電話して相談する

水のコラム

水漏れトラブルの対処法と注意点

2021年08月16日  水漏れトラブル

集合住宅の水漏れトラブルは恐ろしい

集合住宅での水漏れのトラブルはとても厄介です。トイレが詰まって水があふれてしまった場合や、キッチンやお風呂での水漏れなど、トラブルの種は多いものですが、修理を待つ間に下の階にまで被害が出てしまった、というケースは珍しくありません。

トイレの詰まりなど、原因がはっきりしている場合はすぐに気付けるのですが、恐ろしいのは床下などを通る配管が古くなり、水漏れを起こしてしまった場合です。その場合、上階には何の被害もないうちに、下の階では天井から水が漏れてしまいます。すぐに修理ができればいいのですが、階下で家財などが濡れてしまった場合などは、補償はどうなるのでしょうか。

今回は、集合住宅での水漏れトラブルについてまとめました。

火災保険に入りましょう

漏水事故が起きた際、被害者となるのは、下の階の住人です。水漏れによって天井から水が伝ってきた場合、壁紙や建材が濡れてしまう被害が出ます。

また、被害の程度によっては家財なども、使い物にならなくなってしまうケースがあるのです。さらに状況が悪化すれば、水漏れによって発生したカビやダニによって健康被害が発生し、最悪の場合は階下での生活が難しくなり、引っ越しを余儀なくされる場合も考えられます。

こうした場合、加害者である上階の住人に損害賠償を求められるケースがあります。そんなときに助けとなるのが、火災保険です。マンションやアパートなどの集合住宅では、入居の際に加入を求められる火災保険ですが、水濡れや水害時などのための特約が付いた商品が多いのです。

水濡れとは、漏水事故など人為的に起きてしまう水漏れによるトラブルを指します。トイレの詰まりや排水溝の掃除が不十分だったために水漏れが起こってしまった場合も、水濡れ特約が付いていれば損害を補償してくれる場合があります。水漏れが目に見える場合はわかりやすいのですが、気が付かないうちに階下に迷惑をかけているケースもあるのです。

たとえば、床下の配管が老朽化しており、気が付かないうちに漏水事故が起きていた場合などです。床下で起きたことなんだから責任を問われても困る、と思われるかもしれません。ですが、配管の老朽化が原因の事故であっても、階下に被害が出た場合は知らず知らずのうちに加害者となってしまっていることがあるのです。

階下への影響がなかったとしても、トイレや排水溝の詰まりによって水漏れが起こった際に、床板が腐ってしまうなど、建物そのものへ被害が出るケースもあります。木造住宅ですと木が腐食すると、シロアリが住みつきやすくなるという二次被害も起こります。そういった場合も、保険に入っていなかったがために管理会社から修理費用を請求されてしまうことも起こり得るのです。

集合住宅に入居されている方は、一度火災保険に加入しているか、水濡れの際の補償はどうなるのかを確認されることをおすすめします。

コンクリートでも漏水は起こる

コンクリート床であれば、漏水事故は起こらないだろうと思う方もいるかもしれません。ですが、コンクリートの物件でも水漏れは起きるのです。木造など、水の染み込みやすい建材と違い、コンクリートは水に強いイメージがあります。実際、貯水槽やプールなどにも使われるのですから、コンクリートに水が染みることはあまりありません。では、なぜコンクリートの物件で水漏れが起こるのでしょうか。原因は、コンクリートに入った亀裂です。

建物が老朽化してくると、コンクリートにも亀裂が入ります。その状態で水漏れが起きると、亀裂を伝って、コンクリートの内部に水が溜まってしまうのです。コンクリートの内側は細かい亀裂が無数にあるため、亀裂を伝った水が思わぬ場所から漏れることが起こります。

では、亀裂を埋めてしまえばいいじゃないか、と思われがちです。ですが、水漏れの原因を解消しないうちにパテなどでコンクリートを補修してしまうと、出口を失った水が別の場所から漏れてしまい、補修した場所から何度も漏水することになりかねません。

コンクリートの建物に限った話ではありませんが、水漏れの際はきちんと漏水箇所を特定し、修理を行うことが必要になります。排水溝の詰まりや軽い水漏れ程度であれば、ご家庭でも十分対処できる可能性がありますが、目に見えない配管の不具合などが疑われる場合は、すぐに専門業者に相談しましょう。水漏れを放っておいたために、多額の水道代がかかってしまうことにもなりかねません。

水回りのトラブルはあいち水道職人にご相談ください

あいち水道職人は、地域に密着した水回りの専門業者です。名古屋市や豊田市、碧南市、刈谷市、豊橋市、岡崎市など、愛知県内どこへでも駆け付け、迅速に対応いたします。トイレ、キッチン、お風呂場、洗面所など、水回りのトラブルの際にはぜひ一度ご相談ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315