電話して相談する

水のコラム

家庭用の井戸ポンプの交換タイミングの目安は?耐久年数もあわせて解説

2021年12月10日  水回り

井戸の水をポンプで組み上げるタイプは農作業やガーデニングなど、生活用水として様々な場所で使用されています。しかし、井戸ポンプは永久的に使えるわけではありません。どのようなものでも劣化していきますし、不具合が生じた場合は交換することも大切です。

今回は、井戸ポンプの交換タイミングの目安や耐久年数などを解説していきます。

家庭用の井戸ポンプの耐用年数

家庭用の井戸ポンプは農作業やガーデニングなど生活用水として幅広い用途で使われています。とは言え、どんなものに対しても言えることですが井戸ポンプはずっと使い続けられるわけではありません。使っていくうちに、そして時間が経過するうちに井戸ポンプも劣化していきます。

一般的に家庭用の井戸ポンプの寿命は約7〜10年と言われています。使う頻度によっても大きな違いがあるのですが、生活用水として積極的に使用しているのであれば、約7年程度だと言えるでしょう。

使用頻度が少なく、正しい設置場所に置かれている場合は15年以上たっても正常に使い続けられることもあります。

家庭用の井戸ポンプの交換タイミングの目安

続いて井戸ポンプの交換タイミングの目安について見ていきましょう。交換するタイミングとしては、井戸ポンプを使用している際に何か不具合を感じた時といえます。10年以上使用していても不具合なく井戸ポンプが使用できるのであれば、交換はまだ先でも大丈夫でしょう。

しかし、「水の量が安定しない」「モーター音が大きくなった」「使っていないのにポンプが自動で作動する」「電源が入らない」「漏水している」などの不具合がある場合は、買い替えどきかもしれません。中でも漏水や漏電している場合は早急に修理や交換をする必要があります。

古いタイプのものを修理して使い続けるよりも、新しいタイプの井戸ポンプを購入して交換したほうが、長い目で見ると安く抑えられるかもしれません。

また、井戸ポンプを使用する上でモーターはとても重要な部分です。水道を使っていないのにオンオフを繰り返す状態がずっと続くと、モーターが焼けてしまうことがあります。とくに10年以上使っている場合にモーター焼けトラブルが起こりがちですね。

モーターは使用頻度が激しいと劣化速度も速くなるので、早急に修理や交換をしなければいけません。まだ使えると思ってオンオフを繰り返していると大きなトラブルを招く危険性もあります。

家庭用の井戸ポンプの寿命を縮める使用方法

家庭用水として幅広い用途で使われている井戸ポンプですが、どのように使用していますか?使い始めてからそこまで時間が経っていないのに何か不具合を起こしている場合は、誤った使い方をしているのかもしれません。

井戸ポンプを長く使い続けるためにも、最後に寿命を縮める間違った使用方法についてまとめていきます。自分が誤った使い方をしていないかを確認してみてください。

設置場所

1つ目は設置場所です。上記でも簡単に触れていきましたが、正しい場所に設置しないと井戸ポンプの寿命を早めてしまう恐れがあります。

一般の家庭ではどうしても設置場所に限りがあり、環境の良いところにおけない場合もあるでしょう。最低限として井戸ポンプは電気を使う製品なので、水がかかりやすいところや湿気が多いところには設置しないようにしてください。

モーターは防水しているのですが、ずっと湿気の影響を受けていると劣化を早めてしまうかもしれません。井戸ポンプの劣化速度は設置場所によっても大きく変わってきます。一般家庭で井戸ポンプを置く場所は限られるかもしれませんが、できるだけ負担をかけない場所に設置するようにしましょう。

使用頻度

2つ目は使用頻度です。何度も言うように井戸ポンプは幅広い用途で使われています。家庭によっては毎日何回も井戸ポンプを使用することもあるでしょう。

当たり前のことですが使用頻度が高いと、あまり使っていない井戸ポンプに比べて劣化速度が速くなります。家族数が多かったり幅広い用途で使ったりしているのであれば、仕方のない話だと言えるでしょう。

使用頻度を大幅にカットするべきとは言いませんが、井戸ポンプからくみ上げた水を無駄に使っていないかを振り返ってみてください。とくに自分の家で農業をしている家庭は必然的に使用頻度が高くなるので、他の家庭よりも劣化スピードが速くなる傾向がありますね。

まとめ

今回は家庭用井戸ポンプの交換するタイミングや耐久年数についてまとめました。使用頻度や設置場所によって耐久年数も変わってきます。

使用頻度は仕方ないかもしれませんが、設置場所は意識するようにしましょう。水の影響が少なくて、湿気も少ない場所であれば、使用頻度が多くなっても井戸ポンプが耐えてくれるかもしれません。

今まさに交換の時期を迎えているのであれば、正しい場所に設置できるように家の周りを確認してみると良いでしょう。正しい場所に設置して、井戸ポンプをできるだけ長く使い続けられるように工夫してみてください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315