電話して相談する

水のコラム

水道は家の外にもあった方がいい?屋外に設置する水道のメリットや選び方

2021年08月13日  水道管

ガーデニングや家庭菜園をしている方にとって、屋外の水道は非常に便利で重要な存在です。しかし、それ以外にも屋外に水道を設置するメリットはあります。水道の種類によってメリットも異なりますので、種類ごとに特徴とあせて検討することが大切です。もし水道が屋外にない方は、この機会に水道の設置を考えてみてはどうでしょうか。

今回は屋外の水道についてご紹介いたします。メリットだけでなく、水道の種類についてもご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

屋外に設置できる水道の種類

屋外に設置できる水道は3種類あります。それぞれの特徴とあわせて、メリット・デメリットも見ていきましょう。

・立水栓
立水栓は、地面から給水するタイプの水道です。基本的には、柱と蛇口と水受けの3つで成り立っています。デザインも豊富なので、住宅や庭の雰囲気とあわせてエクステリアとして楽しむことも可能です。

<メリット>
立水栓のメリットは、何といってもその使いやすさです。蛇口をひねるだけで水が出る立水栓は、手を汚さずに使えます。また、地面から高い位置に蛇口があるので、バケツなど高さがあるものに水を入れることも可能です。立ったまま使えるので、足腰への負担も減らせるでしょう。蛇口が常に見えるので、水の出しっぱなしを防ぐこともできます。

<デメリット>
使い勝手のよい立水栓ですが、場所によっては邪魔になることもあります。柱だけでなく、水受けなどのスペースも必要だからです。おしゃれさだけを重視して庭の真ん中や通路に設置してしまうと、後々苦労する可能性もあるでしょう。また、柱や水受けが常に見える状態なので、家や庭の雰囲気とかけ離れたデザインだと見た目が悪くなってしまいます。

・散水栓
地面に埋め込むタイプの水道を散水栓と呼びます。散水栓ボックスという蓋つきの箱を地面の中に埋め込み、そこに蛇口を設置したものです。使用する際は、蛇口にホースをつなげて水を出します。

<メリット>
散水栓は、蓋をしておけば地面とフラットな状態になるので、設置しても邪魔になりません。排水を考える必要もなく、水道管さえあればどこでも設置できるのがメリットです。庭や玄関周りのスペースが狭い家庭でも設置できます。また、ボックスと蛇口を設置するだけなので、設置費用が比較的安いというのもメリットです。

<デメリット>
散水栓を使うにはホースが必要になります。付けっぱなしにはできないので、その都度ホースの取り外しをしなければならないのが難点です。また、蓋を開けて使わなければならず、蛇口も地面の下にあるので手が汚れます。手を洗うという目的で設置してもあまり意味がないでしょう。蓋をしてしまうと蛇口が見えないので、水の出しっぱなしに気付けないのもデメリットです。

・壁水栓
壁水栓は、壁の中から給水するタイプの水道です。外壁面から直接蛇口が出ているので、屋内の水道のような感覚で簡単に使うことができます。

<メリット>
壁水栓の最大のメリットは、ベランダにも設置できるということです。2階のベランダで水が使えれば、掃除の際に1階からホースを伸ばしてきたり、バケツに水を入れて持ってきたりする必要もなくなります。また、壁から蛇口が出ているだけなので省スペースで済みます。立水栓のように、手を汚さずに立ったまま使えるのもメリットです。

<デメリット>
壁水栓は壁に蛇口がくっついているタイプなので、使うたびに外壁に水が飛び散ります。水が飛ぶ範囲だけ汚れたり、劣化が早くなったりするというのがデメリットです。また、壁の中に配管を通すので、水漏れを起こした際に階下や建物の中に影響が及ぶ可能性もあります。

屋外に水道を設置する際のポイント

屋外の水道には、屋内とは違った注意点があります。特に、家を建てた後で増設を考えている場合は要チェックです。

・水道管が外にあるか
水道を通すには水道管が必要です。設置する前には、屋外に水道管があるのか、ある場合はどこにあるのかを確認しておきましょう。

これから家を建てる方は、「屋外に水道を設置したい」という希望を伝えておくのがおすすめです。設置場所が決まっていれば、あわせて伝えておきましょう。水道管だけでもあらかじめ通しておいてもらえば、水道を設置する際も水栓を取り付けるだけで済むので、工事も早く済み費用も抑えられるでしょう。

・設置する場所について
屋外の水道は、使う目的によって設置場所を決めるとよいでしょう。たとえば、洗車目的で使うならカーポート周辺に、玄関前の花壇に水やりをするなら玄関周辺に設置するのがおすすめです。

目的と違う場所に設置してしまうと、使うたびにホースを伸ばしたり、何度も往復したりしなければならず面倒です。しかし、使いやすい場所に設置すれば、そんな手間もありません。用途が多い場合は、一番頻度が高いところに設置したり、どこにでもホースを伸ばせる使い勝手がよい場所を選んだりするとよいでしょう。

・エクステリアとの調和
屋外の水道は見た目も重要です。特に立水栓の場合は、柱や水受けがそのままエクステリアの一部になります。庭や玄関の雰囲気と調和がとれているものを選びたいですね。レンガ調のもの、ステンレス製のシンプルなもの、陶器でできたレトロなものなど、立水栓はデザインが豊富です。カラーも選べるので、ご家庭にあったものを探してみましょう。水道を使う頻度が低い場合は、散水栓にして隠してしまうというのも1つの方法です。

・排水について
水道を設置する際は、水道管だけでなく排水も考えなければなりません。ここで重要になるのは、汚水桝(おすいます)や雨水桝(あまみずます)がどこにあるのかです。この2つは、生活排水や雨水を溜めて下水道に流してくれる役目を持っているもので、家を建てる際に適切な場所に作られています。

屋外の水道の場合も、排水は汚水桝や雨水桝に流れていきます。つまり、これらの場所によっては水道の設置場所が限定されてしまう可能性があるということです。無視して設置すると水道周りが常に水浸しになってしまい、衛生的にもよくありません。水道管とあわせて、必ず確認しておきましょう。

・水受けについて
立水栓や壁水栓の場合は水受けが必要です。水受けは用途によって高さを選ぶとよいでしょう。高さは大きく分けて2種類あります。

腰より高い位置の水受けは、立ったまま使えます。手洗いをしたり、野菜を洗ったりするのに便利です。水受けが低いタイプであれば、足をきれいにしたり、重くて大きなサイズのものを洗ったりできます。蛇口の位置も低くすれば、水が飛び散る心配もありません。

高さだけでなく、大きさや形も重要です。直接ものを置いて洗いたいなら、サイズが大きくて底が平らな水受けがよいでしょう。手を洗うだけなら、サイズが小さくて丸いデザインのものでもよいですね。エクステリアとしての役割も考えながら、使いやすいものを選びましょう。



・個数について
利用目的が多い場合は、立水栓の中でも蛇口が2つあるタイプを選ぶのがおすすめです。そうすれば、ホースを付けっぱなしにすることもできます。片方で洗車や花壇の水やりをしながら、もう片方で手を洗うことも可能です。蛇口の高さを変えれば、さらに幅広い用途に使えるでしょう。

また、メインの水道は立水栓にし、頻度が少ない場所には散水栓を設置するという方法もあります。屋外の水道は1つしか設置してはいけないというわけではありません。スペースや用途、予算にあわせて個数を考えてみましょう。

・地域の特徴について考える
屋外の水道は気温や環境の影響を受けやすいのが難点です。特に、豪雪地帯や冬場の気温が低くなる地域は注意してください。散水栓は、雪が積もると埋もれて使えなくなってしまいます。豪雪地帯で散水栓を設置するのであれば、屋根のある場所を選ぶようにしましょう。

立水栓は配管が地面の上に出ているので、凍結の可能性があります。気温が氷点下になる地域では、凍結防止のために不凍栓を付けるようにしましょう。凝ったデザインの立水栓は不凍栓が付けられない場合もあるので注意してください。また、治安が良くない地域や道路に近い住宅では、いたずら防止機能として、勝手に水を出せない仕組みになっている水栓なども候補に入れてみてください。

・掃除のしやすさ
屋外の水道は汚れも溜まりやすいです。特に水受けには、土や枯れ葉などのゴミが溜まりやすく、放っておくと排水溝が詰まってしまいます。快適に使用するためには、定期的なお手入れが必要です。

お手入れを楽にするためには、なるべく掃除がしやすいデザインを選びましょう。凝ったデザインの立水栓はお手入れがしにくいので、掃除があまり得意でない方には不向きです。せっかくおしゃれなデザインにしても、見た目が汚れていたら意味がありません。エクステリアでもある屋外の水道なので、なるべくきれいに保ちたいですね。

DIYでも立水栓を設置することはできる?



費用を抑えるためにDIYを考えている方もいるでしょう。しかし、水道に関わるDIYの中には勝手に行うことが禁止されているものもあります。屋外に水道を設置する前に、きちんと確認しておきましょう。

・DIYで行えることと行えないこと
DIYで「行えること」と「行えないこと」をそれぞれ見ていきます。

<行えること>
すでに設置されている蛇口の交換や修理を行ったり、水栓柱の交換を行なったりすることは可能です。また、既存の蛇口に取り外しができるホースを繋ぐことも問題ありません。基本的には、既存の蛇口から先の工事は可能で、蛇口より手前の配管の工事は不可能だと考えてください。

<行えないこと>
公共の水道管から分岐させて給水経路を確保する工事は個人でやってはいけません。また、公共の下水道管へ排水するための経路を確保する工事も禁止されています。なぜなら公共の上下水道に関わる工事を行うためには国家資格が必要で、さらに指定給水装置工事事業者でなければならないからです。DIYで行うと条例違反となるので、注意してください。

・判断は自治体に確認すること
どこまでをDIYで行なってよいのか判断できない場合は、自治体に確認を取りましょう。水道のデザインによっては、どこまでが配管でどこまでが蛇口なのか分かりづらいものもあります。DIYの許容範囲は自治体によって判断が分かれるので、安心して工事を行うためにも自己判断は避けた方がよいでしょう。

・安全に設置するなら業者に依頼しよう
立水栓を設置したいなら、なるべく業者に依頼しましょう。水道の工事はプロでも難しいものです。接続がうまくいかなかったり、部品を間違えてしまったりすると、水漏れを起こす可能性もあります。「安く済むから」という理由でDIYを選んだにもかかわらず、何度もやり直しをして部品を買い足していては意味がありません。

安全に確実に工事をするなら、業者に依頼するのがおすすめです。費用がかかったとしても、満足できる仕上がりが期待できるでしょう。散水栓から立水栓へのリフォームや、移設・増設を考えている場合も、業者に相談してみてください。

・依頼する場合は水道局指定業者がおすすめ!
屋外に水道を設置する場合は、水道局や自治体が指定した業者に依頼しましょう。公的な機関から認められているということは、それだけ安心で適切な工事を行なってくれるという証拠でもあります。ただし、これはあくまで最低基準です。見積もりの内容やスタッフの態度を見た上で業者を選ぶようにしてください。HPに掲載されている施工実績や施工写真などを参考にするのもよいでしょう。

まとめ

屋外に設置する水道にはさまざまなタイプがあります。用途や環境にあった最適な水道を設置して、屋外での時間を楽しく快適なものにしましょう。また、設置する際はDIYもできますが、必要に応じて業者への依頼も検討しましょう。

愛知県で水道に関するお問い合わせなら、あいち水道職人にお任せください。屋外の水道の設置に関しましても、対応させていただきます。まずはお気軽にご連絡ください、

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315