電話して相談する

水のコラム

蛇口の水圧が弱い…。原因と改善方法

2020年01月07日  水のトラブル


家の蛇口で水圧が弱まると、食後の洗い物やシャワーを浴びるときに使い勝手が悪くなります。すぐにでも解決し、正常に水を出したいところです。ただ、原因はいろいろと考えられます。何が原因か分からないままでは、適切に対処できないでしょう。そこで今回は蛇口の水圧が弱まる主な原因をご紹介し、各々の原因に応じた改善方法を解説いたします。

まずは止水栓の確認を

蛇口の水圧は、1カ所だけ弱くなっているとは限りません。家全体で水が出にくいときには、まず止水栓の状態を確認しましょう。

・最初に家の蛇口を一通りチェック
キッチンや洗面所で蛇口の水圧が弱いと感じたら、最初に家の蛇口を一通りチェックします。トイレやお風呂場だけでなく、屋外にある水道も点検対象です。お風呂場のシャワーも含めすべての蛇口から水とお湯をどちらも流し、どこの水圧が低いか調べます。

水圧の低下が敷地内全体で確認された場合、個々の蛇口で問題が起きているとは考えにくくなります。どの水回り設備でも不具合が見られるなら、トラブルの原因は給水管の止水栓(元栓)の可能性が大です。

・止水栓の位置と対処法
多くの一般家庭では、すべての給水管の元にある止水栓は屋外に埋められた水道メーターの横に設置されています。十分に開いているか調べ、閉まり気味であればハンドルを回してください。止水栓(元栓)の調節後に蛇口の水圧が強まれば、トラブル解消です。

大元の止水栓を操作しても解決しないときは、それぞれの水回りに備えられている止水栓が閉まっているかもしれません。元栓を開くだけで強い水圧が得られなければ、個別の止水栓も調節してください。

それぞれの水回りに備えつけの止水栓は、ハンドルでなくネジ式のタイプもあります。ネジ式であれば、ドライバーを使って回しましょう。硬くて動かないときは、器具を傷めないように注意しつつ、プライヤーやペンチで慎重に回してください。

蛇口にトラブルを抱えているケースも

特定の水回りだけ水圧が弱い場合、蛇口にトラブルを抱えていることもあります。よく見られるのは、フィルターに汚れがつまるケースです。

・フィルターつまりの主な要因
フィルターつまりの主な要因としては、長期間の水道利用、配水管の改修工事、地震の影響が挙げられます。

ひとつの水道を長く使い続けると、徐々に汚れは蓄積します。細かいゴミでも、10年くらい放置すればフィルターをふさぎ水の流れを悪くします。配水管を改修工事した場合、新しい配管パイプには多少のゴミが入ります。そのまま水道を使うと、混入したゴミが蛇口につまりやすくなります。また、地震により、よく水道水に混じるのは泥や砂です。これらも、蛇口のフィルターにつまれば水圧を弱めます。

いずれも、フィルター清掃は怠れません。配水管工事の後は、たっぷり水を出して配管内のゴミを洗い流すフラッシングも不可欠です。

・水漏れや温水器のトラブルもチェック
止水栓の調節やフィルター清掃で水圧が戻らない場合、水漏れや温水器トラブルを疑ってみてください。

給水管の破損により水漏れが起こると、水圧は上がりません。配水管にヒビが入っている場合、専用の補修テープを使えば応急処置できます。ただ根本的な解決策ではないので、最終的には部品交換を含めた修繕工事が必要です。

お湯だけ勢いがないときには、温水器が原因の場合もあります。温水器にあるお湯用の止水弁が閉まっていないか、確認してください。完全に開いているなら、温水器本体か器具に接続する水道管に問題があると考えられます。

温水器の状態を調べる作業には、危険が伴います。調査するときは、必ず資格をもった専門業者にお願いしてください。

住まい環境が原因であることも

蛇口の水圧低下は、住まい環境が原因で起きるケースも見られます。

・トラブルを招きやすい住まい環境
水圧低下のトラブルを招きやすい住まい環境は、高台、多くの住宅が建つ地域、商売する店舗が多い地域です。

住まいが高台にあり、水道管の埋設場所より蛇口の位置がかなり高くなると蛇口の水圧は弱まります。水は重力に逆らいながら蛇口に運ばれるため、勢いを維持できません。同様の現象は、高層マンションの上階の部屋でも発生します。

多くの住宅が建つ地域では、夕方、夕食の準備やお風呂のため水道の使用量が大幅に増える傾向にあります。水道管の設置状況によっては、全世帯に十分な水量が行き渡らなくなる場合もあるといわれています。

飲食店などでは一般家庭より水の使用量が多くなるため、たくさんの店舗が営業している地域では水圧が弱くなりがちです。

・水道修理が必要なら業者に依頼
蛇口の水圧低下は、さまざまな原因で起こります。自分で解決するのが難しいときには、専門業者に頼むと確実です。ただ、悪質な業者には注意してください。

あいち水道職人は、破損した部品の交換から水漏れの修繕工事まで幅広く依頼を受け付けています。対応地域は県内全域に及び、豊橋市、岡崎市、一宮市などが含まれます。いずれも地域密着型でありスタッフは地元に常駐しているので、連絡を受けてから現場に伺うまで長い時間はかかりません。

作業前には無料でお見積りを用意し、日頃から技術を磨いたスタッフが修理を進めます。不明瞭な料金は発生せず業務の品質も高いので、安心してお任せください。

まとめ

蛇口の水圧が全体的に弱いとき、まず確認したいのは止水栓の開き具合です。ハンドルやネジを調節し、水の勢いが増すか試してください。個別のトラブルが疑われる場合、蛇口のフィルターをチェックしましょう。水漏れや温水器のトラブルでも、水圧は下がります。これらの解決は簡単ではないので、必要ならあいち水道職人に遠慮なくご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315