電話して相談する

水のコラム

水道管が凍結!やってはいけないことと防止法

2020年12月31日  水道管

寒い季節に悩まされるのが水道管の凍結です。給湯器を使っていたり、洗面所やトイレが北向きにあるお住まいの方には特に注意が必要です。もし水道管が凍結してしまったとき、対処法を間違えると最悪の場合蛇口が破裂します。

この記事では水道管が凍結しても蛇口を破裂させないための対処法、冬場の水道管の凍結防止法などを解説します。

水道管はなぜ凍ってしまうのか

日本で水道管が凍結するのは冬です。当たり前のようですが、気温の下がる冬場は水道管の凍結が発生しやすくなります。同じ日でも本当に水道管が凍ってしまうかどうかは地域や環境によって変わりますので、水道管が凍る条件をチェックしておきましょう。
水道管が凍結しやすくなる条件は以下です。

・気温がマイナス4℃以下になったとき
・水道管が凍結しやすい場所にあったとき

つまり、気温の低い日に凍りやすい所にある水道管が凍結しやすいのです。順番に解説します。
最初に気温ですが、マイナス4℃を下回ると水道管が凍ったり蛇口が破裂しやすくなります。多くの地域では気温がマイナス4℃を下回るような日は天気予報で低温注意報が出ます。低温注意報は水道管凍結や蛇口破裂による著しい被害が懸念される日に出ますので、発表されたら注意してください。

次に、水道管が凍結しやすい場所です。戸内にある水道管よりも戸外の水道管が凍結しやすくなります。戸外でも特に、北向きの日陰に散水栓や湯沸かし器の元栓があると凍結しやすいです。寒い季節はそうした場所に配管がないかどうか確認してみてください。
家の中でも、洗面所やトイレなどの水まわりが北向きに位置していると室温が低くなるため凍結の危険があります。 あまり使っていない蛇口には特に注意が必要です。

最後に、むき出しになっている水道管はとても凍りやすくなります。 蛇口自体は家の中にあってもガス給湯器の配管など外の配管が凍ってしまう恐れがありますので、凍結する前に対策しておきましょう。

水道管の凍結を防止するために

水道管の凍結や蛇口の破裂は条件が揃うとどこの地域でも発生します。例年近くの家で水道が凍結しているような方は早めに防止する方法を試しておくべきでしょう。
水道管の凍結を防止するための方法は次の3つです。

①保温材を巻きつける
むき出しの配管でも保温材を取り付けておくと凍結の危険性が減ります。保温材には発泡スチロール製のものなどがあります。また、電気式の凍結防止帯も市販されています。自分で取り付ける場合はホームセンターなどで探してみましょう。凍結防止のためのヒーターにはより高い効果があります。

自宅で保温材を取り付けるのが難しい場合、有料となりますが業者で対応できます。専門の業者にご相談ください。また、保温材は古くなると効果が薄れていきます。表面がボロボロになったりしている場合は新しい保温材に取り替えてください。

②少量の水を出しっぱなしにする
水道管が凍結してしまうのは気温がグッと下がる夜間が多いです。凍結の恐れがある日は、寝る前に蛇口の水を少しだけ出しっぱなしにしておきましょう。水がポタポタと滴り落ちるくらいでは効果がありませんので、鉛筆の芯程度の太さにした水を出し続けます。こうしておくと水道管の中にたまった水が凍結せずに済みます。家族に水漏れと勘違いされないように注意しましょう。

同様に、水抜きも行います。水抜きができるタイプの蛇口がある場合、中にたまっている水を抜く操作ができます。蛇口の形状によって異なりますが、基本的には上部にあるバルブを一度閉めた後、蛇口を開ければ中の水が抜けます。夜になって気温が下がる前にやっておきましょう。

③一晩追い焚きにする
家の外にあるお風呂用の給湯器やボイラー周辺の配管が凍ってしまわないための対策です。蛇口から出たお湯を張る浴槽ではできない方法なのでご注意ください。
お風呂の温度を35℃前後に設定し、浴槽に循環口よりもやや高い水位までの水を張って一晩中追い焚きにしておきます。

種火のないタイプの給湯器をお使いの場合、リモコンの電源を入れておけば外の気温が下がった際に自動で凍結防止ヒーターが稼働することもあります。その際は電源さえ入れておけば大丈夫です。お使いの給湯器に合わせた対策を行なってください。

凍結や破裂してしまったときの対処は?

もし水道管が凍ってしまったときはどのような対処をすればよいのでしょうか。やってしまいがちなのが直接熱湯をかける行為です。
凍結した水道管や蛇口はデリケートですから、急に熱湯をかけると温度差で破裂する可能性があります。お湯をかける際は凍ってしまっている部分にタオルを巻いて、上から50℃程度のお湯をかけるようにします。そうすると凍っていた水が溶けていきますので、お湯を沸かしたら一度冷ましてから使うようにしましょう。

お湯を使わない方法もあります。家の中の蛇口が凍ってしまったようなときは、暖房を入れて部屋を暖めてみましょう。ゆっくりですが氷が溶けていきます。急ぐ場合はドライヤーの温風を当てたり、カイロを当てたりするのも効果的です。
水道管や蛇口の破裂を防ぐ場合は急いで解凍しないように気をつけましょう。

水道管が破裂してしまった場合は、急いで水道メーターボックスを開けます。その中に元栓があるので、全開にします。
回す部分がオレンジ色の元栓の場合、完全に元栓を開かないと水が吹き出てしまいますので絶対に全開にしましょう。水を止めたら速やかに業者にご連絡ください。

メーターボックスが見つからなくて元栓が閉められない場合は、破裂した箇所に丈夫な布やテープを巻いて応急手当とします。万が一の事態に備えてメーターボックスの位置は確認しておきましょう。

解決しなければあいち水道職人へ

もし蛇口が破裂してしまったような場合は、個人の力で直すのは困難です。自力で対処できない水のトラブルに遭遇したら、業者にご連絡ください。
清須市の他、知多市、瀬戸市、江南市など愛知全域で水まわりのトラブルはお気軽に問い合わせてください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315