省けます。

例えば、いつも立って用を足す人は座るようにしたり、水を流す時はフタを閉めてから行ったり、それだけのことで飛び散る尿はかなり減らすことができます。家族で話し合ってトイレを汚さないためのルールを作ると良いでしょう。

どうしてもトイレの臭いが改善しない場合は、あいち水道職人へご連絡ください。修理の受付は24時間年中無休で行っており、稲沢市や岡崎市、東海市、清須市、津島市、愛西市など愛知県内ならどこへでも1時間以内にお伺いいたします。無料の出張お見積りも行っており、経験豊富なスタッフが丁寧に点検いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315