電話して相談する

水のコラム

トイレの水の流れが悪い!そんなときは水圧を調整してみよう

2020年02月04日  トイレのトラブル


トイレのレバーを回しても水がうまく流れない・・・。そんな経験をしたことはないでしょうか。専門業者に依頼するのが安心ですが、タンク内の水圧調整で直るケースもあります。今回は、トイレの水の流れが悪くなる原因や、それを解消する方法をご紹介します。

トイレの水の流れが悪くなる原因

トイレの水の流れが悪くなると、日々の生活のストレスにつながります。根本的に解決するには、トイレの水の流れが悪くなる原因を理解しておきましょう。以下では、トイレの水の流れが悪くなったときに、考えられる原因をご紹介します。

・タンク内のトラブル
便器の後ろに設置されているタンクには、多くの機構がつまっており、それぞれがスムーズに働くことで便器内に適量の水が流れます。そのため、タンク内の機構にトラブルが発生すると、トイレの水の流れが悪くなってしまいます。

・便器内に異物がつまっている
便器内に異物がつまっていて水が流れにくくなっているケースも少なくありません。便器や配管は、基本的にトイレットペーパーを流すことを想定して作られているため、それ以外のものが流れるとつまってしまい、思うように水が流れません。間違って流してしまうことの多いアイテムは以下の通りです。

・ナプキン
・おむつ
・トイレクリーナー(水に溶けないタイプ)
・ペット用シート
・猫砂などペット用のトイレ砂
・ティッシュペーパー

また、一度に大量のトイレットペーパーを流してしまい水の流れが悪くなる場合もあります。便器にはトイレットペーパー以外のものを流さない、大量のトイレットペーパーを流さないことを意識しましょう。

異物の詰まりには、「スッポン」と呼ばれるラバーカップが効果を発揮します。ホームセンターでも販売されているので、異物を流した覚えがある場合は試してみてください。また、軽度のつまりであればお湯を注いで解消できるケースもあります。50度程度のぬるま湯で試してみましょう。

・浮き球が正常に働いていない
便器に流れる水の量は、トイレのタンク内にある浮き球の上下運動によって調整されています。そのため、浮き球が正常に働いていないとトイレの水の流れが悪くなってしまうのです。

浮き球が原因の場合、浮き球を支えているアームや、アームを取り付けているポールタップの劣化などが考えられます。故障しているパーツや古くなっているものを見つけたら、新しい部品と交換しましょう。

タンク内の状態をチェック

便器内に何かがつまっているケースを除くと、トイレの水の流れが悪い場合、タンク内に異常がある傾向にあります。「トイレの水がうまく流れないな」と感じたら、まずはタンク内の状態をチェックしましょう。

・タンク内の部品が壊れていないか
もっとも多いのが、タンク内の部品の破損です。とくに、ボールタップとフロートバルブは最初に確認したいところです。

ボールタップは、先端に丸い浮き球のついた部品で、トイレタンクの上部に取り付けられています。根元部分が給水管に接続しており、ボールタップが水量調整の役割を担います。レバーを回しても、便器内に流れる水の量が少ない場合は、ボールタップの破損を疑いましょう。

フロートバルブは、便器とタンクをつなぐ排水口のフタの役割を担っています。タンクの底にある部品のため、見づらい場合は懐中電灯などで照らして確認してください。フタの役割をするフロートバルブが破損すると、タンクから便器に水が漏れ出しタンク内の水量が減ってしまうため、レバーを回しても十分な量の水が流れません。水量不足に加えて水漏れの症状がある場合は、フロートバルブの劣化や破損を疑いましょう。

・タンク内の浮き球の位置を確認しよう
タンク内の部品に故障が見られない場合、浮き球の位置も合わせて確認しましょう。通常、浮き球の上下によってボールタップの弁が開閉され、外の給水管からタンク内への給水がはじまります。しかし、浮き球が給水管に引っかかっているなど、適切な位置にない場合、ボールタップの弁の開閉ができずタンク内に水が溜まりません。タンク内の水がなくなってしまうと、当然便器へ流れ水の量も少なくなります。これが原因の場合は、浮き球を元の位置に戻すだけで水位が回復するでしょう。

タンク内の水位を調節して水圧を上げる

タンク内の部品に劣化や損傷はなく、浮き球の位置も正常にもかかわらずトイレの水の流れが悪い場合、何らかの理由でタンク内の水位が下がっている可能性が高いといえます。タンク内の水位を調整することで水圧が上がるか確認しましょう。

まず、作業前に止水栓を閉めます。作業中に水が噴き出るのを防ぐために忘れないようにしてください。次に、「このラインまでは水位が必要」という標準水位を確認します。標準水位は、オーバーフロー菅に書かれている「WL」の線です。この線より水位が低い場合、トイレの水の水圧不足はタンク内の水位が原因と考えられます。タンク内の水位は、ボールタップの根元にある水位調節リングを右に回転させると上昇します。水位の調整が終わったら、調節リングをロックするのを忘れないようにしましょう。

まとめ

トイレの水の流れが悪い場合、タンク内の部品交換や水圧の調整で直るケースも少なくありません。しかし、原因が複数ある場合も多く、自分で解決するのは難しいかもしれません。安心かつ安全に修理をするなら専門業者に依頼するのが無難です。西尾市・蒲郡市・犬山市でトイレの水圧にお困りの方は、あいち水道職人までお問い合わせください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315