電話して相談する

水のコラム

浴室掃除は汚れに応じて洗剤を使い分けよう!

2021年03月13日  お風呂

毎日使用する浴室は、家の中でも汚れが発生しやすい場所のひとつです。清潔な状態で使い続けるためには、定期的に掃除をしなければなりません。
しかし、浴室掃除に使用する洗剤にはさまざまな種類があり、最適なものがわからないという方も多いでしょう。今回は、浴室掃除に使用する洗剤の種類や特徴、使い分けのポイントを解説します。

4つの洗剤の種類の特徴

浴室掃除に使用する洗剤は、主に以下の4つに分類できます。

●中性洗剤
●酸性洗剤
●アルカリ性洗剤
●塩素系洗剤

以下の表では、それぞれの洗剤の特徴をまとめています。浴室掃除だけでなく、ほかの水回りのお手入れにも役立つため、ぜひ参考にしてください。

洗剤の種類 特徴
中性洗剤 肌に負担をかけにくい・素材を傷める可能性が低いという特徴をもっており、お風呂やキッチンなど幅広い場所の掃除に使用されている。
洗浄力がそれほど高くないため、放置してしまった汚れには効果が期待できない。
酸性洗剤 pH値6以下の洗剤のことで、アルカリ性の水垢や石鹸の残りカスなどアルカリ性の汚れに強い特性をもっている。
トイレ掃除や喫煙によって生じた汚れを取り除く際によく使用される。
アルカリ性洗剤 pH値8以上の洗剤のことで、皮脂汚れのような酸性の汚れに強い特性をもっている。
直接触れると肌トラブルにつながる可能性があるため、ゴム手袋などをして作業する必要がある。
塩素系洗剤 次亜塩素酸塩を主成分とする洗剤で、頑固なシミや汚れも取り除くことができる。
ただし、素材を傷めたり酸性の洗剤を合わせることで有毒なガスが発生したりする可能性があるため、使用する場所や製品には注意する必要がある。

汚れの種類に合わせて洗剤を使い分けるのが効果的

上記のように、浴室掃除に使用する洗剤にはそれぞれ異なる特徴・性質が備わっています。そのため、掃除する箇所や汚れの種類に応じて洗剤を使い分けるのが効果的です。

こちらでは、洗剤の使い分けに関する目安をいくつかご紹介します。

・日々の掃除には中性洗剤がおすすめ
毎日使用する浴室、とくに浴槽については毎日こまめに掃除するのが理想です。

浴槽内には水垢のようなアルカリ性の汚れや、皮脂汚れのような酸性の汚れが混ざっています。そのため、日々の掃除にはどちらの汚れにも使用できる中性洗剤が良いでしょう。洗浄力はそれほど高くありませんが、毎日掃除を行えば、中性洗剤を使ってスポンジで擦るだけで汚れを十分落とすことができます。

中性洗剤は、肌や浴槽の素材への負担が少ないのもメリットです。毎日安心して使用することができます。

・落としきれなかった汚れには酸性洗剤やアルカリ性洗剤を使用しよう
日々こまめに掃除をしていても、頑固な汚れはなかなか落としきれません。そんなときは、汚れの種類に応じて酸性洗剤やアルカリ性洗剤を使うのがおすすめです。酸性洗剤は水垢や石鹸の残りカス、アルカリ性洗剤は皮脂汚れに高い効果が期待できます。

・蛇口や鏡に発生した水垢には酸性洗剤が効果的
蛇口や鏡に発生した汚れの多くは水垢です。白っぽくなっている場合は、中性洗剤で取り除くことが難しいため、酸性洗剤を使用するのが効果的です。酸性の成分が水垢を溶かし、掃除しやすくしてくれます。

より高い効果を発揮させるには、キッチンペーパーに洗剤を染み込ませて、水垢部分をパックするのがおすすめです。ただし、長時間放置すると金属やガラスを傷める可能性があるため、5分程度待ったらすぐに洗い流しましょう。

・カビや排水口のぬめりには塩素系洗剤で対処しよう
床や壁に発生した黒カビ、排水口のぬめりには塩素系洗剤で対処しましょう。塩素系洗剤には殺菌作用があり、黒カビやぬめりの原因菌を取り除くことができます。塩素系洗剤を使用する場合は、肌に触れないよう長袖の服や手袋、マスクなどを着用し、酸性洗剤と合わせないように注意してください。

汚れが落ちない場合は浴室クリーニングという方法も

洗剤を適切に使い分けていても、家庭用の洗剤では少し掃除を怠るだけで汚れが落ちにくくなってしまいます。「浴室全体に汚れが広がってしまった」「落ちないカビがある」などの悩みを抱えている場合は、プロに浴室クリーニングを依頼するのも効果的です。

プロのクリーニング業者は、業務用の洗剤を用いて浴室の汚れに対処します。家庭用と比べて高い効果が期待できるため、自力では落とせなかった汚れも取り除くことが可能です。浴室クリーニングを経てきれいになった後は、再びこまめに掃除を行いましょう。

まとめ

浴室は毎日の汚れを洗い流す場所でもあるため、皮脂汚れや水垢、カビなどが発生しやすい傾向にあります。浴室掃除用にいくつかの洗剤を用意しておき、汚れの種類に応じて使い分けましょう。

お風呂やトイレなど、水回りで発生したトラブルは弊社にお任せください。豊田市や田原市や豊橋市など、愛知県内であれば熟練のスタッフが迅速に駆けつけます。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315