電話して相談する

水のコラム

気付きにくい!お風呂場の水漏れトラブル

2018年11月29日  水漏れトラブル


お風呂場を使っているときは水を流している時間が長いので、なかなか水漏れに気づきません。そのまま放置すると大きなトラブルに発展する可能性があるため、早めに発見して対処したいところです。
今回は、お風呂場で発生しやすい水漏れトラブルの場所や種類、またご自身で修理するときの注意点などをご紹介します。

お風呂場はどこから水漏れするか?

お風呂場では、蛇口やシャワーヘッド以外にもいろいろな場所から水漏れします。それぞれ、どんな水漏れが起きるか知っているとトラブルを早期発見できます。

・すぐに見つかる蛇口とシャワーヘッドの水漏れ
お風呂場で見舞われる水漏れのうち、もっとも見つけやすいといわれる場所が蛇口とシャワーヘッドです。いずれも、長く使っていると部品の劣化は避けられません。同時にナットの緩みやホース内の残留水も、水トラブルの原因です。
古くなった器具は、傷んだ部品あるいは蛇口やシャワー全体の交換が必要です。ナットの緩みは、しっかり締め直せば基本的に解決します。ホース内の水は、シャワーヘッド内部の水分を拭くと改善する場合が少なくありません。

・浴槽でも起きる水漏れトラブル
浴槽も、蛇口やシャワーヘッドと同じく経年劣化が水漏れにつながります。使用期間が長くなるほど、ひび割れを起こしやすくなるためです。また、浴槽内の排水口にあるゴム栓が劣化すると浴槽から水が抜けるため、注意は怠れません。
通常、ゴム栓は交換すれば済みます。浴槽のひび割れは簡単な補修や本格的な修理が必要ですが、場合により浴槽事態の買い替えも検討したほうがよいかもしれません。

・床下・壁内部の水漏れは二次的被害にも要注意
床下や壁内部は、タイルの継ぎ目に埋められているシリコン材の劣化が水漏れの主な原因です。蛇口やシャワーから水を出していると気付きにくいので、お風呂を使っていないときでもチェックしたほうがよいでしょう。
特に、床から外への水漏れは床下にある配管を傷める場合があり、シロアリが発生する要因のひとつにも数えられます。床や壁の水漏れに気づいたときは、床下の状況確認も欠かせません。

セルフで修理するときの注意点

お風呂場の水漏れはご自身で修理できる場合もあります。
しかし、修理の方法を誤ると手間が増えるため注意が必要です。

・セルフで修理するときの判断基準
ご自身で修理を試みる場合、少なくとも水漏れの場所と原因は明らかにすることが大切です。これらが分からないと、問題のない場所を傷める恐れがあるためです。
水漏れの詳細が判明しても、実際の作業は簡単なレベルにとどめておいたほうが良いでしょう。
たとえば、部品交換や緩んだナットの締め直しです。ただし、サイズ間違いやナットの締め過ぎには気をつけてください。

・こんなトラブルは専門業者に依頼
水漏れは、必ずしも発生場所や原因をすぐ突き止められるとは限りません。目に見える場所を一通りチェックしても、どこに問題があるか分からないときはプロの業者に調査を依頼した方が確実といえます。

また、トラブル次第では、修理がとても難しくなる場合があります。専門知識を持っていないと、どこから着手すればよいか的確に判断できないものです。専門の業者であれば、知識に加えて経験の積み重ねもあり、安心して修理を任せられます。
また、単に部品交換するだけでも、修理専用の道具が必要になるかもしれません。馴染みのない道具を使うと、交換しない部品まで傷める恐れがあります。

日頃からの心がけでトラブル防止

簡単に修理できるレベルであっても、できれば水漏れは避けたいところですよね。
日頃からお風呂場の使い方やメンテナンスに気を配ると、水トラブルの防止につながります。特にケアしたいポイントは、「蛇口の締め方」「浴槽の使い方」「壁や床のタイルの手入れ」です。

・蛇口は締め過ぎない
蛇口はしっかり締めないと水が止まり切らず、それだけ水道代がふくらみます。生活費の節約を考えると、少しきつく締めたくなっても仕方ないでしょう。それでも、ある程度は加減しないとパッキンへの負担が大きくなり水漏れにつながります。パッキンを長持ちさせるためには、蛇口の
締め過ぎは好ましくありません。

・浴槽は優しく扱う
浴槽は、お湯の出し入れを繰り返していると徐々に劣化が進みます。普通に使っていても、時間の経過とともに浴槽そのものが衝撃に弱くなるのです。古い浴槽は少し何かがぶつかった程度でも、ひび割れるかもしれません。そのため、浴槽は無理な力をかけず優しく扱うことが望まれます。

・壁や床のタイルは清潔を保ちましょう
壁や床のタイルは、掃除を怠ると継ぎ目のシリコン部分に汚れがたまり傷みやすくなります。湿度が高ければ、カビができる原因になることも。
毎日のように大掃除する必要はありませんが、定期的なお風呂場の清掃やこまめな換気を心がけるとタイルの劣化は和らぎます。

本記事でご紹介した事例以外にも、給湯器や換気扇など水漏れする場所は少なくありません。
水漏れが見つかったら修理する必要があります。しかし漏れやすい場所や原因について理解しておけばトラブル防止に生かせるでしょう。
お風呂場で快適な時間を過ごすためにも、日々のメンテナンスがおすすめです。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315