電話して相談する

水のコラム

洗面所のつまりを直す方法

2018年10月29日  つまりのトラブル

洗面所のつまりを直す方法

日常的に使用することの多い洗面所では、排水口や排水管のつまりが発生する可能性があります。原因は状況によって様々ですが、どのような解消法を行えば、つまりを直すことができるのでしょうか。

今回は、洗面所のつまりを直す方法についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

つまりの原因

洗面所にはヘアキャッチャーが設けられているため、固形物が排水管に流れることはほとんどありません。しかし、髪の毛や石鹸カスなどは小さい異物であるため、排水管まで流れてしまうことがあります。

排水管まで流れてしまった汚れは、排水管の内側にこびついて大きな汚れに成長してしまう場合があります。これがつまりの原因になるのです。

洗面所では、ピアスなどのアクセサリーが流れてしまうトラブルも発生しやすく、流れてしまうと回収は困難です。こちらも同様に、排水管に留まり、他の汚れがこびりついてつまりの原因となるので気をつけましょう。また、吐しゃ物もつまりの原因となるため、注意が必要です。

吐しゃ物のつまり解消法

洗面所で嘔吐してしまった場合は、吐しゃ物が洗面所の排水管でつまってしまうことがあります。解消するために有効なのが「ラバーカップ」です。

トイレのつまりを解消するために使用されることの多いラバーカップですが、排水管全般のつまりに有効であるため、一度試してみてください。

使い方は、排水口にラバーカップを押し当てて、何度も押したり引いたりを繰り返してつまったものを奥に流し込みましょう。

簡単なつまりであれば、ラバーカップで解消することができます。困った時は、まずはラバーカップを使用してみましょう。ラバーカップは、ホームセンターなどで気軽に購入することが可能です。

汚れのつまり解消法

髪の毛や石鹸カスなどの汚れが大きく成長して、つまりを発生させている場合があります。この場合は、重曹と酢を混ぜた液体が効果的です。この液体を排水管に流し込めば、汚れを簡単に取り除くことができます。この液体を流し込んだ後は、30分~1時間はそのまま放置してください。

この方法は、汚れを落とすだけでなく、悪臭の改善にも効果が期待できるため、臭いが気になる方にもおすすめです。

・重曹と酢の活用方法
水200mlに小さじ1杯分の酢を混ぜます。その後、排水管に重曹を多めに振りかけましょう。次に酢と水を混ぜた物を排水管に流し込んで30分~1時間待ちます。

30分~1時間待った後に40℃ほどのお湯を流して完了です。

他にも固形物がつまった場合には、排水トラップを外して中から固形物を取り出しましょう。排水トラップの形はS字やT字の配管になっているので、接続部分のねじを緩めて排水トラップを外してください。

取り外す際には、溜まっている水が流れてしまわないように、バケツとタオルを用意して床が濡れないように気を付けましょう。

つまりを予防する方法

洗面所のつまりを予防するためには、定期的に排水口のヘアキャッチャーを綺麗に掃除するようにしましょう。長時間掃除せずに放置していると、髪の毛や石鹸カスがついてぬめりが発生していることもあるので、ビニール手袋を着用することをおすすめします。

掃除する場合は、歯ブラシを用いて細かい部分も洗えば、清潔なヘアキャッチャーを維持することが可能です。

排水管のつまりを予防する方法は、定期的な掃除が大切です。市販のパイプクリーナーを排水管に流し込む方法が簡単で、おすすめです。パイプクリーナーは強力な洗剤であるため、髪の毛を溶かすことが可能です。

基本的にはラバーカップでつまりを解消することができますが、頑固なつまりに関しては、パイプクリーナーで分解して解消するようにしましょう。

つまりが解消できない場合は業者に依頼

洗面所のつまりを解消する方法を紹介しましたが、全ての方法を実践してもつまりが解消できない場合は、プロの業者に依頼をしましょう。

放置していると、状況が悪化する恐れがあるので、早急な解決を行っていきましょう。

水道職人では、洗面所のつまりも対応しています。専門的な知識で早急な解決を心がけています。お気軽にお電話ください。

まとめ

洗面所は日常的に使用することから、知らない間につまりが発生している可能性があります。特に、髪の毛などの細かいものは、排水管につまりやすくなっています。定期的に掃除をするように心がけましょう。

また吐しゃ物も、排水管につまりやすいもののひとつです。一度つまってしまうと、解消することが難しくなることもあるので、気をつけましょう。

洗面所の排水管がつまらないようにするためには、日頃の汚れを蓄積させないことが重要です。パイプクリーナーで定期的に洗浄し、大きなつまりにならないようにしましょう。

ご自身でつまりを解消することも大切ですが、なかなか解消しないようであれば、業者に依頼することがおすすめです。
個人で無理に修理すると、つまりの症状が悪化してしまう可能性もあります。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315