電話して相談する

水のコラム

シャワーヘッドの交換で知っておきたいポイントとは?故障の原因も解説

2022年07月21日  お風呂

「シャワーヘッドが古くなってきた」
「機能性の高いシャワーヘッドに交換したい」

など、シャワーヘッドの交換でお悩みではありませんか?

シャワーヘッドを取り換える上で知るべきポイントというものがあります。この記事ではシャワーヘッドの故障の原因についても解説していきます。 シャワーヘッド交換の目安として参考にしてみてください。

シャワーヘッドだけを取り換えることはできるのか?

長年シャワーヘッドを使っていて水漏れなどトラブルが起こっているときや新しいシャワーヘッドに取り換えたいときにシャワーヘッドだけ交換できるのかどうか迷っている方もいると思います。

通常シャワーパイプと同じタイミングで取り換えることが多いですが、実は種類によってはヘッド部だけカンタンに交換できるケースがあります。

ここからはシャワーヘッドだけを取り換えることはできるのかどうか解説していきます。

シャワーヘッド交換可否の確認
普通シャワーヘッドの交換は、シャワーパイプとセットで交換しなければならないと考えている方もいるかと思います。

シャワーヘッドのタイプは主に以下の2つです。現在設置されているものがどちらなのかチェックしてみてください。

・ヘッドの部分とシャワーパイプが分かれているタイプ
・ヘッドの部分とシャワーパイプが一体となっているタイプ

ヘッドの部分とシャワーパイプが分かれているタイプは、ヘッドの部分だけの交換ができます。解体するときもヘッドの部分を回すだけで外せるので簡単です。

一方、ヘッドの部分とシャワーパイプが一体となっているタイプは、ヘッドの部分だけ外すことはできません。取り換えたいときは、シャワーパイプも同時に取り換える必要があります。

シャワーパイプと同時の場合も、作業はさほど難しくありません。

シャワーヘッドのトラブルや原因を解説

シャワーヘッドの交換作業は難しくありませんが、思いどおりにいかないときや想定外の壁に突き当たることもあります。ここでは、よくあるトラブルやその原因について解説していきます。

サイズが不適格
新品のシャワーヘッドをシャワーパイプの金具につけようとしたとき、サイズがフィットしないときがあります。このようなパーツ選びの問題を避けるため、外したものをよくチェックして購入することをおすすめします。
とりわけシャワーパイプとシャワーヘッドのメーカーが違う場合、ネジの規格と山の数が異なるケースがあります。そういうときは、専用のアダプターをつけることで改善されることも。
公式ウェブサイトでアダプターの企画についてチェックできるので、交換前後に確認してみましょう。

取り外しできない
万が一「現在のシャワーヘッドが外せない」「固くて回せない」というケースでは、すべらないゴム付きの手袋を使うのも一つの手段です。

次にチェックすることは、シャワーヘッドを回す方向です。「緩める代わりに締めていた」ということもあるので、回転方向は再度確認しましょう。

それでも固いときは、シリコンやゴム状のシートでシャワーヘッドとシャワーパイプのジョイント部分に巻くと力が伝導しやすくなります。

また、アダプターが付属していたり、ジョイント部分が6角形になっているものも。この種のモノはレンチやスパナなどの工具で締められているケースがあります。よって、同様の工具を使用することで緩められることもあります。

その際は、シャワーヘッドやシャワーパイプにキズをつけないように慎重に扱いましょう。ちなみに、この記事内で紹介した方法ではできなかったり、特別な工具が必要な場合もあります。
また水漏れトラブル原因がシャワーヘッドではなくシャワーパイプやアダプターなどにある可能性もあるので、不安な方は無理をせず製品メーカーに相談してみてください。

シャワーヘッドから水が止まらない
シャワーを使った後は残った水が吐水口からあふれてくることがあります。これは頻繁にあることですが、故障ではないので交換しなくても大丈夫です。
ただし、シャワーヘッド上に向けた状態で水がぽたりぽたり流れてくる、または長い時間水が出つづけている場合は、 内部パーツの摩耗が考えられます。シャワーヘッドの交換をしても改善できないので注意しておきましょう。

シャワーヘッドが繋がれている蛇口本体のタイプによって方法が違ってくるので、以下の項目を参考に見つけてみてください

・ ツーハンドルシャワー水栓:壊れているコマパッキン・切替弁
・サーモスタット混合水栓:サーモスタットハンドル内パーツ

項目を参考にして壊れているパーツがわかったら、それを取り換えることで水漏れを防止できます。

シャワーヘッドとシャワーパイプのジョイント部分からの水漏れ
シャワーヘッド部とシャワーパイプのジョイント部分からの水漏れは、「O型リング」と「U型パッキン」の摩耗が原因として考えられます。

O型リングは、シャワーヘッドの根元に付けられているパッキンで、U型パッキンはシャワーパイプの先に付けられているパッキン。
罰金は水漏れが発生しないようにつけられているパーツですが、経年劣化が生じてトラブルの原因となるのです。
パッキン劣化には、「パッキンの表面にひび割れがあり弾力性がない」「触れると黒い色素が手に付着する」という症状があります。

このような症状が見つかってしまった場合、交換をすれば水漏れを防止できます。

本体からの水漏れ
シャワーヘッドを落下させてしまったり、ぶつけてしまって亀裂が入ると、その部分から水漏れが発生してしまうことがあります。

シャワーヘッドにはプラスチック製品が多いので、ちょっとした衝撃であっても割れてしまうのです。注意しましょう。

またハンドル部に止水ボタンがつけられていることがあります。 このボタンから水漏れが生じている場合は本体の故障になるのでヘッド交換をおすすめします。

シャワーヘッドのタイプによってその方法が違ってくるので、チェックしてから交換しましょう。

シャワーヘッドを取り換える前に抑えておきたいポイント

シャワーヘッドの交換をする前に新品パーツを準備する必要があります。現在ヘッドと同様のメーカーであればそのままつけることが出来ますが、違うメーカーの場合は、アダプターと言われる別パーツを付けなければなりません。
ここでシャワーヘッドを取り換える前に押さえておきたいポイントを紹介していきます。

新品シャワーヘッドの選び方
交換作業は容易にできますが、パーツの選び方には注意しなければなりません。

基本的には同様のメーカーのシャワーヘッドを選べば、簡単に付けることができます。他社のシャワーヘッドに取り換えるときは、アダプターを利用することで付けることができます。

アダプターはオンラインショップやホームセンターで購入できるので必要であればヘッドとともに準備しましょう。

そのまま取り付けできるメーカーやアダプターが必要なメーカーは、多くの場合、それぞれパッケージや概要欄に表記されています。

現在のシャワーヘッドの製品メーカーをチェックしてからWebやホームセンターで新しいものを見つけましょう。

シャワーヘッドの交換手順

ここからはシャワーヘッドの実際の交換手順について解説していきます。

シャワーヘッドだけ取り換える方法
シャワーヘッドとシャワーパイプが解体できる種類を取り換えるときは、道具なしで容易に取り換えることができます。ただし、長期間使用していたものは固まって外せないこともあるので、そういう時は外れない場合の対処方法を実践してみてください。

下記、シャワーヘッドだけ取り換える方法とシャワーヘッドが外れない時の対処方法を説明していきます。

・シャワーパイプとシャワーヘッドのジョイント部分を回しながら緩めてから、シャワーヘッドを外す
・新品のシャワーヘッドとシャワーパイプのネジ山を噛み合わせる
・しっかり噛み合ったら、その状態で回転させねじ込む
・きちんとしまったら交換完了

シャワーヘッドが外れない時の対処方法
古いシャワーヘッドを使用しているときは、汚れや垢がついてませなくなっていることがしばしば。
もともとシャワーパイプと一体型であれば基本的に改訂できるので以下の方法を実践してみてください。

・ゴム手袋を使う
軽度の固着であれば、ゴム手袋を着用して回せば取り外すことが可能です。 シャワーヘッドの黄色のところを回して外します。

・ペンチを使用する
ゴム手袋を使っても外れないときは、ペンチを使いましょう。まず、シャワーヘッドにタオルやゴム板をくくりつけて、傷つかないよう保護します。その後、タオルやゴム板の上からペンチで挟みながら回します。

まとめ

今回は、シャワーヘッドの交換で知っておきたいポイントや故障の原因についても解説してきました。

シャワーヘッドは意外と簡単に取り外せるということがわかっていただけたのではないでしょうか。故障の実例もいくつか紹介しましたので、ぜひ点検の目安にしてみてください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315