電話して相談する

水のコラム

排水管修理にかかる費用は?原因別に相場を解説!

2018年09月12日  つまりのトラブル

排水管修理にかかる費用は?原因別に相場を解説!
排水管に異常が見つかった場合は、一般の方では修理することが難しいため、プロの業者に修理を依頼する必要があります。その時に、かかる費用はどれくらいなのでしょうか。

原因別にかかる費用の相場を紹介していくので、排水管修理を検討している方は、参考にしてみてください。

排水管つまりにかかる費用

まず排水管は、髪の毛やゴミが溜まることで、つまりが発生しやすい場所です。そのため、水量が弱くなったり、水漏れが発生することに繋がることが考えられます。また、排水管であるため、水漏れが発生すると悪臭の原因になってしまうこともあるでしょう。

日頃から他の部分を綺麗にしていても、排水管までは綺麗にすることが少ないため、徐々につまりは発生していきやすい環境になります。

そんな排水管のつまりを改善するためには、「高圧洗浄」か「トーラー機」が使われるのが一般的です。

それぞれの費用がどれくらいかかるのか、相場を紹介していきます。

・高圧洗浄機の費用相場

3m以内の高圧洗浄での排水管修理は、およそ40,000円かかるのが一般的な費用相場です。内訳としては、基本料金が5,000円で作業費が35,000円となります。

・トーラー機の費用相場

3m以内のトーラー機での排水管修理は、およそ20,000円かかるのが一般的な費用相場です。内訳は基本料金が5,000円で、作業費が15,000円となります。

そこから、3mを超える排水管修理であれば、1m増える度におよそ2,000円の追加費用がかかるでしょう。

状況や業者によっては金額が異なるケースがあるので、あくまえ費用相場の参考としてください。

排水管の水漏れにかかる費用

排水管の水漏れは、パッキンの劣化や破損、老朽化によるひび、接合部分のナットが緩みことで引き起こされることがあります。

パッキンの交換といった簡単な水漏れ原因であれば、個人でも修理することはできますが、排水管が破損して水漏れが発生している場合は、原因特定に時間がかかり、排水管自体を新品のものに交換しないといけないケースもあるので、費用が高くなることが多いので注意が必要です。

排水管の水漏れに関する費用はどれくらいなのか、紹介していきます。

・調整作業のみの場合

軽度な水漏れだけで、大規模な修理を必要としない場合は、8,000円が相場です。内訳は基本料金が4,000円で、作業費が4,000円になります。

・交換部品が必要な場合

劣化や破損により交換が必要な場合は、部品や種類によって金額が異なります。相場は8,000です。内訳は基本料金4,000円で、作業費が4,000円になります。

パッキンやカートリッジといった少額なものでも8,000円がかかるのは、交換した際にしっかり補修することもあり、金額的には材料費よりも少し高く設定されているのが特徴です。

自分で直す手間を考えると、安い金額といえるでしょう。

排水管の部品取り付けや交換にかかる費用

排水管の水漏れには、いくつか種類があり、部品の取り付けや交換にかかる費用が発生することがあります。中には排水栓から水漏れが発生してしまう恐れがあるので、どんな部品に費用がかかることがあるのか、詳しく解説していきましょう。

・排水栓からの水漏れ

排水栓から水漏れが発生している場合、排水栓を新しい部品に交換することができます。費用相場は8,000円ほどです。内訳は基本料金が4,000円で、作業費が4,000円になります。

・排水ホースから水漏れした場合

排水ホースから水漏れした場合、排水ホースを新しい部品に交換することができます。費用相場は12,000円ほどです。内訳は基本料金が4,000円で、作業費が8,000円になります。

・フレキシブル管から水漏れした場合

フレキシブル管から水漏れした場合、フレキシブル管を新しい部品に交換することができます。費用相場は15,000円ほどです。内訳は基本料金が4,000円で、作業費が11,000円になります。

修理費用を抑える秘訣

修理費用を抑えるためには、業者の調査費用を削減する方法が有効です。修理依頼を出す時に、状況説明やトラブルの原因を正確に説明することで、業者の調査費用が必要なくなるので、修理費用を抑えることができます。

また状況をしっかり説明することができていれば、スピーディーな修理を業者側が行ってくれるので、自分で調べたことは業者に知らせるようにしましょう。

まとめ

排水管はつまりや水漏れが発生すると、水が流せなくなったりして、生活に支障が出るため危険です。特に水漏れが発生していると、悪臭の原因になることから、早めに修理に出すことをおすすめします。

今回紹介した修理費用を参考に、業者に連絡して、理想の金額に近いのであれば、修理を行ってもらいましょう。水道工事の指定業者であれば、平均的な金額設定で取引を行うことができるので、無理のない金額で修理を行ってくれます。

また指定業者は確かな知識や技術を持っているので、修理を依頼するのであれば、指定業者がおすすめです。

ぜひ今回紹介した原因別の修理費用の相場を参考に、排水管の修理を依頼してみてください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315