電話して相談する

水のコラム

洗濯機の周りに水が!洗濯機の水漏れは自分で治せる?

2021年02月04日  洗濯機

洗濯機の周辺が水浸しになっていた場合、洗濯機からの水漏れが考えられますよね。原因にはいろいろなものがあります。自分で対処できるものであれば対処したいところですが、自分ではどうにもならないことも。
まずは、原因を調べて、その対処を考えましょう。

原因を調べよう

洗濯機は、水回りの中でもお風呂に続いて大量の水を使用します。そこで水漏れが発生すると、原因箇所によっては知らないうちに水道料金がかさんでしまうことになります。
また、洗濯機の洗濯槽から水が漏れていた場合、きちんと洗濯できなくなることも考えられます。
まずは、どこから水漏れが起きているのかを調べてみましょう。洗濯機の水漏れの原因となる箇所には、大きく以下のものがあります。

・蛇口
洗濯機に水を引き込むために蛇口です。蛇口自体のナットのゆるみやゴムパッキンに異常がある場合、そこから水漏れが発生します。

・ニップル
洗濯機に水を引き込むための給水ホースを蛇口に接続するための部品です。パッキンを使用して蛇口にナットで締め付けるのですが、このナットが緩んでいたり、パッキンが劣化していると、そこから水漏れが発生します。

・排水ホース
洗濯機からの排水に使用するホースで、接続箇所が変形していたり、ホースに亀裂が入っていたり穴が開いているとそこから水漏れが発生します。延長ホースを接続している場合は、接続部分を確認しましょう。

・排水エルボと排水溝の間
排水エルボは洗濯パンに取り付けられた排水管と排水ホースをつなぐためのL字型をした部品です。垂直な排水管と水平な排水ホースを接続するとホースが変形してつぶれてしまうため、L字型の排水エルボを使用しています。
ここで水漏れが発生している場合、ほとんどは排水ホースや排水溝が詰まっているために起こります。

・洗濯機
他に水漏れの原因が特定できない場合、洗濯機そのものが故障していることも考えられます。
本体の故障に関しては、自分で修理することはまず不可能なので、メーカーや購入店のサポートを依頼する必要があります。

自分でできる対処法

洗濯機周辺の水漏れの場合、原因さえ特定できれば自分で対処することが可能なものも多くあります。原因箇所ごとに対処法を紹介します。

・蛇口
ナットがゆるんでいる場合は、増し締めを行うことで水漏れは解消されます。
ゴムパッキンに問題がある場合は、ゴムパッキンを新しいものと交換します。ゴムパッキンは10年ほどで寿命を迎え、徐々に劣化していきます。作業をする際は、水道の元栓は閉めておきましょう。

・ニップル
蛇口と同様にナットのゆるみは増し締めを行います。また、パッキンも劣化しているようであれば、新品と交換しましょう。ニップル自体に問題がある場合、ニップルごと新品と交換します。

・排水ホース
排水ホースはナットなどで固定しているわけではなく、金属製のクリップで固定されており、簡単に外すことができます。接続部分が変形していたり、ホースが劣化しているようであれば、排水ホースを新品と交換します。延長ホースを使用している場合も同様ですが、接続部分がゆるんでいる場合は、きちんと接続しなおします。
また、ホースが傷んでいる場合は、補修用のテープなどで応急書処置をすることも可能です。

・排水エルボと排水溝の間
排水ホースや排水溝が詰まっていることが原因ですから、排水ホースや排水溝を掃除することで水漏れは解消されます。
洗濯機からの排水にはどうしてもごみや汚れが混ざってしまうため、それらが蓄積することで詰まりの原因となってしまいます。定期的な掃除を行うことで、詰まりの予防をすることができます。
排水溝の蓋や排水エルボは特別な工具を必要とせず、分解・組み立てが可能なので、分解して掃除をします。排水エルボや排水溝の掃除には歯ブラシが便利です。使い終わった歯ブラシを掃除用に用意しておきましょう。
また、ホースを外す際は内部に残った水が流れ出てしまうことがあるため、外したホースの先端はバケツの中など、水がでても問題がないようにしておきましょう。

年に一度は点検と掃除を

洗濯機や給水部分に関しては、そのまま掃除をすることができますが、排水周りは、洗濯機が邪魔になってしまい、まめに掃除をすることは難しいです。
しかし、水漏れで困ってしまう前に、年末の大掃除のタイミングで掃除をしておきましょう。
排水トラップなども掃除をすることで、水回りの異臭も対策できます。
掃除をすることで、水漏れが起きる前に排水ホースの異常なども発見することができます。
掃除のタイミングで点検を行えば、水漏れを事前に防ぐことも可能になるのです。

特に、集合住宅などの場合、あふれた水で階下の方に迷惑をかけてしまうこともあるので、水漏れをさせないことも大切です。

また、あふれた水で床板にダメージが及んでしまうと、単なる水漏れの対処だけでは済まなくなってしまうこともあるので、掃除をしながらしっかりと確認をしておきましょう。
給水部に関しては、ナットの増し締めなども行っておきましょう。

原因不明のときは業者に相談しよう

原因さえ特定できれば、自分での対処も可能ですが、調べても原因が特定できないこともあります。その場合は、水回り専門の行業者に相談すれば、素早く対処してくれます。

あいち水道職人は安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、豊田市など、愛知県の全エリアでも水回りのトラブルに対応が可能です。
原因が不明な場合、また、原因が分かっても自分では対処できない場合は、是非、あいち水道職人に相談してください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315