電話して相談する

水のコラム

水漏れ修理の前に知っておきたいこと!【場所別】水漏れの原因

2018年09月12日  水漏れトラブル

水漏れ修理の前に知っておきたいこと!【場所別】水漏れの原因
発生すると家の中の全ての水が使えなくなることもある水漏れ。場所によって発生する原因や対処が違っているので、水漏れ修理前に水漏れの原因を把握しておくことは重要です。

今回は、場所別の水漏れ修理の原因について解説していくので、参考にしてみてください。

トイレの水漏れ原因

日頃から使用することの多いトイレですが、水漏れが発生した場合、どのようなことが原因であることが考えられるでしょうか。いくつか原因を紹介していきます。

1.排水管や給水管などのパイプ

トイレで使用されている排水管や給水管から水漏れが発生している場合は、内部パーツであるパッキンなどが劣化・破損していることで、水漏れが発生している可能性があります。

耐用年数を意識して、定期的にメンテナンスを行うことで予防が行えるので、古くなったら新しいパーツと交換するようにしましょう。

2.トイレタンク

何らかの異常で、本来一定量しか貯水することができないトイレタンクが溢れてしまうことがあります。それは電気系統の異常やシステムのエラーが関係しているので、溢れてしまった時は水道職人に一度ご連絡ください。

またタンクに繋がる排水管や給水管の接合部分にある、パッキンや内部パーツが劣化・破損することでも水漏れが発生する原因となるので、新しいパーツに交換することで症状を改善することができます。

お風呂の水漏れ原因

毎日大量の水を使用するお風呂場では、どのようなことが原因で水漏れが発生する可能性があるのでしょうか。水漏れの原因を紹介していきます。

1.蛇口からの水漏れ

蛇口の接続部分には、水漏れが発生しないようにパッキンが使用されています。しかし、劣化・破損することで徐々に水漏れの原因となってしまうことから、耐用年数が迫ってきた時には新しいパッキンに交換する必要があるのです。

蛇口にひびが発生していることで水漏れが発生している場合は、蛇口本体を交換する必要があるので、その場合は水道職人にご一報ください。速やかに交換対応させて頂きます。

2.給湯器からの水漏れ

お湯を作るために必要な給湯器ですが、パッキンや安全弁が劣化していくと、お湯が上手くコントロールできなくなり、水漏れの原因になってしまいます。

また給湯器自体の耐用年数が迫ってくると、内部の部品が故障してしまっていることでも、水漏れの原因になることがあるので注意しましょう。

3.床や壁面からの水漏れ

通常、浴槽内の床や壁面には、タイルやパネルが使用されていて、隙間にはシリコンなどのコーティング剤で水漏れを防いでいます。

しかし、古くなってくるとコーティング剤の効果が切れてしまい、徐々に水が侵食して水漏れの原因になってしまうことがあるのです。

再度コーティング剤を塗ることで防ぐことができますが、自分で実践するのは難しいので、水道職人にいつでもご相談ください。

キッチンの水漏れ原因

キッチンから水漏れが発生するのには、いくつか原因があります。どんな原因があるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

1.排水溝のパッキンや内部パーツの劣化・破損

シンクの下にある排水管と排水溝を繋ぐ接続部分にあるパッキンや内部パーツが劣化・破損することで、水漏れが発生することがあります。

水漏れを防ぐためには、新しいパッキンや内部パーツを交換する必要があるので、水漏れの被害が広がらないように、早急に対応する必要があるでしょう。

2.排水管がつまっている

キッチンの排水管には、食べ物のカスや油カスが溜まりやすく、つまってしまうことがあります。つまりがひどくなると、水が流れなくなり、水漏れの原因になってしまうことがあるので、注意が必要です。

つまりを解消させるためには、排水管の中にあるつまりの原因を重曹や洗剤で溶かす必要があります。排水管のつまりが解消されれば、水漏れも改善されるので、水が逆流しないためにも早急に対応する必要があるでしょう。

自分で出来ない水漏れ修理は無理せず業者に依頼

トイレやお風呂、キッチンといった場所では、水漏れが発生しやすいため、それぞれの水漏れの原因を紹介していきました。どこも発生してしまうと、生活用水が使用できなくなってしまうので、出来るだけ発生しないように行動することが大切です。

それでも発生してしまった場合は、パッキンの交換といったことは自分で直すようにしましょう。そうすることで、修理費用を抑えることができます。

他にも排水管などの接続部分のナットが緩むことでも、水漏れが発生する可能性があるので、しっかり締めて水漏れを防ぎましょう。

しかし、中には蛇口の破損など、一般の方では修理が困難なケースもあるので、自分で修理をするのが難しいと判断した時には、水道職人に依頼してください。出来るだけ早く駆け付けて、早期解決に尽力させて頂くので、水漏れに困った際は、いつでもご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315