電話して相談する

水のコラム

洗濯機の蛇口は閉める! 水漏れを招かないための方法

2019年07月30日  水漏れトラブル


洗濯機の蛇口を使用後も閉めない方は少なくありません。しかし、蛇口を開けっ放しにしておくと、水漏れのリスクを高めてしまいます。水漏れをすると床や家具が使えなくなってしまうほか、マンションの場合は下の階にも被害が及ぶおそれがあります。水漏れを防ぐためにも、洗濯機の蛇口は使い終えたら必ず閉めましょう。こちらでは、蛇口を閉めないリスクや、トラブルの事例をご紹介します。

洗濯機の蛇口を閉めないことで起こるトラブル

洗濯機の蛇口を開けっ放しにして使用する方も多くいらっしゃいます。しかし、蛇口を開けたままにしておくのは、水漏れや部品の破損を招くため、おすすめできません。洗濯機の使用方法にも、使用後は水栓を閉めるように記載されています。

全自動洗濯機には、水栓から給水ホースを通して水が運ばれています。ホースの両端には接続ジョイントとパッキンが付いていますが、蛇口を開けたまま長期間使用すると、水圧でパッキンが劣化してしまうのです。長く使うためには、使っていないときは蛇口を閉めておく必要があります。

また、地震や衝撃によって給水ホースが外れてしまう場合もあるため、注意が必要です。蛇口を開けたままだと、ホースが外れたときに周りが水浸しになってしまいます。水漏れを防ぐためにも、洗濯機を使い終えたら必ず蛇口を閉めるようにしましょう。

実際にこんなトラブルが発生

洗濯機の蛇口を閉めなかったためにトラブルが起こった例は多くあります。水漏れが発生した例を2つご紹介します。

・旅行中に水漏れ
Aさんは大型連休を利用して旅行に出かけました。旅行中、Aさんの住むマンションの管理会社から電話がかかってきます。管理会社が言うには、Aさんの部屋の下の階から水漏れがしているため、Aさんの部屋を確認したいとのことでした。

Aさんは旅行前に水道の蛇口を閉めてきたため、心当たりが無いと点検を断ります。Aさんは予定通りに旅行を終えてから自宅へ戻りました。

帰宅して玄関を開けたAさんは、部屋が水浸しになっていることに驚きます。洗濯機の蛇口が開けっ放しだったため、ホースが外れて水漏れしていたのです。Aさんは部屋のクリーニング費用や床の張り替え費に加え、階下の部屋の修繕費用や対応が遅れたことに関する慰謝料を払うことになりました。

Aさんのケースのように、長期間留守にする際に水漏れが起こると大きな被害が発生してしまいます。蛇口は普段から閉めておくことが推奨されていますが、特に旅行や出張の前は注意が必要です。出かける前は、忘れずに蛇口を閉めるようにしましょう。

・パッキンの劣化による水漏れ
Bさんが洗濯機を回しながら身支度をしていると、どこからか異音が聞こえてきました。音が鳴り止まないため気になって見に行くと、洗濯機と蛇口をつなぐホースから水漏れしています。

Bさんは慌てましたが、すぐに防水テープで応急処置をすることにしました。しかし水漏れは改善されず、水道業者を呼ぶことにします。業者が到着するとすぐに原因を突き止めて修理してくれました。水道業者によると、接続部分のパッキンが劣化して割れたために水漏れが起こってしまったようです。

長年使用している洗濯機は、経年劣化による水漏れが起こりやすいため注意しましょう。特に、蛇口を開けたままにしている場合は劣化を早めてしまうため、お気をつけください。

水漏れしたときの対処法

水漏れが発生したときは、まず洗濯機の止水栓を閉めましょう。まず水を何とかしようと考えてしまいがちですが、止水栓を開けたままだと被害がさらに広がってしまいます。

次にコードが濡れていないか確認してからプラグを抜いてください。水気が残っていると危険なため、濡れている場合は必ず拭き取ってから抜きましょう。プラグを外せたら、濡れてしまった場所の掃除に入ります。被害が少ない場合は雑巾で拭いてからエタノールで消毒するだけで構いませんが、床材が水を吸ってしまっている場合、専門業者への依頼が必要となります。

また、保険会社への連絡も早めに行いましょう。賃貸住宅と契約する際や住宅を購入する際は、必ず火災保険に入ります。火災保険は水漏れ事故にも対応しているため、連絡すれば補償を受けることが可能です。ただし、不注意による事故の場合、保障内容が変わるケースもあるため、ご注意ください。

個人賠償責任保険に加入していれば、階下の方への被害も保障してもらえます。個人賠償責任保険とは、火災保険や傷害保険に入る際に任意で加入できる保険です。下の階まで水漏れしてしまった場合は、保険を利用しましょう。

まとめ

洗濯機の蛇口を開けっ放しにしていると、地震や外部からの衝撃によってホースが外れた場合、水漏れが起こってしまいます。使用後は必ず蛇口を閉めるようにしましょう。また、蛇口を開けたままにしておくと常に水圧がかかるため、部品の劣化も早めてしまいます。長く使うためには、一回一回蛇口を閉めたほうが安心です。今まで蛇口を閉めないまま使っていた方は、使用後に閉める習慣をつけましょう。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315