電話して相談する

水のコラム

キッチンの排水口にカビが…。原因と効果的な除去方法

2019年08月29日  キッチン


キッチンを快適に使い続けるうえで、カビ対策は怠れません。水気が多く高湿になりやすいキッチンは、くろカビの温床であることを忘れずに。やっかいな状況になる前に、以下でご紹介する方法を試してください。今回は、キッチン排水口にこびりついたカビを取り除くための有効な方法をお伝えします。

キッチン排水口にカビが発生する原因

キッチン排水口がカビだらけになってしまうのは、カビにとって生息しやすい環境になっているからでしょう。温度や湿度、栄養素など一定の条件を満たせばカビは無限に繁殖する生命力を持っています。

・さまざまなカビ。水回りに多いのはくろカビ
キッチン排水口に現れるくろずみの正体は、「くろかわかび」と呼ばれる黒色のカビです。湿度90%以上の環境を好み、浴槽や洗面所の排水回りにも出没します。水気のある場所や換気が悪く湿気のこもった場所で悩まされるのは、たいていこのくろかわかびと考えてよいでしょう。

カビにはいくつか種類があり、好む場所や色も分かれます。湿度90%以上を好むカビには赤色をした「あかかび」という種類もあり、これは植物や汚水などに発生。湿度80%以上の環境では、みかんやりんごなどの果物食品を好物とする「あおかび」、パンやまんじゅうなどの穀物類に発生する「こうじかび」などが存在します。また、湿度65%以上の環境を好む「かわきこうじかび」や「あずきいろかび」などもいて、必ずしも湿気の多い場所ばかりを好むとは限らない性質を持ちます。

・カビ発生の条件
掃除用品メーカーのダスキンによれば、カビ発生には次の5つの要素が強く影響しているといいます。

1. 栄養分・・・食品はおろか、ビニールやプラスチックも栄養分にできる
2. 酸素・・・空気のあるところはすべてカビの生息エリア
3. 温度・・・カビには好きな温度環境がある
4. 湿度・・・高湿な場所ほどカビ発生リスクを高める
5. 時間・・・定着時間が長いほど成長し、繁殖する

裏返せば、これらの条件を満たさない環境にすることでカビ発生を抑止できます。カビが発生したとしても、適度な乾燥状態にすればカビは長生きできません。高湿を避ける工夫だけでも効果は大です。

抗菌剤や薬品などで撃退!

アルミホイルなどの抗菌アイテム、重曹・お酢、キッチン用漂白剤などがカビ発生を抑える対策として有効です。

・アルミホイル
アルミホイルには抗菌作用があり、排水口のゴミ受けにセットするだけでカビの発生を抑止します。ボール状にしたアルミホイルを排水口に置くと、水に触れることで化学反応を起こし、金属イオンを放出。この作用には殺菌効果が見込めます。つまりカビは金属に弱い性質といえるため、ほかの金属類でも代用できます。

・重曹やお酢
お掃除アイテムとして定番の重曹、調味料のお酢を使うだけで黒くなったキッチンをきれいにできます。まず、重曹をまんべんなくシンク内に振りかけます。そのうえで、重曹の半分程度のお酢を広く振りかけましょう。お酢の量が多いと重曹による作用を半減させるため、ほどほどに抑えることがポイントです。そのまましばらく放置すると、泡が立ちはじめます。そこから5~20分ほど放置。時間とともにカビが消えていくのを確認し、最後に40℃程度のお湯をかけます。

・キッチン用漂白剤
キッチン用漂白剤(ハイター)も、くろカビの除去に効果を発揮します。ゴム手袋を装着した手のひらにハイターの原液をとり、カビの部分に塗りつけていきます。直接手にとると皮膚にダメージを与えるため、必ず手袋を装着してください。

この方法は広範にわたって原液を塗布するのが狙いですので、歯ブラシなどの道具を有効に使っても構いません。自分のやりやすい方法で行ってください。塗布後、10~20分後にはくろカビのいないキッチン排水口に様変わりしているでしょう。

この方法を使うにあたり注意したいのは、酸素系の洗剤などを近くに置かないことです。漂白剤は塩素系物質配合のため、酸素に反応することで有毒ガスをもたらします。健康被害を避けるためにも、漂白剤の性質を十分理解したうえで使用してください。

定期的なお手入れで予防できる

日ごろから換気やお掃除を入念に行えば、カビの発生を予防できます。こまめに換気はしても、お掃除は怠りがちという方も多いのではないでしょうか。道具さえそろっていれば簡単な方法でお手入れできますので、なるべく毎日きれいにするよう心がけましょう。

キッチンのお掃除に役立つ道具といえば、キッチンハイターです。手順としては、まず、排水カバーと排水トラップを取り外し、スプレーしてしばらく放置します。その後きれいに洗い流すだけで終わりです。水気を残さないようきれいに拭き取る作業も忘れないでください。ラーメンのスープや残り汁などを安易に排水口に流さないことも、清潔な排水口を維持する秘訣です。

まとめ

キッチン排水口はくろカビにとって繁殖しやすい場所です。くろずみが確認できたら、なるべくはやいうちに重曹やお酢、キッチンハイターなどを使って撃退しましょう。普段からの換気と定期的なお手入れで、カビにとって好ましくない環境にすることも大切です。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315