電話して相談する

水のコラム

キッチンの蛇口に関する水漏れトラブル

2021年05月14日  キッチンのトラブル

水漏れを発見したら

床に覚えの無い水漏れを発見したら、まずは床のフローリングが傷まないうちにタオルで拭き取るなどして対処しましょう。その後は水漏れの原因箇所を探してください。今回はキッチン下での水漏れを発見し、そうしてその原因が蛇口からのものであった場合の対応などをいくつかお伝えします。

蛇口(止水栓の緩み)が原因での水漏れ

ポタポタと垂れる程度の水漏れで床まで濡れてしまうケースは稀ですが、万が一そのような状態の蛇口しか原因が見つからなかった場合、蛇口につながる止水栓を確認してみましょう。

キッチンの蛇口は基本的にシンクの真下に二つ、あるいは一つあります。止水栓は各蛇口にそれぞれあるものですから、キッチンの止水栓に問題があっても他の蛇口に影響はないので安心してください。止水栓はハンドルを回すことで調整できる「ハンドル式」が採用されていることがほとんどですが、マイナスドライバーなどの工具によってのみ調節することの「アングル型」や「ストレート型」というタイプも存在します。

「ハンドル式」だった場合、止水栓の調節は簡単です。蛇口を扱うのと同じように緩めたり締めたりして水の加減を確認しながら、適切な加減に調節してください。

もしご家庭の止水栓がハンドル式ではなかった場合、蛇口の真下にコップやバケツを置く、水漏れしていた場所にタオルを敷くなどの応急処置を行ったあとでホームセンターなどへ買い求めに行きましょう。その際は実際に止水栓の写真をアップで、撮影しておくことをおすすめします。マイナスドライバーにもサイズなどの種類があるため、止水栓を固定しているネジの大きさに対して大き過ぎても小さ過ぎても、結果的にご自身が苦労することになってしまいます。

実際に撮影した写真と見比べて確認し、分からないようであればホームセンターの店員に意見を聞くなどして、適切なサイズのマイナスドライバーをお買い求めください。その後は止水栓の調節を「ハンドル式」の場合と同様に行いましょう。

蛇口(パーツの破損)が原因での水漏れ

パーツが破損する原因の多くは「経年劣化」です。破損したパーツの交換は多様な工具を必要とし、手順も複雑なものとなります。素人が自力で交換、修理に挑戦するのはさらなる水漏れトラブルの発生につながる危険性もあるためおすすめしません。水漏れしている場所の特定を行うことで、スムーズに状況を修理業者に伝えられ、適切な修理が行われるでしょう。

パーツの破損によって水漏れが考えられる箇所は、・蛇口パイプの先端・ハンドルの根元・蛇口と取り付け口の隙間などが挙げられます。基本的にこの3箇所が蛇口のパーツ破損によって水漏れが発生しやすいポイントです。修理業者へ依頼する際は、水漏れしている場所と漏れ出る量などをお伝えください。また、もし蛇口パイプからの水漏れ修理を依頼する場合に、ご家庭の蛇口がシングルレバー水栓(一つのハンドルで温水、冷水を切り替えられるもの)であったなら、そのことも合わせて修理業者へ伝えましょう。

蛇口の水漏れ箇所が特定できなかったら

目で見て確認できる水漏れ箇所が見当たらない、何が原因か分からない。そういった場合は業者に連絡をして、状況も含めて伝えてください。近年はセンサー式など多様な蛇口が、採用されていることも多くなってきました。仮にご自身で修理される場合でも、そのような特殊な蛇口からの水漏れは、修理業者へ依頼するのが最も確実です。

蛇口からの水漏れ予防、早期発見

経年劣化によるパーツの破損はどうしようもないできないものですが、日頃の扱い方次第で劣化を抑えることは可能です。例を一つ挙げるならば「蛇口のレバー(ハンドル)を強く締め過ぎないこと」でしょう。蛇口からの水漏れ、その原因の中で最も多いのは「パッキン」という蛇口や配管などの接続部分に取り付けられている、ゴム製の部品が摩耗することによって発生するものです。水が垂れ落ちない状態まで締めたあとは、それ以上無理に締める必要はありません。

水漏れの早期発見は実際に目で見て発見するのが確実です。ちょっとした水滴の垂れ落ち程度ならば大きな変化はないでしょうが、もしパーツの破損や故障などが原因の水漏れであれば水道料金が増えていきます。生活に使う水道の量は炊事、洗濯、入浴等……何かしら大量に使用しない限り、基本的には一定のものです。

家族が増えるなどの心当たりが無いのに水道料金が増えていた場合、認識していない水漏れが起こっている可能性があります。小まめに水道料金を見比べるなどして、水漏れの早期発見につなげましょう。

あいち水道職人では、豊田市の他、津島市、碧南市、常滑市、蒲郡市など愛媛県全域でキッチンをはじめとした水まわりのトラブルの解消に尽力しています。お客様からお電話一本でスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応いたします。水漏れやつまりなどでお困りであれば、ぜひ当社にご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315