電話して相談する

水のコラム

ユニットバスの水漏れ原因と対処法

2019年11月29日  お風呂のトラブル


ユニットバスから水漏れしている場合、原因がどこにあるのか、どんな応急処置を行うべきかをご紹介します。ユニットバスには水栓・シャワー・浴槽・トイレなど設備が多くあるため、水漏れの原因もいくつか考えられます。原因が特定できたらすみやかに応急処置を行い、専門業者に連絡を入れましょう。

ユニットバスの水漏れ原因

ユニットバスで水漏れが発生している場合、はじめにどこに原因があるかを特定します。複数の箇所の確認が必要であるため、下記の項目を参考にチェックしましょう。

・蛇口が原因
ユニットバスの蛇口から水漏れしている場合には、水栓の接合部に緩みがあることや、パッキン・配管の劣化などが考えられます。接合部の緩みはナットを締め直せば解消します。パッキンや配管が劣化しているときは、部品の交換が必要です。

・シャワーが原因
シャワーの接合部に緩みがあったり、部品が劣化していたりすると水漏れが起こります。シャワーヘッドからの水漏れが生じている場合は、接合部を締め直す、パッキンやホースなどの部品を交換するといった方法で修理を行います。

・浴槽が原因
浴槽の素材は経年劣化や衝撃によってひびが入ったり、割れたりするおそれがあります。浴槽の水漏れにつながるひびや割れがないか、目視確認を行いましょう。修理ではひびや割れを補修したり、浴槽を交換したりして対処します。

・床が原因
浴槽の床は通常、コーティングされており、水分が浸透しにくく水に強い状態となっています。劣化や衝撃によってこれらのコーティングに隙間ができると、床から水漏れすることがあります。タイルとタイルの間に隙間がないか確認しましょう。

・トイレが原因
ユニットバスの水漏れでは、トイレが原因である可能性も考えられます。まずは便器のひびや割れ、タンクの不具合などを確認してください。トイレの修理や部品の交換で水漏れのトラブルを解消する必要があります。

自分でできる応急処置

もしもユニットバスで水漏れが見つかったら、自分でできる応急処置を行うとともに、すみやかに業者へ修理を依頼しましょう。ここでは、応急処置の方法をご紹介します。

・蛇口の水漏れの応急処置
蛇口が原因の水漏れでは、まず「止水栓」を閉めることが大切です。止水栓とは、水量の調節や水を止めるための設備を指します。一般的には、蛇口の下の収納に設置されていることが多々あります。見つからない場合は、住まいの水道の元栓を閉めましょう。止水栓を閉めることで水が止まり、水漏れの被害を抑えられるようになります。

・シャワーの水漏れの応急処置
シャワーが原因の水漏れでも、程度がひどい場合には止水栓を閉めます。軽度の水漏れであれば、水漏れしている箇所にタオルを巻いたり、バケツを置いたりして対処しましょう。ホースから水漏れしているなら、テープで補修する応急処置を行っても構いません。その後、業者に依頼して部品の修理や交換を行います。

・浴槽の水漏れの応急処置
浴槽にひびや割れがあり水漏れしている場合には、該当する箇所をシーリング材で補修します。一時的に水漏れを抑えられますが、補修でできることはあくまで応急処置です。特に、経年劣化した浴槽は衝撃に弱くなるため、再度隙間が生じる可能性も考えられます。できるだけはやく、業者への修理・交換の依頼をおすすめします。

・床の水漏れの応急処置
床の水漏れは目に見えないため発見が遅れることが多く、また放置するとシロアリ被害などさらに大きなトラブルにつながるおそれがあります。止水栓や水道の元栓を閉めて水を止めたら、業者を呼び防腐処理や修理を依頼しましょう。床の水漏れは自分での応急処置が難しい箇所であるため、はやめに対処することが大切です。

・トイレの水漏れの応急処置
トイレが原因の水漏れの場合も、床の水漏れと同様に止水栓や水道の元栓を閉めましょう。水漏れにより状態が悪化すると故障につながるおそれがあるため、まずは水を止めてください。トイレは自分で補修や修理を行うのが難しい箇所です。部品の交換で直るケースもあれば、本体の交換が必要なケースもあるため、すみやかに業者にお問い合わせください。

ユニットバスの水漏れはあいち水道職人が解決

愛知県でユニットバスの水漏れの修理業者をお探しの方は、お気軽にあいち水道職人までお問い合わせください。ユニットバスの水漏れは、放置すると住まいの劣化につながり、さらに被害が広がるおそれがあります。応急処置を行ったら、すみやかに専門業者による修理や交換の作業が必要です。その際は、弊社にお任せください。

弊社では、ユニットバスの水漏れをはじめとした、あらゆる水回りのトラブルに対応いたします。活動エリアは岩倉市や豊明市、日進市など県全域におよびます。ユニットバスの水漏れの原因がわからない場合も、安心してお問い合わせください。予約状況や交通状況にもよりますが、経験豊富な弊社スタッフが15~45分で駆けつけます。365日24時間対応いたします。

まとめ

ユニットバスの水漏れを発見したら、まずは原因がどこにあるかを見つけましょう。止水栓や水道の元栓を閉めると、水の流れを止められます。また、市販の製品を使い応急処置を行うことも可能です。その後は専門業者に依頼して、修理や交換の対応をご検討ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315