電話して相談する

水のコラム

シャワー周りが水漏れするときの対処法は?自分でできる範囲も解説

2022年06月09日  お風呂

シャワーの水漏れは、どの家庭でも起こり得ます。ポタポタと水が漏れていたら、気になってしまいますよね。水漏れが長く続くと水道代もそのぶんかかってしまいます。

突然起こってしまうことなので慌ててしまいがちですが、対処法を頭に入れておけば安心です。

場合によっては自分での対処も可能なので、もしもの時に備えて水漏れ箇所ごとの解決法を覚えておくとよいでしょう。

シャワーの水漏れは自力で修理できる?

シャワーの水漏れはシャワーヘッド周りのパーツの劣化や損傷が原因の場合が多く、自分でも修理をすることが可能です。

ただし、パーツの交換にとどまらない場合の修理に関しては、業者に依頼する方が無難かもしれません。自力で無理矢理修理しようとすると、パーツの紛失や破損を起こしてしまい、別の個所からの水漏れ発生など二次災害を起こしてしまうこともあります。

シャワーの水漏れ原因は?症状別の原因を特定

シャワーから水漏れが起きた場合は、まずどこから発生しているのか、その原因は何であるのかを調べる必要があります。

水漏れ原因で多いのは、シャワーヘッドからの水漏れです。よくあるシャワーヘッドからポタポタと水が漏れる症状は、コマパッキンの劣化や切り替え弁の損傷、バブルカートリッジの損傷、サーモスタットハンドルの内側にある部品の損傷などが考えられます。

シャワーヘッドの中に水が残っているだけの残留水が原因である場合もありますが、シャワーヘッドを上向きにしても水が漏れるのであれば、部品の故障が考えられます。パッキンの交換をすることで水漏れが解消されることが多いです。

シャワーヘッドとホースの付け根部わから水漏れが発生している場合は、OリングやUパッキンの劣化が考えられます。パッキンを手で触るとよくわかりますが、弾力がなくひび割れている場合や手が汚れるほど黒くなっている場合は寿命と判断してよいでしょう。

シャワー水栓の吐水口から水漏れが発生する場合は、シャワーヘッドからの水漏れが起きたときと同様にコマパッキンの劣化や損傷、バブルカートリッジの損傷や切り替え弁の損傷、サーモスタットハンドルの中にある切り替え弁の損傷などが考えられます。

シャワーと壁の隙間から水漏れが発生する場合は、クランクパッキンの劣化やクランクシールテープの劣化が起きている可能性が高いです。

シャワーが水漏れするときの対処法

シャワーの水漏れ原因を調べたら、早速対処する必要があります。水漏れ箇所ごとに対処法を見ていきましょう。

シャワーヘッドからの水漏れの対処法
シャワーヘッドから水漏れが起きた場合、パッキンを交換することで大体の水漏れが解消されます。OリングとUパッキンがシャワーヘッドとホースつなぎ目に付いており、基本的にこれらを交換すると修理完了です。

交換用のパッキンはホームセンターなどで購入でき、突然必要になった場合でも手に入りやすいため安心できます。ただ、パッキンにはサイズなどが異なるものが多くあるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

Oリングの交換をする場合、まずマイナスドライバーで止水栓を閉めます。そしてシャワーヘッドとホースのつなぎ目にある銀色の部分を確認してください。

銀色の部分を反時計回りに回すと、シャワーヘッドを分解できます。シャワーヘッドに取り付けられているOリングを外し、新しいものに交換しましょう。止水栓を開き、水を出してみて水漏れがなければ修理完了です。

Uパッキンの交換は、マイナスドライバーを使用してOリングと同様に止水栓を閉めます。シャワーヘッドとホースのつなぎ目にある銀色の部分を下に下げると見えるのがUパッキンです。Uパッキンの下にマイナスドライバーを差し込み、Uパッキンを取り外します。

そして新しいUパッキンを取り付けましょう。取り付けは、パッキンのくぼみの面を上にして上が広がるような向きに取り付けます。銀色のつなぎ目部分を上に戻し、止水栓を開いて水を出してみましょう。水漏れがなければ修理完了です。

シャワーヘッドや吐水口からの水漏れの対処法
シャワーヘッドや吐水口から水漏れが発生している場合は、コマパッキンの劣化や損傷が考えられます。この場合、ウォーターポンププライヤーとプラスドライバー、マイナスドライバーを使って対処してください。

まず、水道の元栓を閉めてハンドルの上部にあるキャップを外しましょう。キャップを外した下にあるネジをドライバーで緩め、反時計回りに回すとハンドルを取り外せます。

キャップナットをウォーターポンププライヤーで緩めて取り外し、三角パッキンも外しましょう。手で取り外すのが難しければ、マイナスドライバーを隙間に差し込むと抜き取れます。

その後、スピンドル部分の上部にあるネジをウォーターポンププライヤーで緩め、水栓本体から座金とスピンドルを取り外します。本体の中にあるコマパッキンを取り外し、新しいコマパッキンを水栓本体の中に入れ、今までと逆の手順でパーツをはめていきましょう。

ハンドルを戻す前のキャップナットを強く閉めすぎると、ハンドルが固くなってしまうので注意してください。最後に止水栓を開き、水を出して水漏れが起きないかを確認したら修理完了です。

バルブカートリッジの損傷が水漏れ原因である場合は、プラスドライバーとプライヤー2本、タオルを使って対処します。他の作業と同様に止水栓を閉め、ハンドル上部のキャップを取り外してください。

ハンドルを固定しているビスを反時計回りに回して外すと、ハンドルが外せます。水栓本体の根元にタオルを巻き、タオルの上からプライヤーで固定してください。

本体を抑えながらカートリッジ押さえをプライヤーでひねって外してください。バルブカートリッジを新しいものに交換します。同じ手順で元に戻してください。

切り替え弁の損傷が水漏れ原因の場合は、切り替え弁を交換します。この作業に必要な道具はレンチとプラスドライバーです。まず水道の元栓を閉め、切り替えレバーの中心にあるネジをプラスドライバーで緩めて取り外します。

次に切り替えレバーを水栓本体から取り外し、水栓本体のナットを緩めて本体内部の切り替え弁を取り外しましょう。新しい切り替え弁を取り付け、取り外した切り替えレバーを戻してネジを締めます。止水栓を開き、水を出してみて水漏れがなければ完了です。

サーモスタットハンドルの中にある切り替え弁を交換する作業に必要な道具は、マイナスドライバーとプライヤーです。まず左右にある止水栓をマイナスドライバーで閉めます。マイナスドライバーを隙間に差し込みながらノブを外しましょう。

シャワーとカランの切り替えの印が付いているパーツを取り外し、ナットを手で回して取り外します。固定されていて回らない場合は、プライヤーを使用するとよいでしょう。次にスペーサーを引き抜き、開閉バルブを取り外します。

取り外しが難しい場合は、プレイヤーで挟んで引き抜き、新しい開閉バルブとスペーサーをくっつけて本体に差し込んでください。ナットを締めて固定したら元のパーツを戻して止水栓を開き、水を出して水漏れやシャワーとカランの切り替えができれば完了です。

シャワーと壁の隙間からの水漏れの対処法
シャワーと壁の隙間から水漏れが発生する原因として考えられるのは、クランクパッキンの劣化やクランクシールテープの劣化です。

クランクパッキンの交換作業に必要な道具は、レンチのみです。まず水道の元栓を閉め、水栓本体とクランク管を繋ぐナットをレンチで緩めて取り外しましょう。水栓本体を手前に引き抜くと水栓本体を取り外せます。

クランク管の中にあるパッキンを取り外し、新しいパッキンを入れましょう。水栓本体を元に戻し、レンチでナットを締めます。クランク管とつなげ、止水栓を開いて水漏れがなければ完了です。

クランクシールテープの張り替え作業に必要な道具は、シールテープとハサミ、布です。まずシールテープを巻く予定の箇所を布できれいに拭き取ります。この時汚れをしっかりと除去しておかないと、シールテープが剥がれやすくなってしまうので注意してください。

シールテープの先をハサミできれいにまっすぐ切り整えたら、先端から2つ目のネジ山から巻き始めます。シールテープを少し引っ張りつつ、時計回りに5、6回巻きましょう。

巻き終わったら手で押さえながら引っ張りちぎり、指でしっかりとシールテープを馴染ませれば完了です。

シャワー周りの水漏れを対策するには

シャワー周りの水漏れは、できれば発生させたくないですよね。水漏れを防ぐために日頃からできる対策があります。対策として挙げられるのが、主に次の3点です。

・残留水を抜く
・定期的なメンテナンスをする
・未使用時は元栓を締める

シャワーからの水漏れは残留水が滴っている場合が多いです。残留水による水漏れは、水を抜いておくと防げます。残留水はシャワー使用後にヘッドを下に向け、水を出しておけば解消します。

また定期的にメンテナンスを行うことは、重要な水漏れ予防策です。水栓の周りには複数のナットがあり、これらが少しでも緩んでいると水漏れが起きてしまうのです。こまめにナットの緩みがないか、確認しましょう。

シャワー未使用時に元栓を締めておくことも、水漏れ防止に効果的です。長期間家を空ける場合など、シャワーを使用しない時は水道の元栓を締めるようにしましょう。そうすることで水栓内部に水圧がかからなくなり、劣化を遅らせることが期待できます。

まとめ

シャワーヘッドの水漏れは、シャワーヘッド周りのパーツの劣化や損傷が原因となることが多いです。軽い水漏れは素人でも修理が可能な場合があります。まずは、どこから水漏れが発生しているのかをしっかりと確認し、原因を突き止めることが大切です。

水漏れの症状や原因に合わせて、最適な対処法を施しましょう。また、自分では対処が不可能だと判断した場合は、無理をせずに専門の業者に依頼することをおすすめします。自分で行うよりも料金はかかってしまいますが、安心して任せられるでしょう。

毎日使う浴室のシャワー。突然の不具合には焦ってしまうと思いますが、まずは落ち着いて何をするべきなのかを考えると対処も迅速に行えます。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315