電話して相談する

水のコラム

水漏れが発生したときは「火災保険」と「個人賠償責任保険」を思い出そう!

2020年12月27日  保険

水漏れに関するトラブルは、被害者になることも加害者になることもあります。突然水漏れが発生すると焦ってしまいますが、その際は「火災保険」と「個人賠償責任保険」の2種類を思い出しましょう。一定の条件下ではあるものの、水漏れにも適用できる可能性があります。今回は、火災保険と個人賠償責任保険の概要や補償の範囲などをご紹介します。

火災保険とは

住宅で水漏れが発生したとき、まず確認すべきなのが火災保険です。現在の住まいが賃貸でも持ち家でもほとんどの方が加入していますので、契約時の書面を確認してみてください。

住宅に適用される火災保険には、火災による損害のみを補償する保険と、台風などの自然災害や水漏れを含む住宅設備の損害を補償する「住宅総合保険」の2種類が存在します。どちらに加入しているかは契約内容によって異なるため、これを機会に確認しましょう。

・火災保険の補償対象
火災保険の補償対象となるのは、水道管や排水管、給湯ボイラーなどの給排水設備の凍結やつまりなどが原因で水漏れが発生したケースです。故意や不注意によるトラブルは補償されず、あくまで事故による水漏れのみが補償対象となります。自身が被害者となった水漏れの場合は、発生原因が不注意に合った場合でも適用されます。ただし、上記の通り住宅総合保険に加入している必要がある点には注意しましょう。

洗濯機や食洗機、浴槽など住居に後で設置する設備での水漏れには、基本的に火災保険は適用されません。

・水漏れの加害者になってしまった場合の補償内容
マンションやアパートなどの集合住宅では、被害者だけでなく水漏れの加害者になってしまう可能性があります。水漏れの加害者になった場合に火災保険で補償されるのは、持ち家であれば基本的に床の修理代のみです。賃貸の場合は、大家さんや管理会社に対して保険金が支払われます。

階下の住人や住居へ損害を与えた場合でも、加害者の火災保険で補償されることはありません。被害者自身が火災保険に加入していれば、契約内容に応じて家財道具や床、天井などの修理費用が補償されることになります。被害者が火災保険に加入していない場合、加害者は自己負担で賠償しなければなりません。

個人賠償責任保険とは

個人賠償責任保険とは、火災保険や自動車保険に付帯する特約のひとつです。単体では加入できませんが、最近はクレジットカードに付帯しているものもあり、すでに加入しているケースも考えられます。これを機会に確認してみましょう。

個人賠償責任保険は、自宅で水漏れが発生し、階下の住人へ損害を及ぼした場合に適用される保険です。その他には、ペットが他人をケガさせてしまった場合や、自転車で人にぶつかりケガをさせてしまった場合に適用されます。あくまで過失によって生じた被害を補償するものであり、故意による損害は補償されません。

・個人賠償責任保険の補償範囲
個人賠償責任保険は、基本的に他人へ損害を及ぼした場合に適用される保険です。そのため、加害者側の部屋に水漏れ被害があった場合でも、個人賠償責任保険で補償されることはありません。

水漏れの被害者に対しては、損害部分に対して保険金が支払われます。その金額は、損害を受けた部分の経年劣化や消耗分などを加味して算出されます。また、個人賠償責任保険の特約を付帯する際、「新価」という契約内容になっている場合は、差額も補償されるケースが一般的です。

水漏れ修理はプロに任せよう

自宅で発生した水漏れには、火災保険や個人賠償責任保険が適用できるケースもありますが、被害を最小限に抑えるためには迅速な修理が欠かせません。被害が大きすぎると、保険では賄えなくなってしまい、自己負担分が必要になる可能性もあります。

水漏れ修理は、原因によっては一般の方でも行なえますが、原因の追求から修理作業までをすべて行うとなると簡単ではありません。ひと目で原因がわからない場合や修理作業が難しいと感じた場合は、できるだけ早く水道修理業者に依頼しましょう。

プロのスタッフが在籍する水道修理業者は、一般の方では扱えない専門器具を用いて迅速に水漏れトラブルを解消できます。一定の費用は必要になりますが、放置した結果生じる修繕費や保険で賄うことのできない自己負担分が生じた場合と比べると、手頃な価格で適切に対処してもらえます。時間も費用も抑えることができるため、少しでも不安があれば水道修理業者に任せるのが安心です。

まとめ

水漏れによってさまざまな被害が生じた場合、金銭面の負担は火災保険や個人賠償責任保険でカバーできる可能性があります。水漏れが発生してからでは慌ててしまうため、事前に加入している保険の内容を確認しておきましょう。

水漏れ被害を最小限に食い止めるためには、熟練のスタッフが数多く在籍している弊社にお任せください。刈谷市や大府市など、県内全域で水道トラブルの解決にあたっています。24時間年中無休で対応していますので、夜中に発生したトラブルにも迅速に対処いたします。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315