電話して相談する

水のコラム

便器に落としてしまった異物で詰まりを引き起こすことも

2021年08月16日  トイレのつまり

詰まりやすいものを誤って落としてしまわないように日頃から注意しましょう

トイレの詰まりは日頃の汚れの蓄積によるものもありますが、うっかり水に溶けにくいものを落としてしまったことによる場合が少なくありません。もちろん便器の他にもタンクなどに原因があったとしても、タンクの蓋は通常閉じていることからリスクが大きいのは便器といえるでしょう。

中には落としてしまったことに気付かないこともあるかもしれませんが、流しがちなものや流してはいけないものを知っておくと詰まりの予防になるでしょう。

スマホなどを落としてしまえば間違いなくトラブルの原因に

ズボンを着脱する行為が発生する場所だからこそ、後ろのポケットにしまっておいたスマホを落としてしまうことも十分に考えられます。さすがにスマホなどの落下は便器に当たった瞬間に発生する音により気付くはずですが、考えごとに集中していてうっかり水に流してしまうこともあるでしょう。後になってから気付いたら便器の奥の方まで目視して、ただちに救出しなければなりません。

同じくポケットなどに入れがちなハンカチも同様ですし、屈んだ姿勢になったときにスーツの胸ポケットからボールペンなどが落下しないとも限りません。さらにこれらの比較的固く角がとがっているようなものを落としてしまえば、便器に傷をつけてしまうリスクも伴います。ひっかいた程度の傷であったとしても便器はデリケートで、そのものの寿命を縮めてしまう恐れもあるため十分に注意しておきましょう。

便座クリーナーなどの流し過ぎにも注意

トイレに流せるタイプの便座クリーナーもありますが、大量に使って流していい製品などはありません。いずれも推奨されている量などが説明書などに書かれていますから、廃棄の方法などを正しく知っておく必要があるでしょう。特殊な水溶性のペーパーの多くはトイレに流せるタイプではあるものの、水の詰まりを引き起こすリスクがあることを心得ておきましょう。

トイレットペーパーも大量に流してはいけません

便座クリーナーほどの制限はないものの、トイレットペーパーを一度に大量に流してしまうことも詰まりにつながります。大量すぎると一度では流しきれないこともあるはずで、その場合にはおおよその許容量として記憶に留めておくといいかもしれません。

少し厄介なのはすべて流れてしまった後に、水位が異常なほど上昇してしまうケースです。これは間違いなく流し過ぎによるもので、ただちには解消されませんが慌てることはありません。一気に流しすぎたとしても次第に水に溶けることにより、時間が経てば水位は元に戻り再び詰まりが起こることはありません。

異物の混入によることが原因と判断する一つの目安

一概には言えないものの、トイレットペーパーのケースと同様に、流した後に水位が上がる場合は便器から異物が混入した恐れが考えられます。トイレットペーパーの場合には溶けて水位が下がりますが、それ以外の場合には排水口を異物が塞いでしまっているのかもしれません。

もし便器の奥の方に何か異物のようなものを目で確かめられたら、慎重に取り出すための作業にあたってみましょう。ゴミ手袋をするなどして便器内に手を伸ばせば異物をキャッチして、ゆっくり持ち上げることで詰まりが解消されるかもしれせん。

ただしどんな物体が引っ掛かっているのか見当もつかない場合には、排水経路に絡まっている恐れもあるため無理に進めるのはやめておきましょう。簡単な作業だと思い込まずに専門の業者に依頼して、より安全な方法をとることで二次的な被害の発生を防げます。

いざという時のために家庭内にラバーカップを常備すると安心です

ラバーカップとはトイレはもちろんキッチンなどにおけるトラブルを解消し、自力で詰まりを解消できる便利な道具として知られています。操作方法も簡単で特別な技術がなくても使いこなせるため、トラブルが起こる前の備えとして一つ購入しておくとよいかもしれません。

ただしあらゆるトラブルを解消するものではなく、場合によってはラバーカップを使うだけでは手に負えないものもあるはずです。とくに固形物を落としてしまった場合には物によるものの、被害がさらに広がってしまったりするリスクも伴います。原因がわからない場合はとくに、専門家に相談して正しい処置を施してもらうと安心です。

どんな些細なことでも不安を抱え込まずにお気軽にご相談ください

あいち水道職人は名古屋市や豊橋市、春日井市、知多市、津島市、津島市、田原市など愛知県全域で水のトラブルを解決しているプロ集団です。電話一本で現場に熟練のスタッフが駆け付けて、原因を的確に把握して素早く処置することに高い口コミ評価をいただくことも少なくありません。トイレの詰まりなど急に発生した症状にも対応いたしますので、あいち水道職人までお気軽にお問い合わせください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315