電話して相談する

水のコラム

水道管が凍結した時にやってはいけない対処法

2021年06月18日  水道管のトラブル

比較的温暖な地域でも、気温の下がる寒い日が続くと、水道管が凍結してしまいます。水やお湯が出なくなると焦ってしまいますよね?「溶かすためには熱湯をかければいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、凍った水道管に熱湯をかけると破裂させてしまう恐れがあります。水道管が凍結した際に間違った対処法を行うと、状況を悪化させてしまいます。

ここでは、水道管の凍結に対する間違った対処法と正しい対処法、凍結を防止する方法を紹介します。寒くなる季節に備えて、よく確認しておきましょう。

間違った対処法で大きなトラブルに

水道管の凍結は事前に対策しておくことで、ある程度防ぐことができます。しかし、急な大寒波で対策を忘れて、凍結してしまうこともあるでしょう。そんな時に、思わず水道管に熱湯をかけたり蛇口をひねったりするかもしれません。しかし、この2つの行為は大きなトラブルに繋がるので絶対にやめましょう。

・熱湯をかけると破裂の原因になる
凍った部分を溶かそうとして熱湯をかけると、熱膨張によって水道管が破裂してしまうことがあります。破裂した場合、素人が修理することができないので、応急処置を施してから水道修理業者を依頼することになります。

・蛇口をひねると別のトラブルの原因になる
蛇口が凍った状態で無理やりひねると、中のパッキンが破損して水漏れの原因になります。また、水道管にヒビや亀裂が入り破損の原因にもなります。

凍結が起きた時の正しい対処法

水道管が凍結した時にやってはいけないことを確認したところで、正しい対処法を紹介します。最も安全で確実な方法は、自然に解凍するのを待つことです。しかし、寒い時期の自然解凍には時間がかかりますし、どうしても水を使わなければならない時もあるでしょう。そんな時は、次の方法で解凍してください。

・タオルを巻いてお湯をかける
蛇口や水道管の凍結している部分にタオルを巻き付けて、その上から50度くらいのぬるま湯をゆっくりとかけましょう。タオルで水道管を守り温度を穏やかに上げていくことで、破損の防ぐことができます。

・ドライヤーやカイロで温める
ドライヤーの温風を当てたり使い捨てカイロを巻いたりする方法も、ゆっくりと温められるのでおすすめです。

・暖房で部屋を暖める
少し時間はかかりますが、暖房で部屋全体の室温を高める方法も安全に溶かすことができます。

このように、安全な凍結方法のポイントは「ゆっくりと溶かすこと」です。正しい方法を知らずに熱湯をかけてしまった場合は、見た目には変化がなくても破裂寸前の可能性もあるので、専門業者に相談して点検してもらいましょう。

しっかり対策して水道管を守りましょう

温暖な地域でも、寒波が長く続く時は事前に凍結防止対策を行いましょう。

・水を抜いておく
水道管の中の水を抜いておくことで凍結の心配はなくなります。方法は、水道の元栓を閉めて蛇口を開き、水道管の中の水を抜きます。

・水を出しっぱなしにして水の動きを止めない
蛇口から水を出しっぱなしの状態にしておくのも凍結防止に効果的です。少量の水を出しておくことで常に水が動いているので、気温が氷点下まで下がっても水道管が凍結しにくくなります。ただし、この方法は水を出しっぱなしにできないトイレには不向きです。

・水道管を保温する
外にある水道管も十分な対策を行うことで、氷点下になる日も凍結を防ぐことができます。水道管に防寒材や布などを巻き付けて、水に濡れないようにビニール袋をかぶせましょう。また、その上からダンボールをかぶせると、より保温効果が期待できます。一段と冷え込む夜も安心して眠れるように、しっかりと対策しましょう。

水道管の凍結に対する知識を身に付けましょう

水道管が凍結してしまった場合は、水が使えなくて焦ってしまうでしょう。特に、水道管が凍結しやすい朝は、朝食を作ったり身支度をしたり水が欠かせない時間帯です。

しかし、慌てて熱湯をかけたり無理に蛇口をひねったりすると、蛇口や水道管の破損や破裂など、被害が拡大してしまう恐れがあります。早く改善させたい気持ちもわかりますが、間違った方法を行うことで、水が使えないだけでなく高額な修理費用が必要になることもあります。安全に改善するためには、慌てずにゆっくり温めるようにしましょう。

また、気温が下がって水道管を凍結させないためには、事前に凍結防止対策を行うことが大切です。今回紹介した予防法を実践して、凍結してしまった時も落ち着いて応急処置を施し、水道修理業者に連絡しましょう。

水道管の凍結で困った時はあいち水道職人にお任せください!

愛知県は温暖な気候に恵まれていますが、冬場には厳しい冷え込みが続くこともあります。そのため、水道管の凍結も十分考えらえるので、しっかりと対策することが大切です。もし、凍結対策を忘れてしまい、水道管の凍結により破裂してしまったら、すぐに水道修理業者に連絡しましょう。

ただ、水道修理を行っている専門業者といってもたくさんあり、どの業者を選んだら良いのか迷ってしまうでしょう。そこでおすすめするのは、水道局指定工事店で高い実績と豊富な経験を持ち地域に密着して事業を行っているあいち水道職人です。

愛知県豊田市や蒲郡市、尾張旭市、犬山市、碧南市、知立市、豊明市など愛知県内の水回りのトラブルを解決します。修理のご依頼は24時間体制で受け付けており、年中無休でお客様のもとへお伺いいたします。突然の水道管の破裂もすぐに解決いたしますので、まずは落ち着いてあいち水道職人へご相談ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315