電話して相談する

水のコラム

給湯器から水が漏れても慌てずに!原因と解消方法

2019年06月27日  水漏れトラブル


給湯器から水漏れが発生しているときは、放置せずにできるだけはやく対処しましょう。万が一給湯器が故障していた場合、修理をしなければお湯が使えなくなってしまうことがあります。また、まれに事故につながる可能性も考えられます。安全に使用を続けるために、こちらでお伝えする内容をもとに原因を確認してみましょう。

ここでは、給湯器から水漏れする原因や、給湯器のメンテナンス方法についてご紹介します。給湯器を長く安全に使うために、ぜひご一読ください。

給湯器水漏れの原因

給湯器から水漏れしている場合、まずは水漏れを起こしている箇所を確認してみましょう。給水管ホースの接合部分から水漏れしているのであれば、主な原因として考えられるのはパッキンの劣化や安全弁の故障などです。こちらは簡単な修理で解決できることがあります。一方で、給湯器の本体から水漏れしているときは、専門業者による修理が必要となる可能性が考えられます。一度給湯器の使用を止めて、状態を確認してみましょう。

・水漏れの確認方法
給湯器の本体から水漏れしている場合は、一度「止水栓(バルブ)」を締めてみてください。しばらく締めたあとで、再度流してみて水漏れが止まるようであれば、水量が多すぎたことが原因と考えられます。それでも水漏れが止まらなければ、給湯器の本体に何らかの故障が生じているかもしれません。

・給湯器の耐用年数
給湯器の耐用年数は、一般的には10~15年が目安だといわれています。給湯器を設置してからすでに10年前後使用している場合には、機器の故障ではなく寿命が原因で水漏れしているかもしれません。耐用年数を過ぎている場合、水漏れの修理だけでなく交換が必要となるケースもあるため、安全に使用するためにご検討ください。

・給湯器を修理するタイミング
給湯器の水漏れのほかに、下記の症状が見られる場合には、専門業者による修理や交換が必要なタイミングだと考えられます。お湯の温度が不安定であったり、運転中に機器から異音がしたり、煙が出ていたり、エラーコードが出たりしたら、まだ耐用年数に達していなかったとしてもすみやかに修理や交換を行いましょう。

修理方法や費用は種類によって異なる

給湯器の修理は、基本的に専門業者に依頼することをおすすめします。特に給湯器の本体の水漏れはDIYで対処することが難しい部分です。ホースの交換程度であれば、ホームセンターで購入した部品で対応できるケースもありますが、基本的にはトラブルを防ぐためにも専門業者に問い合わせをしたほうが安心です。

給湯器からの水漏れは、市販されているテープなどを使って補修し、その場しのぎの修理をする方法もあります。しかし、高熱で補修した部分が溶けたり、水漏れが再発したりするおそれがあり、根本的な解決にはつながりません。DIYで対応するよりも、はじめから専門業者に修理を依頼したほうが、結果としてコストを抑えられることもあるようです。

給湯器を修理する費用は、メーカーや機器の種類によって大きく変わります。そのため、専門業者に修理を依頼する場合には、あらかじめ給湯器の本体を確認して、メーカーと型番の情報を控えておきましょう。電話やメールで問い合わせをする際に、どの程度の費用がかかるのか、業者側が見積もりを出しやすくなります。

給湯器のメンテナンス方法

給湯器からの水漏れを防ぐために、日頃から定期的な点検を行うとともに、こまめなお手入れをすることが大切です。最後に、給湯器のメンテナンス方法をご紹介します。

・給湯器の点検
定期的に給湯器に異常がないことを目視確認しましょう。まず、給湯器の本体にサビが発生していたり、穴があいていたりしないことをご確認ください。排気口や給気口はゴミやホコリなどが付着することなく、清潔に保たれていると良いでしょう。また、安全な使用を続けるためには、給湯器の付近に燃えやすいものを置かないことが重要です。火災の危険がありますから、衣類・紙類・危険物などの放置は避けてください。

・給湯器のお手入れ
給湯器の本体に汚れが付着しているときは、水を含ませた布で拭いてお手入れをしてください。このとき、排気口や吸気口にたまったゴミやホコリがあれば取り除きます。給湯器をできるだけ長くトラブルなく使用するためには、日頃のお手入れと定期的な点検が欠かせません。点検時に水漏れをはじめとした異常を見つけたら、できるだけはやめに専門業者に依頼して修理することをおすすめします。

まとめ

給湯器に水漏れが生じたときに考えられる原因や、給湯器を長く使い続けるためのメンテナンス方法についてお伝えしました。給湯器は寿命を迎えると、水漏れなどのトラブルを起こしやすくなります。必要に応じて、修理や交換などの対応をすることが望ましいでしょう。

給湯器を長く使い続けるためには、点検とお手入れによるメンテナンスが有効です。日頃のメンテナンスにより、長期間にわたる安全な使用が期待できるようになります。給湯器の水漏れにお悩みの方は、ぜひご紹介した内容を参考にしてみてください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315