電話して相談する

水のコラム

お風呂場に発生する赤カビは重曹でスッキリ落とせる!

2021年06月05日  お風呂のメンテナンス

お風呂場で発生する厄介な汚れの1つに、ピンクヌメリとも呼ばれる赤カビがあります。洗い場の床や壁など、あちこちにピンク色のぬめりが出てきて、取り除いてもまたすぐ発生してしまいます。今回は、そんな赤カビを撃退する方法と、赤カビを発生させない予防策を紹介します。

赤カビの駆除には重曹がおすすめ

お風呂場で見られる赤カビの正体は酵母の一種です。黒カビとは違い、奥深くまで根を張って黒ずみになることはありませんが、繰り返し再発するのが特徴です。そんな赤カビの駆除に活躍するのが“重曹”です。菌の働きを抑制し、粉末のまま汚れに絡まってかき出すことができます。また、重曹は天然由来の成分なので、肌に直接触れるお風呂場でも安心・安全に使用できます。

・赤カビの基本的な落とし方
お風呂場の赤カビを駆除するには、重曹を水に溶かしたりペースト状にしたりする必要がなく、粉末のまま使えば良いので手間もかかりません。それでは、赤カビの基本的な落とし方を紹介します。

1.赤カビの周りをシャワーで軽く濡らして湿らせます。
2.粉末状の重曹を赤カビに振りかけます。重曹の量は、赤カビをうっすらと覆う程度で良いです。
3.浴室用スポンジで赤カビをこすり落とします。重曹の研磨作用で赤カビを剥がし落としてくれます。
4.シャワーで十分に洗い流したら完了です。

壁に発生した赤カビを取り除くには、スポンジに重曹をかけてからこすり洗いしましょう。汚れがひどい場合は、重曹に水を少量加えてペースト状にした重曹ペーストを塗ると効果的です。

赤カビの予防方法

赤カビには重曹を使えばきれいに落とすことができますが、徹底的に駆除しないと再発してしまいます。そのため、普段から除菌効果のある掃除方法を行って、赤カビの発生を防ぐことが大切です。重曹を沸騰させることで赤カビを予防することができるので、次の方法を参考にして、赤カビが発生しない環境を整えましょう。

1.鍋に水500mlと重曹小さじ3杯入れて沸騰させます。
2.沸騰したら火を止めて、そのまま1時間程度放置します。
3.冷めたらスプレーボトルに入れます。
4.赤カビが生えやすそうな場所にスプレーを広めに吹きかけて、15分程度放置します。
5.スポンジで汚れを軽くこすり、シャワーで洗い流したら完了です。

重曹は熱を加えると成分が変化する特徴があり、アルカリ度が高まります。赤カビはアルカリ性の環境では生きられないので、除菌効果が期待できるということです。この重曹沸騰水を作り置きしてお風呂場の近くに用意しておくと、いつでも気づいた時に除菌掃除ができます。保存期間は約1ヶ月なので、それくらいで使い切れる量を作っておきましょう。

赤カビの予防には換気が重要

重曹沸騰水でこまめに掃除することで除菌効果が得られますが、それで絶対に再発しないとは言いきれません。赤カビは水分だけで繁殖してしまうので、発生させないためには、水分を残さないことです。そのため、普段からお風呂場の水分を残さない工夫をすることが大切です。ここで紹介するのは、それほど手間のかかる方法ではないので、毎日の習慣として取り組みましょう。

・十分に換気する
最も簡単なのが、換気扇を回して乾燥させる方法です。赤カビは水分だけで繁殖できるので、お風呂場を十分に乾かせば繁殖を防ぐことができます。できるだけ、24時間換気扇を回しっぱなしにしておきましょう。

・熱いお湯で死滅させる
赤カビは熱に弱いという性質があり、熱湯をかけると死滅します。ただし、あまり熱いお湯を使うと火傷する恐れがあります。45度以上のお湯なら退治できるので、シャワーから出る熱いお湯で火傷に気をつけながら、お風呂場全体にかけましょう。

・水気を十分に拭き取る
お風呂を使ったらお風呂場全体の水分をしっかり拭き取っておくのも効果的です。入浴後に体を拭いたタオルを使えば一石二鳥です。しかし、体を拭くタオルと掃除のタオルを同じにすることに抵抗を感じる方もいるかもしれません。その場合は、掃除用のタオルを用意して、すぐに使えるようにしておくと良いでしょう。

赤カビ駆除には天井の掃除も必要

手の届かない場所なので掃除しづらいですが、天井はお風呂に発生するカビの原因にもなる場所です。カビというとピンク色のヌルヌルとした赤カビや、黒いポツポツができる黒カビの印象がありますが、それらのカビに発展する前の原因菌は目で確認することができません。見た目はきれいな天井でも、カビの原因菌でいっぱいになっており、カビの胞子をまき散らしていることもあるのです。

天井も重曹が使えれば効果的ですが、高い場所で危険ですし重曹が垂れてくることもあり、掃除が大変になってしまいます。そこでおすすめなのが、防カビ剤です。煙によって防カビ成分を天井や換気扇まで飛ばすことができ、高い除菌効果が期待できるものもあります。その効果は2ヶ月程度続くとされ、定期的に使うことで手間なく清潔な浴室を保つことができます。

困った時はあいち水道職人へ

お風呂場に発生する厄介な赤カビも、重曹を用意しておけば手間なく効率的にきれいに落とすことができます。また、日頃から赤カビの予防法に取り組み、定期的に防カビ剤を利用することで、いつもきれいなお風呂を保つことができます。ただ、排水口にカビが発生すると悪臭の原因になり、簡単には取り除けないので、専門業者に相談することをおすすめします。

あいち水道職人は、常滑市や蒲郡市、稲沢市、愛知郡、額田郡など愛知県内全域の水回りのトラブルに対応しています。24時間体制で電話受付を行っており、365日年中無休で愛知県内のお客様のもとへいつでも駆けつけます。少しでもお困りのことがございましたら、あいち水道職人へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315