電話して相談する

水のコラム

排水パイプからの水漏れは専用テープで解決!

2018年09月12日  水漏れトラブル

排水パイプからの水漏れは専用テープで解決!
水漏れはどこでいつ発生するかわかりません。特に排水パイプから水漏れが発生した場合は、すぐに対処しないと床水浸しになってしまいます。そんな時に使えるのが水漏れ専用テープです。

応急処置として使えるものですが、どんな特徴を持っているのか詳しく解説していくので、参考にしてみてください。

水漏れ専用テープとはどんな物か?

水漏れ専用テープとは、配管から水漏れが発生してしまった時に、応急処置として水が漏れないようにテープを張る専用テープのことです。

いくつか種類があるので紹介していきます。

・自己癒着テープ

テープでありながら、のりのような接着剤が使用されていないのに、素材自体が自己癒着して引っ付くのが特徴です。のりを使用していないことから、水に濡れても引っ付く効果が持続されるのが魅力になっています。

使い方は、水漏れが発生している箇所に貼り付けて、その上から保護用のテープやシールを貼ることで耐久力を向上させることが可能です。

・防水補修テープ

テープの一面が防水になっているため、水を弾いてくれるのが特徴のテープです。テープの伸びがいいのも魅力になっていて、カーブをして貼り付けることができるため、どんな形にも対応する力があります。

・水道用ラップテープ

一般的に排水パイプの水漏れに使用されることが多いテープで、シリコンゴムで使用されていることから、剥がした後もべたつかないのが魅力です。跡も残りにくいので、使い勝手がいいのが特徴になります。

・シートタイプ

水漏れ専用テープの中には、シートタイプも存在していて、貼れる面積が大きいのが魅力です。補修したいポイントに大きな穴が開いている時に使用することができるので、ぜひ一度使用してみてください。

専用テープの使い方

排水パイプから水漏れが発生している箇所を発見したら、速やかに専用テープを使いましょう。しかし、専用テープは使い方を間違えると、効果が発揮されないことがあるので、正しく使う必要があります。

使い方を解説していくので、使用する前に把握しておきましょう。

まず排水パイプの水漏れをしている部分の汚れを綺麗に拭き取ってください。その後に、必要な長さにテープをカットします。カットしたら引っ張りながら、水漏れが発生しているパイプに徐々に巻き付けていきましょう。

巻き終わりには強く押しつける形で圧着します。専用テープだけでは吸着に不安を覚えるようであれば、保護テープを上から貼り付けるようにしてください。

一般的な専用テープの使い方は以上です。ただ専用テープにはいくつか種類があり、専用テープによっては、使い方が異なる種類もあります。その場合は、取扱書をよく読み適用されている使い方を実践するようにしてください。

専用テープの耐久性

水漏れ専用テープといっても、気になるのはどのレベルまで対応できるのか、その耐久性です。テープの種類よっては微妙に耐久性が違うのですが、基本的にポタポタと流れる水漏れやじんわりとにじむ水には、十分耐えることができます。

ただ、耐久性に問題がないのは、正しい使い方をした時だけです。貼り方が間違えていたり、使い方が違う場合は、耐久性が格段に低くなってしまうので、取り扱いには十分注意しましょう。

専用テープの価格はいくら?

排水パイプからの水漏れを補修するために使用される専用テープは、他のテープよりも少し金額が高いのが特徴です。

専用テープの金額の相場は500円~3,000円となっています。もちろん、さらに質のいい専用テープを購入しようと考えると、もっと高額になることもありますが、あくまでも相場はこれくらいの金額になるでしょう。

選ぶ基準としては、耐久性や使い勝手、テープの長さが決め手になるので、購入前にどんなテープがしっかり把握しておくことおすすめします。

専用テープはあくまでも応急処置

排水パイプの水を止めることができる専用テープは、付けるだけで完了ではなく、そこからどうやって修理を行うかが焦点になります。

あくまでも水漏れ専用テープは、一時的に水漏れを防いでいる応急処置であるため、根本的な解決のためには、排水パイプの水漏れを直すことが大切です。

基本的に排水パイプを直すためには、プロの力が必要になってくるので、水道職人に一度ご相談ください。

新しい排水パイプと交換させて頂くので、それまでの応急処置として専用テープを利用していきましょう。

まとめ

水漏れ専用テープは、排水パイプの水漏れを防ぐために開発されたため、基本的には水漏れをせき止めることができます。しかし、貼り方を間違えたり、ずっと使用していると、いつかは水漏れが再発してしまうでしょう。

専用テープはあくまでも応急処置なので、貼り付けただけで修理が完了したと思わないようにしてください。最終的に修理を行うためには、パイプを新しい物に交換する必要があります。その際には水道職人にご連絡ください。

すぐに駆け付けて、排水パイプの修理を行わせて頂きます。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315