電話して相談する

水のコラム

マンションで水回りのトラブル!対応時の注意点

2019年06月27日  水のトラブル


マンションの自室で水回りのトラブルが起きた際、慌てて対応すると新たな問題を招く恐れがあります。とはいえ、周りに迷惑をかけないか心配になれば落ち着いていられないかもしれません。

そこで今回は、焦っていても気をつけたい集合住宅の水回りトラブルにおける注意点についてご説明します。

まずは契約内容を確認する

マンションで水回りのトラブルに見舞われたら、まず契約内容を確認しましょう。どこまで管理会社に相談できるかは、契約の形態や内容によって変わるためです。

・不明点があれば管理会社に連絡
水回りトラブルに限らず集合住宅の自室で問題が発生した場合、基本的には契約書の内容にしたがいます。契約内容を見るだけでは確認できないときは、入居物件を管理している会社に連絡するのが得策といえます。

被害がほかの部屋に広がった際には、管理会社の仲介で入居者同士のトラブルを避けられる可能性も低くありません。万一の事態に備えるなら、あらかじめ契約書で管理会社を把握しておくと安心です。

・費用負担についても管理会社に確認
トラブルにともない水回りを修理した場合、費用負担に関しては過失の有無や契約内容にもとづいて決まります。契約内容によっては、自分で修理業者を手配すると過失の度合いに関係なく全額が自己負担になるかもしれません。被害を最小限に抑えるためには迅速な対応が求められますが、焦りは禁物です。

まず落ち着いて契約書に目を通し、必要があれば詳細について管理会社に問い合わせるのが賢明でしょう。ただし、夜間は管理会社に連絡がつくとは限りません。その場合は自分で手配した修理業者にトラブルの状況を明記してもらい、後日、費用について管理会社と相談することをおすすめします。

よくある水回りトラブルの事例

よくある水回りトラブルは、蛇口や排水パイプからの水漏れ。また、浴槽・トイレのつまり、トイレタンクの故障などです。

・蛇口や排水パイプからの水漏れ
蛇口や排水パイプから水漏れしたときは、周りにタオルや雑巾を敷いてから管理会社に連絡します。止水栓も閉めておけば、なお安心です。連絡がついたら状況を報告し、管理会社の指示にしたがってください。

ナットの緩みやパッキンの劣化が原因であれば、自分で修理できるケースも少なくありません。日頃の対策としては、ナットの締まり具合の確認やはやめのパッキン交換を心がけるとトラブル回避につながります。

・浴槽、トイレのつまり
浴槽、トイレがつまった場合には必要に応じて管理会社に連絡し、状況を伝えて指示を待ちましょう。症状が軽ければ、パイプクリーナーやラバーカップを使って解決できるかもしれません。

いずれも使い方を誤ると事態を悪化させる恐れがあるので、事前に正しい使用方法を確認してから作業してください。トラブルを防ぐうえで、浴槽は日頃からの清掃が大切です。トイレは一度に大量の紙を流さず、異物も落とさないように注意しましょう。

・トイレタンクの故障
トイレタンクの故障がトラブルの原因でも、基本的な手順は変わりません。被害が広がらないように養生を済ませ、管理会社に連絡です。トイレタンクは、部品の劣化による故障が比較的に多いといわれています。

どの部品が古くなっているか分かったら、自分で交換してもよいでしょう。この設備も、日頃のメンテナンスがトラブル防止に役立ちます。定期的に清掃し、その際に部品の状態も忘れずにチェックしてください。

自分で業者を手配するとき、注意することは?

自分で業者を選ぶ場合、主なチェックポイントは地元との密着度、費用の透明性、説明の仕方、実績、資格の有無です。

・地元との密着度
長く地元に密着している業者なら、地域事情に精通した地元常駐のスタッフが対応してくれるでしょう。自分が入居している建物についても詳しく知っている可能性が高く、何か困ったことがあれば、いつでも迅速かつ的確に駆けつけてくれると期待できます。

・費用の透明性
余計な出費を避けるには、費用の透明性が重要です。一般的に、良心的な業者であれば事前に細かい見積書を作成してくれます。あらかじめ実際の作業について説明を聞ける場合も多く、修理が終わってから予想外に高い料金を請求される心配はありません。

・説明の仕方
一般の人の多くは水回りの専門知識をもっていないので、丁寧に分かりやすく説明できる業者が望ましいといえます。電話での受け答えからトラブルの原因や見積もり内容に関する説明まで、担当スタッフが平易な言葉で話してくれると安心できるでしょう。

・実績
実績の多い業者は、経験も豊富と判断できるでしょう。いろいろな事例が発生する水回りのトラブルでも、柔軟に対応してくれるでしょう。依頼者の信頼とともに実績は伸びるものです。実績の多さは信頼感の高さを示しているとも考えられます。

・資格の有無
資格の有無は、業者の品質をはかる有効な判断基準になります。専門知識・技術のレベルが高くないと、業務に関わる資格を簡単には取得できないためです。基本的に、各種の資格をもつ業者は高度な知識・技術を有すると見なして差し支えないでしょう。

通常、水回りのトラブルでは管理会社が何かしら対応してくれるケースが少なくありません。ただし、いつ問題が発生するか予想できないため、時間帯によっては対応が難しくなることもあります。修理業者を自分で手配することになったら、安心して任せられる業者を見つけましょう。

水道職人では、さまざまな水トラブルに対応しております。経験豊富なスタッフがお伺いし、丁寧に水トラブルの原因を確認します。お見積りを提示するまでは完全無料となっておりますのでご安心ください。年中無休24時間で電話受付をしておりますので、お困りの際は、いつでもご相談ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315