電話して相談する

水のコラム

洗面所つまりを自分で直す方法と注意点

2019年08月29日  洗面所


洗面所は、常に清潔感が求められる場所です。排水管がつまり、水が流れなくなるのは好ましくありません。深刻な事態を避けるには、はやめの対処や日頃の対策が大切です。今回は洗面所つまりの主な原因や場所、自分で解決する方法や予防策をご紹介しますので、洗面所がつまった際、早期解決するための参考にしてください。

つまりの原因・場所を特定

洗面所がつまった際、まず確認したいのがトラブルの原因と発生場所です。どこに何がつまりやすいか理解しておくと、手早く原因・場所を特定するのに役立ちます。

・洗面所つまりの代表的な原因
洗面所つまりの主な原因は、髪の毛です。洗面所では、起床時や夜のシャンプーの後に髪をセットする機会が少なくありません。ドライヤーを使ったときには、たくさんの髪が抜け落ちます。多くの家庭ではそのまま回収せず排水口に流してしまい、つまりトラブルに見舞われています。

石鹸カスや小物類も、よく見られる原因です。石鹸カスは、ぬめりとなって排水管に付着します。そこに髪の毛や各種の汚れが絡まり続けると、やがて排水管をつまらせます。うっかりアクセサリーなどの小物類を落とした場合も、排水管に引っかかり水路をふさぐ恐れがあるため注意が必要です。

・洗面所でつまりやすい場所
洗面所でつまりやすい場所は、主にヘアキャッチャーと排水トラップの2カ所です。ヘアキャッチャーはゴミ受けとして排水口の上部に備えつけられており、お手入れしないまま長く使っていると多量の髪や石鹸カスが蓄積するため水の流れを悪くします。

排水トラップは、洗面台の下にある、大きくカーブした排水管です。多くはS字やP字を呈しており、排水したとき常に一定量の水が保持される仕組みで、下水道からの臭いの逆流や屋外の虫の侵入を防ぎます。この部分で、水は上下に動かなければなりません。自然と水の勢いは弱まるため、異物が混ざっていると排水トラップにたまるケースが少なくありません。

洗面所つまりの直し方

洗面所つまりの直し方は、原因や発生場所ごとに異なります。自分で直す場合、症状に応じた方法で対処する必要があります。

・ヘアキャッチャーに蓄積したゴミ
ヘアキャッチャーに蓄積したゴミは、きれいに取り除いてください。排水口から取り外せるタイプであれば、分解して掃除します。絡みついた髪の毛は回収し、石鹸カスや小さなゴミを除去したらヘアキャッチャー本体を歯ブラシやスポンジで洗います。表面のぬめりを落とし、水の流れが改善したら作業完了です。

・排水トラップにたまった異物
ヘアキャッチャーを清掃しても症状が変わらない場合、排水トラップに異物がたまっているかもしれません。トラップ部分を分解し、異物の有無を確認してください。接続部分のナットやネジを緩めると、排水トラップを取り外せます。たいてい排水管に残っている水が出てくるので、下にバケツを置いておきましょう。異物があれば取り出し、汚れを歯ブラシや割りばしで落とします。排水管を元に戻し、水を流しても問題なければ終了です。

・手間をかけずにつまりを解消できる便利アイテム
時間的に余裕がない場合、ラバーカップやワイヤーブラシが役立ちます。排水口付近の軽いつまりには、ラバーカップが有効です。カップを排水口に密着させ力強く引くと、つまりの原因を取り除ける場合があります。やや奥のほうのトラブルには、ワイヤーブラシが効果的です。排水口からワイヤーを挿入し、回転あるいは押し引きすれば先端のブラシで汚れを落とせます。忙しいときには、これらのアイテムも活用してみてください。

日ごろから予防すれば怖くない!

普段から洗面所をお手入れしていれば、つまりトラブルは怖くありません。予防策としては、重曹・お酢や液体パイプクリーナーを使った清掃がおすすめです。

・重曹・お酢を使った清掃
お酢に含まれるクエン酸には、水垢やカルキ成分を分解する機能があります。重曹に混ぜると、分解力は強まります。日頃の清掃時、重曹とお酢を組み合わせて使えば汚れを落としやすくなるわけです。各々の割合は、「重曹2:お酢1:お湯2」です。最初に重曹をかけ、少し待ってからお酢とお湯を入れると泡立ちながら汚れを除去します。クエン酸は、雑菌の繁殖や悪臭を抑える効果も期待できます。

・液体パイプクリーナーの使用法
液体パイプクリーナーは、通常のぬめりや汚れを落とすのに効果のある洗浄剤です。いくつか種類は見られますが、成分に大きな違いはありません。液体を排水口から注ぎ、30分~1時間くらい放置したら水を流してください。頑固な汚れでなければ、髪の毛やぬめりを簡単に洗い落とせます。使用するペースは、1~2週間に一度です。重度のつまりには使えませんが、深刻化する前の予防策としては十分な効果を見込めます。

・厄介な汚れやつまりは業者に相談
洗面所の汚れやつまりは、簡単に解決できるとは限りません。しつこい汚れや重度のつまり症状に見舞われたら、業者に相談するのが確実です。弊社では、どんなお悩みも丁寧にうかがいます。年中無休ですので、突然のトラブルでも曜日や時間帯に関係なく対応可能です。依頼があれば30分~1時間ほどで現場に急行しますので、緊急の際には遠慮なくご連絡ください。

まとめ

洗面所がつまった場合、ヘアキャッチャーと排水トラップに問題がないかチェックしてください。髪の毛や汚れがたまっていたら、器具の分解・清掃が望まれます。まだ軽症のうちなら、ラバーカップやワイヤーブラシによる対処だけでも解決することがあります。重症化すると手に負えなくなるので、日頃のメンテナンスは忘れないでください。なかなか解決が見込めないときは、専門業者に相談することをおすすめします。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315