電話して相談する

水のコラム

水漏れの後処理は急がないと二次被害を招く

2020年08月27日  水漏れトラブル

自宅で発生する水回りトラブルの代表といえば、水漏れを思い浮かべる方も多いでしょう。水漏れへの対処は、水道修理における基本的なものですが、だからこそ迅速に行わないと二次的な被害を招く可能性があります。

今回は、水漏れを放置することで発生する二次被害や、基本的な後始末の方法をご紹介します。

水漏れの後始末を放置すると発生する二次被害

水漏れが実際に発生しても、「そのうち乾くから大丈夫」「築浅だから大丈夫」などの理由で、特別対処することなく放置してしまうケースもあります。水漏れの後始末を怠ると、シロアリや腐食、カビなどの二次被害を招く可能性があります。

・シロアリ
シロアリは、濡れた木材を使って巣をつくったり、食料にしたりして繁殖しています。そのため、水漏れによって床や壁が濡れた状態のまま放置していると、シロアリが集まりやすい環境を作っていることになります。

シロアリの繁殖が進むと、家を支える土台や柱を食べられてしまい、倒壊する可能性があり危険です。また、シロアリが一度発生すると、適切に対処しないと今後再発する可能性もあります。そうならないよう、水漏れには迅速に対応し、シロアリが繁殖しにくい環境を整えることが大切です。

・腐食
木材を濡れたまま放置していると、菌が繁殖して木材の腐食につながります。水漏れが発生した場合は、木材を乾燥させて菌の繁殖を防ぐことが大切です。

木材が腐食するまでの期間は、湿度や温度などの条件によって異なるものの、最短で1年程度で元の形を保てなくなります。湿度や温度が高くなればなるほど腐食のペースは早くなるため、とくに床下まで水が浸透している場合は注意しましょう。

・カビ
水漏れの二次被害として、多くの方が思い浮かべるものといえばカビです。水漏れによって湿度が高まることで発生し、異臭や木材の変色などを招きます。シロアリや腐食などの二次被害とは異なり、比較的発見しやすいのが特徴です。

水漏れからカビが発生するまでの期間は、およそ1か月程度といわれています。ただ、床や天井、壁などにカビを目視できる状態になっているのであれば、壁紙の裏や床下にはカビがさらに繁殖している可能性があります。繁殖が進むと市販の薬剤やカビ取り剤では対処が難しくなるため、専門業者に依頼して対処してもらうのが安心です。

水漏れの基本的な後始末方法

上記の通り、水漏れは発生時に適切に対処しないとさまざまな二次被害につながります。ただ、水漏れが発生した際、どう対応するべきかわからない方も多いでしょう。水漏れの基本的な後始末は、以下の手順に沿って行うのがおすすめです。

1.乾いた雑巾やマイクロファイバークロスなどで水気を拭き取る
2.水気を取り除いたら、雑巾を新しいものに替えて、消毒用エタノールを使用して床を拭く

手順自体は比較的簡単であり、水漏れの発生直後に行うことで、菌の繁殖を防ぐ効果も期待できます。消毒用エタノールを準備できない場合は、トイレやキッチンのお手入れに使用するお掃除シートなどでも代用可能です。ただ、消毒用エタノールはドラッグストアやホームセンター、インターネット通販などで購入できるため、この機会に準備しておいても良いかもしれません。普段の水回りのお手入れに使用することもできます。

また、雑菌が手指に付着し、体内へ入るのを防ぐためにも、作業中はゴム手袋やマスクをしましょう。雑菌などを多く含むトイレの汚水などが漏れた場合は、とくに注意が必要です。

このように、自宅で水漏れが発生した場合に行える対処方法は、「水気を拭き取って除菌する」という基本的なものです。床下まで水が浸透した場合のように、大掛かりな作業を行う場合は専門業者に依頼することになります。

最低限の対処をしたらプロに任せよう!

床下まで水が浸透した場合や、水漏れに加えて水回りの設備が故障した場合には、最低限の後始末をしたうえでプロの水道修理業者に依頼して対応してもらいましょう。床材をはがしたり、床下へ入って水気を取り除いたりするには、専門業者のノウハウや専用の機材が必要になるためです。

前述の通り、水漏れは放置しているさまざまな二次被害を招く可能性があります。そのため、水道修理業者を選ぶ際は「駆けつけるまでのスピード」や「深夜対応の有無」を基準にするのがおすすめです。深夜でも安心して依頼でき、迅速に対応してもらえる業者を選定しておけば、いつ水漏れのトラブルが発生しても心配する必要はありません。

まとめ

豊田市や瀬戸市、尾張旭市など、愛知県内全域で水道修理を行っている弊社は、24時間年中無休で熟練のスタッフが対応にあたっています。深夜に突然発生した水漏れにも迅速に対応いたしますので、水道トラブルにお困りの場合は当社へご連絡ください。お電話から駆けつけ、お見積もりまではすべて無料で行っています。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315