電話して相談する

水のコラム

洗面台を交換するときの選び方

2019年07月30日  水のトラブル


洗面所で水トラブルが発生した際、洗面台を交換することになる場合があります。いざ買い替えが必要になったら、どれを選べばよいか迷うかもしれません。いろいろ注目点を覚えておくと、洗面台選びに役立つでしょう。そこで今回は、洗面台の製品選びでとくに心がけたいポイントをご紹介します。

素材に注目

洗面台の素材は、主に陶器製、ホーロー製、樹脂製の3種類です。それぞれの特徴を理解しておくと、買い替えてからのメンテナンスに役立ちます。

・陶器製の特徴
陶器製は、もっともメジャーといわれる素材です。硬度が高く、汚れやキズがつきにくい特徴をもっています。定期的なお手入れを欠かさなければ、長く使用できるでしょう。

難点は、強い衝撃を受けると割れやすいことです。収納棚に置いた化粧品の容器が落ちただけで、簡単にヒビが入ります。焼き物ならではの特徴であり、破損すると修復は容易ではありません。多くの場合、買い替えが必要となるでしょう。使用中は落下物に注意が必要です。

・ホーロー製の特徴
ホーロー製は、焼成時に金属製の素地表面をガラス質の釉薬でコーティングします。施釉(せゆう)すると金属の酸化防止につながるとともに、簡単には汚れや臭いがつかず湿気対策としても有効です。

ただし、ホーロー製も落下物がトラブルを招きます。素地は金属製のため滅多に割れませんが、コーティングは落下の衝撃で剥がれる場合があります。剥落した部分から水が入り込むと、たいてい金属の腐食は避けられません。

・樹脂製の特徴
アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とする洗面台は成形が容易であり、デザインが豊富です。落下の衝撃にも耐久性があり、うっかり何か落としたとき水漏れするほど破損しません。

メンテナンスには、手間がかかります。小さなキズがつきやすく、表面の保護膜がすり減ると汚れやシミになるケースは珍しくありません。薬品類にも弱いので、こまめなお手入れは不可欠です。

使用目的も大切

洗面台の使い方は、人によって異なります。交換する際には、使用目的に合わせた製品選びが大切です。

・用途は洗顔と歯磨きにとどまらない
洗面台は、毎日の洗顔と歯磨きだけでなく髪染め、化粧、ひげ剃りにも使われます。必要があれば、洗髪、手洗い洗濯、ペットのシャワーも行われる場所です。目的をふまえずに選ぶと、使い方は制限されてしまいます。洗面台の用途は多岐にわたるので、交換時には何に使うかメモしておくとよいでしょう。

いずれの場合も、まず着目したいポイントは広さです。洗顔と歯磨きなら狭くても問題ないかもしれませんが、洗濯やシャワーに使うとなれば十分にスペースを確保したほうが不便を感じなくて済みます。できれば洗面ボウルに加え、カウンターや収納部分も広くしておきたいところです。

・高さも重要
洗面台選びでは、高さも重要です。人それぞれ身長は違うので、歯磨きする場合でも自分に合った高さがあります。用途によっても、作業しやすい位置は変わります。髪を洗うときは高めでよくても、洗濯やペットのシャワーは低めのほうが楽かもしれません。洗面台の高さに関しては、さまざまな利用シーンを想定したうえでの検討が望まれます。

家族が多い場合、洗面台をふたつ用意するのも選択肢のひとつです。大人用と子ども用があれば背丈や用途に応じて使い分けられ、親子とも無理する必要がありません。朝は洗面所を使うタイミングが一緒になることも少なくありませんが、そんなとき混雑を避けるのにも効果的です。

設置方法は数タイプ

洗面台は、設置方法が数タイプに分かれます。どれが自分にとって使い勝手がよいか、検討は欠かせません。

・置き型
置き型は洗面ボウルをカウンターのうえに設置するタイプであり、ボウル自体のデザインを生かせます。大きなサイズは周りに水がはねにくい利点をもっていますが、形状によっては壁やカウンターとのすき間を掃除するのが面倒になります。洗面ボウルのデザインにこだわりたくなる設置方法ですが、メンテナンスへの配慮も大切です。

・埋め込み型
埋め込み型では、洗面ボウルがカウンターに埋め込まれます。全体に一体感が生まれ、すっきりした印象になります。ボウルとカンターとの間に高低差がないため、水が周りにはねてもお手入れは簡単です。カウンターにいろいろ置きやすく、スペースを広く使えるところも大きなメリットとして挙げられます。

・半埋め込み型
半埋め込み型は、洗面ボウルが半分ほどカウンターに埋められるタイプです。置き型にするとカウンターが低くなって使いにくいと感じる場合もありますが、この設置方法なら位置を高くできます。埋め込み型ほどボウルの下部が飛び出さないので、カウンター下の収納空間も確保しやすくなります。

・壁付け型
壁付け型は洗面ボウルを壁に直接設置するスタイルであり、広いスペースは必要ありません。ボウルは小さなサイズが多く、トイレの手洗い場をはじめとして使える空間が限られている場所によく採用されます。

まとめ

自宅の洗面台が破損して新しいものを購入するときは、主に素材、使用目的、設置方法に着目して選ぶのがおすすめです。しっかりポイントを押さえてニーズに見合った洗面台を設置し、こまめにお手入れして少しでも長く使い続けてください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315