電話して相談する

水のコラム

給湯器の水漏れのさまざまな原因と対処の仕方

2021年06月15日  給湯器の水漏れ

給湯器の水漏れの原因は?

お風呂や洗面所、キッチンで使う給湯器に不具合があると困るものです。給湯器の不具合でよくあるのは水漏れです。その原因として考えられることを主に3つ挙げてみます。

まずは長く使っていたことによる劣化です。使い始めてから7年以上たつと給湯器内部が劣化してくるために、不具合が起こりやすくなります。たとえば内部にあるパッキンが古くなったために破れてしまい、そこから水が漏れることもあるでしょう。

こうした劣化によって起こる水漏れのケースでは、壊れた部品を交換することでほとんどは解決できます。しかし、10年過ぎて使用している給湯器だと、多くの箇所での劣化が見られ、修理交換のみでは直るかどうかわかりません。寿命と考えて新しい給湯器に買い替える人は多いようです。

2つめに考えられるのは、凍結による膨張から起こる水漏れです。水は4℃以下になると膨張します。冬の寒さのために、配管内の水が氷って膨張すると配管が破裂します。その配管の裂けた部分から、溶けた氷が水になって漏れるのが水漏れなのです。

意外なことに、こうした凍結状態になるのは寒い地方でなく、比較的暖かいと言われている地方です。実は寒冷地域では、凍結対策が徹底しているので、水漏れによる不具合は起こりません。むしろ、暖かい地方に住んでいる人の方が対策設備を整えていないぶん、冬になり気温が下がってきたら、凍結による給湯器の水漏れに注意する必要があります。こうしたトラブルは、「凍結予防ヒーター」と「自動ポンプ運転」といった凍結対策機能を利用することで防げるでしょう。

また個々の事情で、冬に長く給湯器を放置していた場合でも、配管が凍結してしまうことがあります。長く留守することがわかっていれば、水抜き作業をしてから出かけましょう。水抜きの方法は、給湯器についている取り扱い説明書で確認してください。

3つめに考えられるのは取り付けをしたときに、配管の接続がきちんとできていなかったことに起因するものです。これは設置側のミスになります。多くは取り付けて間もなく起こる水漏れで発覚しますが、しばらくたってから発生する場合もあるので、注意が必要です。いずれにしても、分かった時点ですぐに設置側に連絡して対処してもらいましょう。

給湯器の水漏れを放置するのはNG

給湯器の水漏れがあったとき、放置しておいてはいけません。本体から水が漏れていることが多いので、そのままにしておくと集合住宅の場合は階下に水が流れてしまうことがあります。また内部でガスが不完全燃焼になっていることが考えられるため、放置すれば一酸化炭素が発生し、部屋の中までガスが充満します。

しかし、とくに臭いがしないために中にいる人は気付かない可能性が高いです。知らないうちに一酸化炭素中毒になり、最悪な場合は死に至るケースもあります。そうした最悪な事態にならないために、水漏れを発見したらすぐに止めてください。まず給湯器の運転をストップし、縦になっていたバルブを横にします。これで水が止まるので安心ですが、コンセントも抜いておくとさらに安全です。

給湯器の交換や修理について

最初に触れたように経年劣化の場合は、給湯器の交換をおすすめします。ただ、使い始めてから7~8年のものであれば、修理部品が保有されているので、直してもらえるかもしれません。給湯器には、生産終了になっても10年間部品をメーカーで保管しなければいけないという義務があります。

また凍結による水漏れの場合でも、給湯器は交換になります。たとえ新しい給湯器であっても、内部の配管が破裂して使えなくなっているからです。こうした凍結によって水漏れしたものを修理する場合は、たとえ保証期間内であっても、保証が効かず有料になってしまいます。

給湯器の修理代は?

給湯器の修理代はおよそ2万円から3万円ですが、故障具合によっても変わります。仮に修理依頼であっても、直せないような不具合であれば、交換をすすめられることがあります。メーカーに修理できるかどうか相談してみてください。

交換する際の費用の相場は?

交換する場合は商品によって価格が異なります。さまざまなタイプがあり、機能もそれぞれなので、自宅に合ったものを選びたいものです。追い焚き機能と省エネ性能で値段を見てみます。

追い焚き機能なしで省エネ性能が低いものだと13万~16万円くらい、省エネ機能の高いものは14万~17万円くらいです。またオートで省エネ性能が低いものは17万~20万円、省エネ性能が高いものは18万~22万円でしょう。さらにフルオートで省エネ性能が低いものだと18万~22万円、省エネ性能が高いものは19万~23万円です。

このように、追い焚き機能があるかないかで値段は変わります。追い焚き機能のあるものはオートといい、それだけでなく、自動足湯や追い焚き配管自動洗浄機能などが備わっているものをフルオートといいます。

給湯器の水漏れでお困りなら

あいち水道職人は豊田市、一宮市、岡崎市、春日井市、豊橋市、名古屋市など愛知県全般で、水漏れなどの水のトラブルに対処します。給湯器の水漏れのみでなく、トイレやキッチンなどのトラブルも解決する水回りのプロなので、お困りの際は頼りになります。どうぞお気軽にあいち水道職人にお問い合わせください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315