電話して相談する

水のコラム

道具なしでも出来るトイレのつまり解消法!

2018年09月12日  水漏れ応急処置

道具なしでも出来るトイレのつまり解消法!
前触れもなく発生してしまうことがあるトイレのつまりは、いざという時に道具がなくて困ってしまう方も多いでしょう。そんな時は、道具なしでも出来るトイレのつまりの解消法を実践してみてください。

今回は、発生すると困るトイレのつまりの原因と、道具なしでもトイレのつまりを解消する方法を解説していきます。注意点も紹介していくので、参考にしてみてください。

トイレのつまりが発生する原因

トイレのつまりが発生しやすいのには訳があります。トイレの構造は下水からの臭いをせき止めるために、排水管がS字に湾曲しているのが特徴です。

この湾曲した部分が、固形物や大量のトイレットペーパーを流すことでつまってしまうので、流す物には十分注意が必要になります。

また単純に大きい固形物を流してしまうことでも、トイレがつまってしまう原因にもなるので、基本的にトイレにはトイレットペーパーが以外は流さないようにしましょう。

中には嘔吐をトイレでする方もいますが、食べた物がトイレでつまることもあるので、トイレで嘔吐するのはおすすめできません。

トイレのつまりを発生させないためにも、トイレに流す物は少し過敏になるくらいが丁度いいでしょう。

お湯があれば道具なしでトイレのつまりを解消できる

トイレのつまりが発生した時、道具を用意してなかったという方も中にはいるでしょう。そんな方におすすめできるのが、お湯を使ってトイレのつまりを直す方法です。

大量のトイレットペーパーやティッシュのつまりであれば、お湯でふやかして流すことで、つまりを解消することに繋がります。

使い方としては、まずトイレに溜まった水をバケツで取り除き、その後に高所から一気にお湯を便器に流し込むように行ってください。

水よりもふやける効果が期待できるので、短時間でつまっているものが溶けるはずです。ふやかすためには、念のために1時間放置しておいてください。それでも直らない場合は、2~3回何度か繰り返してみましょう。

お湯を流すときの注意点

つまっているものをふやかすことで、トイレのつまりを直すお湯ですが、便器に流し込む上で注意しないといけない点があります。

まずお湯は40℃~60℃くらいのお湯に調整してください。それ以上熱いと、便器が陶器であるため、ひび割れの原因になってしまう恐れがあります。

鍋でお湯を沸かす場合は、ふつふつと泡立ってきた時が丁度いいです。やかんで沸かす場合は、湯気が出てきたくらいが50℃くらいなので、それくらいで火を止めておきましょう。

お湯を使ってもいい時と悪い時の判断基準

お湯を使ってトイレのつまりを直す方法は、どんな原因にも万能に効果的である訳ではありません。使ってもいい時と悪い時があるので、判断基準を解説していきます。

・使ってもいい時

トイレットペーパーやティッシュなど、紙類がつまっている場合は、お湯をつかってふやかす効果があるのでお湯を流すのは有効です。

それでもいきなりふやける訳ではないので、1時間ほどお湯を便器に溜めておく必要があります。

・悪い時

ラバーカップやスッポンの道具とは違い、お湯を使って奥につまっているものを流すだけなので、固形物といった流れにくいものには、お湯は逆効果になってしまう可能性があるので注意しましょう。

流れたとしても、その先の排水管に移動しただけなので、さらにつまりが悪化してしまうきっかけになってしまいます。

固形物が奥でつまってしまった場合は、便器を取り外して、配管の中から取り除く大規模な作業になるので、被害を拡大させないためにも、固形物がつまっている場合は、お湯を使って流してしまわないようにしましょう。

お湯以外のトイレのつまりの解消法

お湯以外にもトイレのつまりを解消する方法があり、ハンガーを使ってでも直すことができます。ハンガーを伸ばして先端を丸めれば、紙以外の固形物を引っ張り上げることが可能です。

簡易ワイヤーブラシとして活用することができるので、手を伸ばしても届かない便器の中の固形物を取り出すのであれば、ハンガーを使ってみてください。

後はビニール袋を2枚重ねて、その中で拳を作って、便器の中に手を入れれば、トイレのつまりを物理的に解消することができるかもしれません。

紙類や固形物のつまりにも有効的なので、道具がない時は試してみてください。

まとめ

トイレは構造上、つまりやすい設計になっているため、日常的につまることはあります。そんな時に、道具を使用せずにトイレのつまりを解消する方法は、どこでも活用することができるので便利です。

お湯を沸かして、上手く流すことができれば、すぐにトイレのつまりは解消することができます。しかし、固形物の対処法には有効ではないので、固形物に関してはハンガーやビニール袋を使って対処してみるといいでしょう。

個人でトイレのつまりを直すこともできますが、状況によっては難しいこともあります。そんな時は、水道職人に気軽にお電話ください。早急に駆け付けて、トイレのつまりを解消させて頂くので、安心してください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315