電話して相談する

水のコラム

トイレ・キッチン・洗面所・浴室つまりの原因と対策

2019年05月29日  つまりのトラブル


一般家庭では、さまざまな場所で水つまりが発生します。その主たる原因は、必ずしも同じではありません。場所ごとに対策を知っておくと、どこでトラブルが起きても対処しやすくなるでしょう。そこで今回は、トイレ・キッチン・洗面所・浴室について場所別につまりの原因と対策を解説いたします。

トイレつまりの原因と対策

トイレつまりの原因は、主にトイレットペーパーの流し過ぎや異物混入です。問題の解決には、ラバーカップなどが役立ちます。

・トイレつまりの主な原因
トイレを詰まらせる主な原因は、おおまかにトイレットペーパーと異物のふたつです。トイレットペーパーは水溶性ですが、すぐ水に溶けるわけではありません。一度にたくさん流すと、トイレの排水路や排水管でつまります。異物でとくに多いのは、ティッシュペーパーです。こちらは水に溶けないので、比較的に少量でも詰まる恐れがあります。最近は、トイレに落としたスマホがつまりの原因になることも少なくありません。

・各種の便利アイテム
トイレのつまりを解消できる便利アイテムとしては、ラバーカップや真空式パイプクリーナーが挙げられます。ラバーカップはトイレが和式か洋式かによって使えるタイプが異なるので、購入する際は注意してください。便器の排水口にカップを密着させ、押し引きしながらつまりの原因を取り除きます。真空式パイプクリーナーの原理はラバーカップと同じであり、使い方は大きく変わりません。

キッチンつまりの原因と対策

キッチンつまりをよく引き起こす原因は、油汚れや排水パイプへの固形物の浸入です。有効な対策には、重曹クリーナーやラバーカップ、排水トラップの分解などがあります。

・キッチンつまりの主な原因
よくキッチンを詰まらせる代表例は、油汚れです。揚げ物の調理で使った油や食器の残った油分を台所の排水口に流すと、排水管についてしまうケースが少なくありません。徐々に油汚れが蓄積していけば、やがて大きな塊となって水の流れを悪くします。調理中や食器を洗っているとき、何かを落とすこともあります。小さければ流れますが、大きいと排水パイプにつまりやすくなります。

・有効な対策方法
キッチンの悪臭対策には、重曹・お酢・熱湯が有効です。重曹→お酢の順番でキッチンの排水口にかけ最後に熱湯を流すと、大きな殺菌効果を発揮します。排水パイプに固形物が詰まったときは、トイレと同様、ラバーカップが便利です。カップにすき間があると効果は落ちるので、排水口を十分にふさげるサイズを使ってください。排水口に汚れがたまっている場合、排水トラップの分解清掃も効果的です。

洗面所つまりの原因と対策

洗面所で水が流れなくなる大きな原因は、髪の毛の混入です。ワイヤーやパイプクリーナーはつまりを解消するアイテムとして使えます。

・洗面所つまりの主な原因
洗面所では、排水口に髪の毛が流れ込むケースは少なくありません。洗髪できる洗面台の場合、髪の毛の混入による水つまりが多く見られます。通常の洗面に使っているだけでも皮脂や洗剤が混ざり合い、汚れとなって排水パイプのなかに付着します。いずれも、蓄積しやすい場所はSトラップの部分です。臭いの逆流や虫の侵入を防ぐため排水パイプがS字に曲がっており、とくに湾曲部分には髪の毛や汚れがたまります。

・便利な対策アイテム
洗面所つまりを解消する代表的な方法のひとつが、ワイヤーによるつまり除去です。洗面台の排水口にワイヤーを挿入し、押し引きや回転を繰り返しながら排水パイプのなかを何度も突きます。パイプ内の汚れが落ちるにつれて、つまりが改善され水は流れやすくなります。最後にパイプクリーナーを入れて、しばらく放置します。排水パイプの内側に残っていた汚れや雑菌を水で流し、きれいな状態に仕上げたら作業完了です。

浴室つまりの原因と対策

浴室つまりには、洗い流した髪の毛や石けんカスが大きく関わっています。症状を改善するには、パイプクリーナーやラバーカップが有効です。

・浴室つまりの主な原因
浴室の排水口には、頭を洗ったときに抜け落ちる髪の毛が少なからず流れ込みます。次々に髪の毛が絡み合うと、その塊は少しずつ大きくなり排水口をふさいでいきます。頭髪の塊に付着するのが、石けんカスや皮脂汚れです。最初は大して気にならなくても、そのまま放置していれば汚れは髪の毛と混ざり合って蓄積していきます。大きな汚れの塊にまで成長した場合、完全に水の流れを止める危険性もあります。

・状況に応じた解決手段
排水口にたまった髪の量が少なく症状が軽いうちは、パイプクリーナーのみで解決するケースが少なくありません。通常、洗浄剤を排水口に流しておけば髪の毛はほとんど溶けてしまうためです。まったく水が流れないレベルまで事態が深刻化すると、多くの場合、パイプクリーナーだけでは間に合いません。その際は、ラバーカップでつまりの原因を吸引する必要もあります。カップのサイズは、小さいほうが浴室の排水口によく密着します。

水道トラブルで、とりわけ発生件数が多い各所のつまり症状。それぞれ有効な対策はありますが、無事に解決できるとは限りません。自分で改善を試みてうまくいかなかったら、専門業者に依頼しましょう。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315