電話して相談する

水のコラム

水道修理に欠かせないシールテープの正しい使い方

2020年10月28日  水道修理

軽度の水漏れ修理であれば、業者に任せるのではなく、自分で行おうと考える方もいるでしょう。この際、役に立つアイテムがシールテープです。ただ、シールテープの正しい巻き方を把握しておらず、水漏れが再発してしまうケースも珍しくありません。
今回は、水漏れ修理に用いられるシールテープの正しい巻き方をご紹介します。ご家庭での水漏れ修理にお役立てください。

シールテープとは?

シールテープとは、配管の接続部分に生じたすき間を埋め、配管同士を密着させるために使用するテフロン製のシール材です。多少凹凸がある部分でも使用できるため、さまざまな配管を守るために使用されています。

・シールテープの役割
通常、配管の接続部分に亀裂やすき間が生じた場合、ねじ切られていることが多いため接着させても完全には密着しません。そのまま放置していると、わずかなすき間が生まれ、配管内に流れる水や空気、油などが漏れ出す事態につながります。シールテープで配管同士を密着させることで、接合部分からの水漏れなどを防ぐことができます。

・シールテープを使用するシーン
水漏れ修理を行ったことがない方には、シールテープはなじみがないアイテムかもしれません。しかし、シールテープはご家庭のさまざまな場所で使用されています。こちらでは、シールテープが使用されている場所やシーンをご紹介します。

・浴室水栓の配管部分
浴室水栓をはじめとした、水栓の接続部分にはシールテープが多く使用されています。サーモスタット混合栓のように、壁に接続するタイプの水栓の場合はとくに顕著です。配管の奥で雌ネジと雄ネジを接続しているのですが、どうしてもすき間が生じてしまうため、シールテープを巻いて埋めています。

・洗濯機の蛇口の接続部分
洗濯機の蛇口部分にもシールテープが使用されています。壁の中に配置された給水管と蛇口を接続する際にシールテープを用いています。シールテープがないと、水漏れが発生してしまい、蛇口からスムーズに水が流れません。蛇口をひねると当然のように水が出てくるのは、シールテープのおかげでもあるのです。

シールテープの正しい使い方

シールテープは、正しく巻かないと水漏れを防ぐことができず、症状を悪化させる可能性があります。そのため、シールテープを使用する際は、正しい使い方を把握しておくことが大切です。シールテープは、下記の4つの手順に従って巻いていきます。

●ネジ山で巻く位置を決める
●シールテープを巻く
●シールテープをなじませる
●蛇口を取り付ける

こちらでは、それぞれの方法について解説します。

・ネジ山で巻く位置を決める
シールテープを巻く前に、ネジ山を確認して巻く位置を決めましょう。シールテープを巻く位置は、先端からふたつ目のネジ山です。ネジの先端からシールテープを巻いてしまうと、水漏れやつまりの原因となります。

・シールテープを巻く
シールテープを巻く位置が決まったら、ネジの先端を正面に向けた状態で、時計回りに巻いていきます。反時計回りに巻いてしまうと、水漏れの原因となります。巻く回数は4~5回で、多すぎても少なすぎても正しく機能しません。

・シールテープをなじませる
シールテープを巻きつけたら、指を使用してネジ溝になじませましょう。親指と人差し指で圧力を加えるとなじみやすくなります。この際、爪を使用してなじませてはいけません。力が強すぎるとシールテープが破損し、水漏れの原因となります。

・蛇口を取り付ける
シールテープがなじんだら、蛇口を取り付けましょう。時計方向に蛇口を回しながら取り付けたら完了です。ただし、蛇口の取付時に一度でも逆方向に回した場合は、水漏れにつながる可能性があるためシールテープを巻くところからやり直しです。

重度の水漏れは水道修理業者に連絡を

シールテープはさまざまなシーンで活用されていますが、一般の方が目にするのは、多くが水漏れ修理です。軽度の水漏れであれば、シールテープで補修できる場合もあります。

ただし、重度の水漏れとなるとシールテープでは防ぎきれません。安易にシールテープを使用し、水漏れを放置した結果、床材や家財への浸水につながるケースもあるため、注意が必要です。

シールテープでは補修できないような、重度の水漏れが発生した場合は、水道修理業者に連絡して対応してもらうのが安心です。被害が拡大してから慌てて連絡する場合より、時間も費用も抑えられます。

まとめ

軽度の水漏れ修理に使用できるシールテープは、使用方法を覚えておくだけでも便利です。これを機会に使い方を理解し、自宅にひとつは用意しておきましょう。

あいち水道職人では、一宮市や稲沢市など、愛知県内全域で水道修理を行っています。お電話一本で熟練のスタッフが迅速に駆けつけますので、お困りの際はぜひお問い合わせください。24時間年中無休で対応いたします。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315