電話して相談する

水のコラム

真空式パイプクリーナーとは? 特徴と使用方法

2019年11月07日  つまりのトラブル


水回りのつまりトラブルには、いろいろな症状が見られます。症状を改善する道具も、多くの種類があります。真空式パイプクリーナーは、ラバーカップより高い性能をもつ頼れるアイテムです。ラバーカップで苦労するケースが多ければ、こちらに買い替えてもよいかもしれません。そこで今回は、真空式パイプクリーナーの特徴や使い方のポイントをご紹介します。

真空式パイプクリーナーの特徴

真空式パイプクリーナーとは、水回り設備のつまりトラブルを解消する専用アイテムのひとつです。

・真空式パイプクリーナーの構造と仕組み
真空式パイプクリーナーは、大きくハンドル、筒状の胴部、ゴム製カップの3つのパーツから構成されています。道具を縦に置くと、筒の上側にハンドル、下側にお椀のようなカップがついている構造です。仕組みは簡単であり、ハンドルを引くとカップから水や空気を筒のなかに吸い込み、逆に押すと吸い込んだ筒の中身も出てきます。

カップには、いろいろな排水口に対応できるように工夫が施されています。普段は中央部分のスリープが引っ込んでおり、カップの縁は全体的に水平です。収納されているスリープを引き出すとカップの中央が突出し、洋式トイレでも使える形状に変わります。

・ラバーカップより強い吸引力
真空式パイプクリーナーを特徴づけるのは、強い吸引力です。つまりの原因を除去する基本原理はラバーカップと大きく変わりませんが、異物への圧力や吸い出す力はかなり上回ります。つまり症状が重くなりラバーカップで手間取っていたトラブルが、道具を変えることで即座に解決するケースは珍しくありません。

道具の性能が優れている分、値段はラバーカップより高くなります。市販品は複数のメーカーで製造されており定価の相場は約3,000円。しかし、ホームセンターなどでは1,000~2,000円ほどのものが見られます。購入の際は、予算の許す範囲で少しでも高性能のものを選ぶとよいでしょう。

使い方のポイント

真空式パイプクリーナーの使い方のポイントは、ラバーカップと同じく空気が抜けないようにすることです。

・事前に養生
真空式パイプクリーナーの場合、排水口から排水管にかかる圧力はラバーカップより大きくなります。作業中、圧迫を受けた汚水が周囲へ飛び散る可能性は十分にあります。どの水回り設備で使用する場合でも、周りの壁や床は水で濡らさないようにビニールシートや新聞紙でしっかり養生してください。水と一緒にゴミが飛び出したときに備え、バケツと雑巾も用意しておくと安心です。

・空気の出口を封鎖
洗面台には、満水になって水があふれ出るのを避けるため蛇口付近にオーバーフロー口が備わっています。台所も、シンクのタイプによっては同様の仕組みをもっています。浴室の多くは、洗い場と浴槽の排水口がひとつの排水管につながっている構造です。どこかに空気の抜け道があると、高性能なアイテムでも本来の効果を発揮できません。作業前には、空気の出口を一通り封鎖しておいてください。

・器具はハンドルを押し引き
器具の使い方は難しくなく、つまりが解消するまでハンドルを押し引きするだけです。最初に先端のカップが上部まで浸るくらい水をためておき、排水口とのすき間から圧力が逃げるのを防いでください。ハンドルを押し切ってから排水口に密着させ、引くときに強く勢いをつけるのが大切なポイントです。1回で解決しないときには、同じ動作を何回か繰り返してみましょう。

改善しない場合はあいち水道職人にご連絡を

真空式パイプクリーナーといえども、あらゆる症状に対処できるわけではありません。

・基本用途はラバーカップと同じ
真空式パイプクリーナーの用途は、基本的にラバーカップと同じです。トイレであれば、トイレットペーパー、排泄物、トイレに流せるお掃除シートやペット砂がうまく流れなかったとき排水管内の洗浄に役立ちます。

たしかに吸引力は強いですが、異物の種類や大きさによっては取り除くのが難しくなります。トイレに固形物を流してしまった場合、排水管の奥から引き出せるほどの効果は見込めません。キッチンや浴室でも、つまった食材カスや汚れの塊が大きければ除去するのは困難でしょう。なかなか症状が改善しない場合は、安城市など愛知県域で水道修理業を営む弊社にご連絡ください。

・あいち水道職人はいつでも迅速対応
あいち水道職人は、年中無休の専門業者です。お盆やお正月を問わず24時間体制で待機しておりますので、突然のトラブルに見舞われても対応できます。

スタッフは地元常駐であり、ほとんどの場合、電話で依頼を受けてから現場に到着するまでは30分~1時間程度です。すべてのスタッフが豊富な知識をもちスキルも高く、作業終了まで長い時間は要しません。

作業前には現状を確認したうえ無料でお見積りし、お客様に内容確認をお願いしております。どれくらい料金が発生するか不明のまま修理がはじまることはありませんので、安心して業務をお任せください。

まとめ

真空式パイプクリーナーはラバーカップより購入費が高いものの、より優れた吸引性能を期待できるアイテムです。ひとつ手元に置いておけば、ラバーカップより多くの場面で活躍してくれるでしょう。ただし、頼れる器具にも限界はあります。つまりが解消しない場合には無理せず、弊社にいつでもご相談ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315