電話して相談する

水のコラム

排水管の高圧洗浄の費用相場を戸建て住宅・賃貸住宅別に紹介

2022年08月26日  水回り

排水管の排水に違和感を持ったら、高圧洗浄を行うタイミングかもしれません。

なぜなら日常的に行われる家庭内での洗濯やお風呂、調理や洗い物のなかで、知らずのうちにゴミや汚れ、異物などが流れてしまい詰まりを引き起こしていると考えられるからです。

どれだけ気を付けていても、どのタイミングで異物を流しているかわからないため、そういった場合を考慮すると高圧洗浄は効果的といえます。

今回は、排水管に高圧洗浄を取り入れる際に掛かる費用相場と、戸建て・賃貸住宅での違いについて解説します。

排水管を高圧洗浄しないとどうなる?

日常的に使う水を流す排水管には、私たちの知らない間に数々の汚れやゴミ、異物などが流れています。使用年数が長期化すればするほど、それらは排水管に溜まり、詰まりの原因となります。

しかし、高圧洗浄の必要性はそれだけに留まりません。詳しく解説します。

悪臭や詰まりなどの環境・衛生的な問題
排水管の汚れやゴミをそのままにしていると、必ず詰まりを引き起こします。さらに、詰まりが起こるということは、ゴミや汚れに雑菌が繁殖し、悪臭の原因になります。

一般家庭で水を使用する場所には、キッチンやお風呂場、トイレなどがありますが、食材カスや油、汚物などが流れているため、それらにも雑菌が繁殖し、不快な悪臭が発生します。

トイレの排水管は「汚水管」を通る仕組みであるため、詰まりを引き起こしにくくするために太い管を使用していますが、一度に大量のトイレットペーパーや汚物を流してしまうと詰まりの原因になります。

このように、日常的に使う水だからこそ、あらゆる可能性によって悪臭や菌の繁殖が伴って、環境的・衛生的に大きな問題を引き起こすと考えられます。

高圧洗浄には法的な義務はない
賃貸住宅の場合、排水管の清掃は法的に義務化されていません。しかし、年に1回実施することを推奨しています。

なぜなら、排水管の点検、および排水管の管理には法的な規定があるからです。「建築基準法第12条」では「汚水槽や排水管において設置場所は適正な場所であるか、運転の異常、腐食・漏れなどの確認について6か月〜1年に1回の点検報告を義務付ける」としています。

さらに、ビル管理法においても汚水槽などに対して同様の期間での清掃を義務づけています。

このように、法的な義務はなくても排水設備に対する衛生管理を保つ規定はあることから、定期的な清掃の実施は望ましいと考えられます。

戸建て住宅の高圧洗浄を依頼する場合の費用相場

戸建住宅が高圧洗浄を行う場合の費用相場は20,000円~30,000円前後が一般的です。大手水道業者でも同様の金額で行うことから平均的な金額と考えられます。

価格を抑えたい場合は20,000円前後で行う水道業者を探すとよいでしょう。

賃貸住宅の高圧洗浄を依頼する場合の費用相場

賃貸住宅が高圧洗浄を行う場合の費用相場は15戸程度であれば1戸あたり5,000円ほど、30戸ほどであれば1戸あたり4,000円ほどです。

戸数が多ければ多いほど安く済ませられると考えられます。ただし、1戸で高圧洗浄を実施する場合はあらかじめ管理会社や大家へと確認する必要があります。管理規約によっては個人での実施を認めていない可能性があるからです。

排水管からの悪臭や詰まりの兆候が見られる場合は、一度、管理会社や大家へ相談してみるとよいでしょう。

失敗しない業者の選び方

高圧洗浄を実施する際、重要なのがその業者の選び方です。

ここでは5つのチェック項目について解説します。失敗しない業者選びを行うためにもしっかり目を通しておきましょう。

実績の確認
信頼できる水道業者を選ぶためにも、まずは選びたい水道業者の実績について確認しましょう。

公式サイトによる実績はどのようなものがあるのかを確認したり、近所や身内の間でどのような評判があるのかを聞いたり相談すると、業者のサービスや接客などを把握できます。

また、最近では個人ブログなどでも業者のレビューを公開していることがありますから、Google検索などを使って一通り目を通すのもおすすめです。

料金や工事内容の説明有無
水道業者の公式サイトでは、取り扱いサービスの料金を公開していることがあります。業者によって価格に差があることも少なくないので、必ず目を通しましょう。

あまりにも安すぎる場合は、別途追加費用を請求するケースもありますから、料金相場と照らし合わせて確認することをおすすめします。

自宅付近にある
水道業者と一口に言っても、各市区町村には複数の業者があります。

水道局が指定する水道業者や軽度な修理を主とする指定外業者などがあるため、まずは自宅から近い水道業者を選び、公式サイトや口コミなどをチェックしましょう。

保証やアフターサービスが導入されている
水道業者によっては保証やアフターサービスを用意しているところもあります。

部品交換や工事などを行ったものの、改善が見られなかったり、さらに悪化したりした場合は、保証やアフターサービスが用意されている業者だと安心して依頼できます。

その際の費用も保証でまかなうケースも多いため、別途費用を用意せずに済みます。

自社完結の施工か
依頼は受け付けるものの、下請け会社へ丸投げする水道業者も少なくありません。

自社完結の施行を行う水道業者であれば、マージンを支払う必要がないため、工事費用そのものを安く済ませる傾向にあります。費用相場よりも高い水道業者であれば、下請け会社への諸経費などを上乗せして請求していると考えられます。

悪徳業者にはこのような特徴がある
では、水道業者のなかでも利用を避けたい悪徳業者の特徴について見ていきましょう。主な特徴は以下になります。

• 飛び込み営業を行う
• 折り込みチラシなどに記載された価格が異常に安い
• 接客や作業が雑

排水管の高圧洗浄は、飛び込み営業で行われることも多いです。

さらに、その多くは後日トラブルを引き起こし、自治体や生活センターなどに問い合わせが続き、ニュースでも取り上げられることがあります。

主なトラブルの内容としては、最初提示された金額とは違った請求額が後日届くといったものです。これは詐欺の一つであるため、飛び込み営業を行う業者の利用は避けた方がよいでしょう。

価格が異常に安い業者も注意が必要です。

こちらも飛び込み営業の内容と類似し、別途追加費用が掛かるなどの理由から、チラシに書かれていた価格とは異なる料金が請求されるケースです。

この場合も信頼できる業者とは言えないので、チラシなどを配る業者には注意しましょう。

接客や作業そのものが雑といった口コミが多い業者も避けるべきです。お金を払って修理を依頼しているのに、雑な対応をされればこちらも気持ちよく利用できません。

依頼したことを後悔するくらいであれば、評判の良い業者を選びましょう。

まとめ

排水管の高圧洗浄は、戸建てや賃貸住宅によって金額や実施方法が異なります。異臭や排水の流れに違和感を持ったときは最寄りの水道業者に問い合わせるようにしましょう。

その際、無料見積もりを行っているか、どのような工事が必要になるか、その際の費用相場について聞いておくと安心です。

市区町村には複数の水道業者があり、どの業者を選べばいいのか迷うこともあります。そのようなときは、本記事で紹介した方法を応用しながら情報を集めましょう。

• あまりに安すぎる価格提示ではないか
• 費用相場からかけ離れた金額ではないか
• 口コミが悪すぎないか
• 水道業者としての実績はあるのか
• 保証やアフターサービスはあるか

上記のポイントに沿って、信頼できる水道業者を選んでください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315